くにさくロゴ
1996/12/12 第139回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第139回国会 議院運営委員会 第5号
姉妹サイト
 
1996/12/12 第139回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第139回国会 議院運営委員会 第5号

#1
第139回国会 議院運営委員会 第5号
平成八年十二月十二日(木曜日)
    午前十一時三十一分開議
出席委員
  委員長 平沼 赳夫君
   理事 大島 理森君 理事 大野 功統君
   理事 福永 信彦君 理事 細田 博之君
   理事 冬柴 鐵三君 理事 高木 義明君
   理事 木幡 弘道君 理事 小沢 鋭仁君
   理事 東中 光雄君
      荒井 広幸君    江渡 聡徳君
      小林 多門君    下地 幹郎君
      田中 和徳君    棚橋 泰文君
      西川 公也君    大口 善徳君
      河上 覃雄君    佐々木洋平君
      城島 正光君    米津 等史君
      川内 博史君    北村 哲男君
      畠山健治郎君
 委員外の出席者
        議     長 伊藤宗一郎君
        副  議  長 渡部 恒三君
        事 務 総 長 谷  福丸君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月十二日
 辞任         補欠選任
  肥田美代子君     北村 哲男君
同日
 辞任         補欠選任
  北村 哲男君     肥田美代子君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び裁判官訴追委員辞
 職の件
 各種委員等の選挙の件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する
 件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○平沼委員長 これより会議を開きます。
 まず、裁判官弾劾裁判所裁判員及び裁判官訴追委員辞職の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員である綿貫民輔君及び裁判官訴追委員である小沢辰男君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○平沼委員長 次に、各種委員等の選挙の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員及び裁判官訴追委員辞職の件が本会議において許可されましたならば、引き続き同裁判員及び同訴追委員の選挙と、お手元の印刷物にあります各種委員の選挙を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
 なお、後任の候補者として、自由民主党、新進党、民主党、日本共産党から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
 一、各種委員等の選挙の件
  裁判官弾劾裁判所裁判員
   中山 正暉君(自民)
  裁判官訴追委員
   左藤  恵君(新進)
  検察官適格審査会委員(四人)
   玉沢徳一郎君(自民)
   谷垣禎一君(自民)
   畑 英次郎君(新進)
   鳩山 邦夫君(民主)
  同 予備委員(四人)
   古屋 圭司君(自民) 玉沢徳一郎君の予備
              委員
   河村 建夫君(自民) 谷垣禎一君の予備委
              員
   村井  仁君(新進) 畑英次郎君の予備委
              員
   横路 孝弘君(民主) 鳩山邦夫君の予備委
              員
  国土開発幹線自動車道建設審議会委員(八人)
   加藤 紘一君(自民)
   森  喜朗君(自民)
   山崎  拓君(自民)
   村岡 兼造君(自民)
   西岡 武夫君(新進)
   二階 俊博君(新進)
   粟屋 敏信君(新進)
   小沢 鋭仁君(民主)
  北海道開発審議会委員(五人)
   鈴木 宗男君(自民)
   中川 昭一君(自民)
   北村 直人君(新進)
   長内順一君(新進)
   佐々木秀典君(民主)
  国土審議会委員(九人)
   小渕 恵三君(自民)
   奥野 誠亮君(自民)
   東家 嘉幸君(自民)
   西田  司君(自民)
   実川 幸夫君(新進)
   堀込 征雄君(新進)
   二見伸明君(新進)
   石井 紘基君(民主)
   佐々木憲昭君(共産)
  日本ユネスコ国内委員会委員(四人)
   河村 建夫君(自民)
   粟本慎一郎君(自民)
   岡島 正之君(新進)
   山元  勉君(民主)
    ―――――――――――――
#6
○平沼委員長 次に、本日文教委員会の審査を終了する予定の著作権法の一部を改正する法律案について、委員長から緊急上程の申し出があります。
 右法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○平沼委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の農林中央金庫と信用農業協同組合連合会との合併等に関する法律案、農業協同組合法等の一部を改正する法律案の両法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、右両法律案の趣旨説明は、藤本農林水産大臣が行います。
 右の趣旨説明に対し、新進党の矢上雅義君、民
主党の安住淳君、日本共産党の藤田スミ君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、矢上雅義君は十五分以内、安住淳君は十分以内、藤田スミ君は七分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
 一、趣旨説明を聴取する議案の件
  農林中央金庫と信用農業協同組合連合会との
  合併等に関する法律案(内閣提出)
  農業協同組合法等の一部を改正する法律案
  (内閣提出)、
   趣旨説明
      農林水産大臣 藤本 孝雄君
   質疑通告
             時 間  要求大臣
 矢上 雅義君(新進) 十五分以内 総、大、農
 安住  淳君(民主)  十分以内 総、農
 藤田 スミ君(共産)  七分以内 総、農
    ―――――――――――――
#11
○平沼委員長 次に、趣旨説明を聴取する議案の件について御協議願います。
 大島理森君。
#12
○大島委員 自由民主党を代表いたしまして、動議を提出いたします。
 明十三日金曜日の本会議において、内閣提出、介護保険法案、介護保険法施行法案、医療法の一部を改正する法律案の三案を一括して趣旨説明を聴取し、これに対する質疑を行うことを望みます。
 何とぞ御賛同をお願いします。
#13
○平沼委員長 冬柴鐵三君。
#14
○冬柴委員 ただいま、自民党の大島筆頭理事より、明十三日の本会議において、政府提出、介護保険法案外二法案を一括して趣旨の説明を聴取し、質疑を行うべしとの提案がありました。
 しかし、新進党は反対であります。
 我が国は今、人類がかつて経験したことのない急激な高齢社会への傾斜の中にあって、国民の公的介護のあり方への関心は非常に高まっています。しかし、そのスキームをどのように設計するのが適当かという点になると議論は必ずしも収れんされておりません。すなわち、税か保険が、行うべき主体は国か地方があるいはNPOが適当か等々であります。
 政府提出、介護保険法案は、必ずしもこのような制度の根幹ともいうべき点について国民の間のコンセンサスが醸成されぬままに提案されたものであり、片や、その起草責任者複数名が、民間の高齢者福祉団体責任者から巨額の賄賂を受け、その疑惑のもとに捜査の対象にされているという重大な事実を看過するわけにはまいりません。
 この法律案が成立すれば、国民に大きな負担をお願いしなければなりません。そのような面もあります。
 新進党は、かかる事実を総合すれば、政府は、当該法案を撤回の上、国民一般が納得できる手続のもとに公的介護のスキームにつき改めて企画立案をやり直すべきものと考えております。
 新進党は、以上の理由により、明十三日に趣旨説明を聴取することには反対するものであります。
#15
○平沼委員長 それでは、大島理森君の動議に賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手〕
#16
○平沼委員長 挙手多数。よって、動議のとおり、明十三日金曜日の本会議において、内閣提出の介護保険法案、介護保険法施行法案、医療法の一部を改正する法律案の三法律案の趣旨説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに決定いたしました。
 なお、質疑者数は、自由民主党一人、新進党一人、民主党一人、日本共産党一人、社会民主党・市民連合一人とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#18
○平沼委員長 次に、立法事務費の交付を受ける会派の認定に関する件についてでありますが、これについて事務総長の説明を求めます。
#19
○谷事務総長 立法事務費の交付を受ける会派の認定は、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律第五条の規定によりまして、当委員会の議決によって決定することとなっております。
 岩永峯一君は、院内において無所属となっておりますが、政治団体である政策フォーラム創政期に所属されております。
 政策フォーラム創政期は政治資金規正法第六条の届け出を行っており、岩永君から立法事務費の交付に関する届けが出ておりますので、会派の認定をお願いいたします。
#20
○平沼委員長 それでは、ただいま事務総長から説明のありましたとおり、政策フォーラム創政期を立法事務費の交付を受ける会派と認定するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○平沼委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#22
○平沼委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#23
○谷事務総長 まず最初に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び裁判官訴追委員辞職の件についてお諮りをいたします。
 辞職の件が許可されましたならば、引き続いて各種委員等の選挙を行います。これらの選挙は、動議により、いずれも手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、動議により、文教委員会の法律案を緊急上程いたしまして、二田文教委員長の報告がございます。全会一致であります。
 次に、農林中央金庫と信用農業協同組合連合会との合併法案及び農業協同組合法等の一部改正案につきまして、藤本農林水産大臣から趣旨の説明がございます。これに対しまして、三人の方々からそれぞれ質疑が行われます。
 本日の議事は、以上でございます。
#24
○平沼委員長 それでは、本日の本会議は、午前十一時五十分予鈴、正午から開会いたします。
    ―――――――――――――
#25
○平沼委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明十三日金曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時四十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト