くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 参議院 参議院会議録情報 第138回国会 科学技術特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 参議院

参議院会議録情報 第138回国会 科学技術特別委員会 第2号

#1
第138回国会 科学技術特別委員会 第2号
平成八年十一月十二日(火曜日)
   午前十時二十五分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十一月十一日
    辞任         補欠選任
     上杉 光弘君     松谷蒼一郎君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
   委員長          広中和歌子君
   理 事
                鹿熊 安正君
                吉川 芳男君
                及川 順郎君
                松前 達郎君
   委 員
                岩永 浩美君
                海老原義彦君
                木宮 和彦君
                沓掛 哲男君
                志村 哲良君
                松谷蒼一郎君
                松村 龍二君
                大久保直彦君
                高橋 令則君
                畑   恵君
                大渕 絹子君
                阿部 幸代君
                立木  洋君
                川橋 幸子君
                奥村 展三君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (科学技術庁長  近岡理一郎君
       官)
   事務局側
       第三特別調査室  塩入 武三君
   説明員
       科学技術政務次  岡  利定君
       官
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(広中和歌子君) ただいまから科学技術特別委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 昨十一日、上杉光弘君が委員を辞任され、その補欠として松谷蒼一郎君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(広中和歌子君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 科学技術振興対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(広中和歌子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(広中和歌子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(広中和歌子君) 次に、委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、勧異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(広中和歌子君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(広中和歌子君) この際、近岡科学技術庁長官及び同科学技術政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。近岡科学技術庁長官。
#9
○国務大臣(近岡理一郎君) このたび、第二次橋本内閣発足に伴い、科学技術庁長官を拝命いたしました近岡理一郎でございます。
 委員長初め委員各位におかれましては、日ごろより科学技術行政の推進に当たり格段の御理解、御支援を賜り、まことにありがとうございます。
 我が国が二十一世紀に向けて経済構造改革を実現し、豊かな社会を迎える上で、科学技術の振興は最重要課題の一つとなっております。このため、科学技術基本法及び科学技術基本計画を踏まえ、知的資産である科学技術の成果を最大限に駆使し、科学技術創造立国を目指していくことが必要不可欠であります。
 科学技術庁といたしましては、科学技術基本計画の的確な推進を図るため、社会的、経済的ニーズに対応した未踏の科学技術分野へ挑戦していくなど、積極的な政策展開を図ることとしております。私は、これらを初めとした科学技術振興策に科学技術政策の責任者として全力を尽くしてまいる所存であります。
 また、原予力の開発利用につきましては、安全の確保を図ることはもちろんのこと、地元を初めとする国民の皆様の御理解と御協力を得ることが不可欠であります。このため、まず、昨年末に発生しました高遠増殖原型炉「もんじゅ」事故について、徹底した原因究明及び安全性総点検により万全の安全確保対策を講じてまいります。また、「もんじゅ」事故を契機とした国民の皆様の不安感を払拭し、一刻も早く信頼を回復すべく、今後とも通商産業省を初め関係省庁とも協力しつつ、積極的な情報公開、新円卓会議の開催等による政策決定過程への国民の意見の反映等により、国民に信頼される原子力行政の確立に向けて最大限の努力をしてまいります。
 今後とも、科学技術の振興に鋭意努力してまいりますので、委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭縫を賜りますよう心からお願い申し上げまして、私のあいさつとさせていただきます。(拍手)
#10
○委員長(広中和歌子君) 次に、同科学技術政務次官。
#11
○説明員(岡利定君) 一言ごあいさつを申し上げます。
 去る十一月八日、科学技術政務次官を拝命いたしました岡利定でございます。
 委員長を初め委員の皆様の御指導を賜りながら、科学技術行政の適切な運営のために大臣を補佐してまいりたいと存じております。
 全力を挙げて取り組んでまいりますので、よろしく御指導、御鞭縫を賜りますようお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
 よろしくお願い申し上げます。(拍手)
#12
○委員長(広中和歌子君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト