くにさくロゴ
1947/06/09 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第46号
姉妹サイト
 
1947/06/09 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第46号

#1
第002回国会 議院運営委員会 第46号
昭和二十三年六月九日(水曜日)
    午後三時十五分開議
 出席委員
   委員長 淺沼稻次郎君
      石田 博英君    小澤佐重喜君
      高橋 英吉君    佐々木更三君
      笹口  晃君    吉川 兼光君
      椎熊 三郎君    中村 俊夫君
      石田 一松君    成重 光眞君
      田中 久雄君    中野 四郎君
      榊原  亨君    林  百郎君
 委員外の出席者
        議     長 松岡 駒吉君
        事 務 総 長 大池  眞君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 予算委員会公聽会開会承認要求に関する件
 法案を付託すべき委員会に関する件
 昭和二十三年度國会所管予定経費要求書及び昭
 和二十三年度國立國会図書館の予算に関する勧
 告に関する件
 会期延長に関する件
    ―――――――――――――
#2
○淺沼委員長 これより運営委員会を開会いたします。
 予算委員会から公聽会開会について申出があります。事務総長より御説明を願います。
#3
○大池事務総長 予算委員会で、本年度の本予算並びに特別会計について公聽会を開きたいということであります。これは規則によつて開かなければならないことになつておりますので、その要求が参つておるわけであります。
#4
○淺沼委員長 御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○淺沼委員長 御異議がなければさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○大池事務総長 ついでにこの場合申し上げたいことは自轉車競技法案であります。これは前に一度議員提出法案として出ておつたのでありますが、内容の点にいろいろ不備があつた、それをさらに修正して新しいものとして出てきたわけでありますが、内容は大体同じ趣旨のものでございます。従いましてこれを付託する委員会をおきめ願いたい。委員会の方としては、自転車競技法の本来の目的が税金をとるためのものであるならば、治安及び地方制度の委員会へもつてきてもらいたいという希望が強い。ところが自転車の改良増産というのが目的であるとすれば、これは商業委員会にかけるべきであろうということで、両者相譲らなかつたのでありますが、大体この運営委員会で決定していただけば、向うはそれで話合いがつくというわけで、大体の意向は商業委員会の方に御決定を願つたらいいのじやないかということに話がついているようであります。
#7
○淺沼委員長 ただいま事務総長の説明の通り決定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○大池事務総長 それから國会の衆議院予算であります、お手もとに刷物をお配りしてございますが、この中には國立國会図書館の経費も、一応図書館長からのお話があつて御認定を願つたのでありますが、その後正式にこの数字の整理のできましたものによつて、最近五月七日に図書館運営委員会を開かれたそうであります。その開かれたときの意見は、國立國会図書館の予算は一応両院の図書館運営委員会で審査をして決定する。その際に意見があれば意見をつける。ということで、それには一応勧告がついております。その勧告を御報告申し上げますから御考慮を願いたい。
 本予算を見るに國立國会図書館を実際運営する上に相当窮屈である、殊に立法考査局の任務は図書館の本質をなすものであるが、この予算ではその任務を遂行し得ないのではないか、また図書購入費も頗る不十分である。これらの点につき今後適当なる予算的措置を講ずることを勧告する。
 これは、図書館長の方で、もう少し大きく望んだのでありますが、一応こういう点にまとまつたのでありますから、将来の追加予算当の場合にまた適当に御考慮願いたいと思います。
#10
○淺沼委員長 ただいま事務総長から報告になりました昭和二十三年度國会所管予定経費要求書並びに昭和二十三年度國立國会図書館予算に関する事項を了承することに御異議ありませぬか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○淺沼委員長 では了承することに決定いたします。
#12
○椎熊委員 貿易資金特別会計法の一部を改正する法律案は、どの委員会にかけることにきまつたのですか。
#13
○大池事務総長 この法案は財政金融委員会の方でなかなか譲らない。その結果まだまとまりを見るに至つておらないようであります。
#14
○淺沼委員長 いま椎熊君のお話になりました案件については、この前本委員会で決定いたしました条項を、さらに議長に申達してその斡旋方を火急にやつていただく、そういうことに取計らつて御異議ありませぬか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#16
○佐々木(更)委員 事務補助員の給与に関する件でありますが、これはどういうことに相なつておりますか。
#17
○大池事務総長 これも一応お諮りする機会があろうと思つておつたわけですが、政府の方から、総理大臣等の俸給等に関する法律案が出ておりまして、それが本日本会議で可決になれば、当然それに基いて議員の待遇改善の問題、なおそれに関連して事務補助員の問題も議題に供される機会があろうと思つております。
    ―――――――――――――
#18
○淺沼委員長 議長から報告事項があるそうであります。
#19
○松岡議長 本日交渉会開会中に官房長官が見えまして、たいへん恐縮であるが、予算案の提出が遅れたために会期中に審議を願うことは不可能だと思うから、今月一ぱいくらい会期を延長していただいて予算案の御審議を願いたい。こういう申出があつたわけであります。
#20
○淺沼委員長 これに関連いたしまして、参議院の木内議院運営委員長が私を訪ねまして、参議院においても同様な申出がある。なお過日参議院の予算委員長の方から期間内に予算案の審議を完了することは困難であると思うので延期してもらいたいという申出があつた。ついては明日常任委員長会議を開くように議長に申入れをしておりますので、そこで大体いつまでにするかということをきめて議長に答申をしたい。少くとも今月一ぱいくらいはという考えをもつているということを、非公式に私に表明せられた次第であります。この取扱いはいかがいたしましようか。
#21
○石田(博)委員 聴きおこうじやないか。
#22
○椎熊委員 予算審議について、そういう重大な申入れが政府からあつたとするならば、こつ出も何らかの決定を急速にいたしたい。
#23
○石田(博)委員 決定はすでにきまつている。
#24
○淺沼委員長 この問題は議論もあるでしようが、政府の申入れがあるばかりでなく、実際問題として、これから出てくるであろう法案と、さらに出ている法案を二十日までに審議が完了できるかどうかということが、一番大きな問題であろうと思う。一遍議長において常任委員長会議を開いていただいて、審議の経過状況等について各委員長の意向を伺つて、その後にこの問題を議論してはいかがでしようか。
#25
○石田(博)委員 その場合審議の実態を見て、延長しなければならぬかどうかということは、おのずから別箇の問題であるが、とにかく院議をもつて六月二十日ときめて、再延長はしない。しかして法案の提出が遅れて審議できなかつたならば、それは政府の責任であるということを明らかにしてある。それを先に解決しなければ、会期延長の問題を議論することはできない。
#26
○淺沼委員長 その問題は問題として、一応常任委員長会議を開いていただいて、審議の経過、今後の見透し等を議長から聴いていただくようにして、その後に運営委員会としていかがするかということを討議する。こういうことにして御異議ありませぬか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#27
○淺沼委員長 御異議なければ、本日はこれにて散会いたします。
    午後三時四十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト