くにさくロゴ
1996/12/17 第139回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第139回国会 外務委員会 第2号
姉妹サイト
 
1996/12/17 第139回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第139回国会 外務委員会 第2号

#1
第139回国会 外務委員会 第2号
平成八年十二月十七日(火曜日)
    午前十一時三十分開議
出席委員
  委員長 逢沢 一郎君
   理事 鈴木 宗男君 理事 福田 康夫君
   理事 牧野 隆守君 理事 森山 眞弓君
   理事 青木 宏之君 理事 東  祥三君
   理事 松沢 成文君 理事 玄葉光一郎君
      安倍 晋三君    石崎  岳君
      柿澤 弘治君    河野 太郎君
      櫻内 義雄君    田中 昭一君
      森  英介君    丸谷 佳織君
      山中 Y子君    若松 謙維君
      井上 一成君    藤田 幸久君
      古堅 実吉君    松本 善明君
      伊藤  茂君    平野 博文君
 出席政府委員
        外務大臣官房長 原口 幸市君
        外務大臣官房審
        議官      西田 芳弘君
        外務大臣官房領
        事移住部長   齋藤 正樹君
        外務省総合外交
        政策局軍備官  河村 武和君
        理・科学審議官
        外務省アジア局
        長事務代理   槙田 邦彦君
        外務省欧亜局長 浦部 和好君
        外務省経済局長 野上 義二君
        外務省経済協力
        局長      畠中  篤君
委員外の出席者
        外務委員会調査
        室長      野村 忠清君
    ―――――――――――――
十二月十一日
 インドネシアヘの原発輸出に対するODA使用
 反対に関する請願(辻元清美君紹介)(第一六
 五号)
 同(木島日出夫君紹介)(第二八八号)
 同(児玉健次君紹介)(第二八九号)
 同(穀田恵二君紹介)(第二九〇号)
 同(平賀高成君紹介)(第二九一号)
 同(保坂展人君紹介)(第二九二号)
 同(金子満広君紹介)(第四〇四号)
 同(志位和夫君紹介)(第四〇五号)
 同(中路雅弘君紹介)(第四〇六号)
 同(佐々木憲昭君紹介)(第四七五号)
 同(中島武敏君紹介)(第四七六号)
 同(東中光雄君紹介)(第四七七号)
 同(古堅実吉君紹介)(第四七八号)
 同(正森成二君紹介)(第四七九号)
 同(山原健二郎君紹介)(第四八〇号)
 同(吉井英勝君紹介)(第四八一号)
 同(秋葉忠利君紹介)(第六〇二号)
 同(佐々木陸海君紹介)(第六〇三号)
 同(辻第一君紹介)(第六〇四号)
 同(寺前巖君紹介)(第六〇五号)
 同(畠山健治郎君紹介)(第六〇六号)
 同(不破哲三君紹介)(第六〇七号)
 同(深田肇君紹介)(第六〇八号)
 WTO協定改正の提起に関する請願(春名直章
 君紹介)(第二八七号)
 日米地位協定の見直しに関する請願(保坂展人
 君紹介)(第四七四号)
 同(秋葉忠利君紹介)(第六〇九号)
 同(辻元清美君紹介)(第六一〇号)
 同(濱田健一君紹介)(第六一一号)
同月十二日
 インドネシアヘの原発輸出に対するODA使用
 反対に関する請願(石井郁子君紹介)(第七五
 九号)
 同(大森猛君紹介)(第七六〇号)
 同(春名直章君紹介)(第七六一号)
 同(藤木洋子君紹介)(第七六二号)
 同(藤田スミ君紹介)(第七六三号)
 同(松本善明君紹介)(第七六四号)
 同(矢島恒夫君紹介)(第七六五号)
 日米地位協定の見直しに関する請願(金田誠一
 君紹介)(第九六五号)
 同(中川智子君紹介)(第九六六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十二月六日
 WTO協定の改定に関する陳情書(福岡県田川
 市中央町一の一田川市議会内田丸雅美)(第二
 六号)
 日露間の領土問題の早期解決に関する陳情書
 (高知市丸の内一の二の二〇高知県議会内中平
 和夫)(第二七号)
 米軍基地の縮小・撤去等に関する陳情書外十四
 件(鳥取市大榎町七の一山田篤外八百二十三名
 )(第二八号)
 核兵器全面禁止・廃絶国際条約の締結等に関す
 る陳情書外二十七件(岩手県東磐井郡大東町大
 原字川内四〇大東町議会内牧野英一外二十七
 名)(第二九号)
 前畑弾薬庫移転返還促進に関する陳情書(長崎
 県佐世保市八幡町一の一〇佐世保市議会内小川
 康人)(第三〇号)
 竹島の領土権の確立及び同島周辺海域における
 漁業の安全操業の確保に関する陳情書外一件
 (鳥取市東町一の二二〇鳥取県議会内井上万吉
 男外一名)(第三一号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○逢沢委員長 これより会議を開きます。
 この際、御報告いたします。
 今会期中、本委員会に付託になりました請願は三十七件であります。各請願の取り扱いにつきましては、先刻の理事会において協議いたしましたが、委員会での採否の決定はいずれも保留することになりましたので、さよう御了承願います。
 なお、本委員会に参考送付されました陳情書は、お手元に配付してありますとおり、六件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#3
○逢沢委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 国際情勢に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○逢沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時三十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト