くにさくロゴ
1996/12/18 第139回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第139回国会 労働委員会 第2号
姉妹サイト
 
1996/12/18 第139回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第139回国会 労働委員会 第2号

#1
第139回国会 労働委員会 第2号
平成八年十二月十八日(水曜日)
     午前十時三十一分開議
出席委員
  委員長 青山  丘君
   理事 荒井 広幸君 理事 大野 功統君
   理事 佐藤 剛男君 理事 森  英介君
   理事 河上 覃雄君 理事 桝屋 敬悟君
   理事 吉田  治君 理事 岩田 順介君
      飯島 忠義君    大石 秀政君
      粕谷  茂君    河井 克行君
      小林 興起君    竹本 直一君
      棚橋 泰文君    能勢 和子君
      松本 和那君    鍵田 節哉君
      川端 達夫君    塩田  晋君
      西田  猛君    福岡 宗也君
      近藤 昭一君    中桐 伸五君
      松本 惟子君    大森  猛君
      金子 満広君    村山 富市君
 出席政府委員
        労働政務次官  小林 興起君
        労働大臣官房長 渡邊  信君
 委員外の出席者
        労働委員会調査
        室長      中島  勝君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 請 願
  一 労働行政の強化に関する請願(金子満広
    君紹介)(第三四三号)
  二 同(松本惟子君紹介)(第三四四号)
  三 同(村山富市君紹介)(第五六〇号)
  四 同(岩田順介君紹介)(第七二六号)
  五 男女雇用機会均等法の改正に関する請願
    (中西績介君紹介)(第四四七号)
  六 労災リハビリテーション愛知作業所付設
    自動車教習所の存続に関する請願(土屋
    品子君紹介)(第九二一号)
  七 同(土肥隆一君紹介)(第九二二号)
  八 労働行政の強化に関する請願(大森猛君
    紹介)(第九二三号)
  九 同(塩田晋君紹介)(第一〇三八号)
 一〇 同(中桐伸五君紹介)(第一〇三九号)
 一一 高齢者の雇用機会の創出に関する請願
    (赤松正雄君紹介)(第一〇三〇号)
 一二 同(坂上富男君紹介)(第一〇三一号)
 一三 同(土肥隆一君紹介)(第一〇三二号)
 一四 同(肥田美代子君紹介)(第一〇三三号
    )
 一五 同(藤村修君紹介)(第一〇三四号)
 一六 同(横光克彦君紹介)(第一〇三五号)
 一七 男女雇用機会均等法の改正、労働時間に
    かかわる労働基準法の改正に関する請願
    (大森猛君紹介)(第一〇三六号)
 一八 同(金子満広君紹介)(第一〇三七号)
     ――――◇―――――
#2
○青山委員長 これより会議を開きます。
 請願の審査を行います。
 本日、公報に掲載いたしました請願日程十八件を一括して議題といたします。
 まず、審査の方法についてお諮りいたします。
 各請願の趣旨につきましては、既に請願文書表等によって御承知のことと存じます。また、先刻の理事会におきまして慎重に御協議をいただきましたので、この際、各請願についての紹介議員の説明等は省略し、直ちに採否の決定をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○青山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 これより採決いたします。本日の請願日程中
 労働行政の強化に関する請願七件
 高齢者の雇用機会の創出に関する請願六件
以上の各請願は、いずれも採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○青山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、ただいま議決いたしました各請願に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○青山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#6
○青山委員長 この際、御報告いたします。
 今会期中、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付いたしておりますとおり、解雇の規制と雇用保障に関する陳情書外三件であります。
     ――――◇―――――
#7
○青山委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 労働関係の基本施策に関する件
 労使関係、労働基準及び雇用・失業対策に関する件
以上の両体につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○青山委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。本日は、これにて散会いたします。
    午前十時三十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト