くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 参議院 参議院会議録情報 第138回国会 逓信委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 参議院

参議院会議録情報 第138回国会 逓信委員会 第1号

#1
第138回国会 逓信委員会 第1号
平成八年十一月十二日(火曜日)
   午前十時開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    理 事         陣内 孝雄君
    理 事         吉村剛太郎君
                岡  利定君
                景山俊太郎君
                北岡 秀二君
                鈴木 栄治君
                保坂 三蔵君
                守住 有信君
                足立 良平君
                鶴岡  洋君
                西川 玲子君
                畑   恵君
                林  寛子君
                久保  亘君
                渕上 貞雄君
                松前 達郎君
                上田耕一郎君
                山田 俊昭君
                水野 誠一君
    ―――――――――――――
   委員長の異動
 十一月七日渕上貞雄君を議院において委員長に
 選任した。
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十一月十一日
    辞任         補欠選任
     吉村剛太郎君     加藤 紀文君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         渕上 貞雄君
    理 事
                加藤 紀文君
                陣内 孝雄君
                足立 良平君
                松前 達郎君
    委 員
                景山俊太郎君
                北岡 秀二君
                鈴木 栄治君
                保坂 三蔵君
                守住 有信君
                鶴岡  洋君
                西川 玲子君
                畑   恵君
                林  寛子君
                久保  亘君
                上田耕一郎君
                山田 俊昭君
                水野 誠一君
   国務大臣
       郵 政 大 臣  堀之内久男君
   事務局側
       常任委員会専門  舘野 忠男君
       員
   説明員
       郵政政務次官   野田 聖子君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○郵政事業、通信、放送及び電波等に関する調査
 (派遣委員の報告)
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(渕上貞雄君) ただいまから逓信委員会を開会いたします。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび逓信委員長に選任されました渕上貞雄でございます。
 委員長としてその職員の重大さを痛感しているところでございますが、本委員会の運営に当たりましては、理事並びに委員の皆様方の御指導、御協力を賜りまして、公正円滑な運営に努めてまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(渕上貞雄君) 委員の異動について御報告いたします。
 まず、去る六月十八日、松前達郎君が委員を辞任され、その補欠として峰崎直樹君が選任され、翌十九日、及川一夫君が委員在辞任され、その補欠として松前達郎君が選任されました。
 次に、去る八月二十八日、小林元君が委員を辞任され、その補欠として足立良平君が選任され、翌二十九日、河本英典君が委員を辞任され、その補欠として鈴木栄治君が選任されました。
 また、去る九月二十五日、広中和歌子君及び林久美子君が委員を辞任され、その補欠として林寛子君及び畑恵君が選任されました。
 そして、去る十月三十一日、伊藤基隆君が委員を辞任され、その補欠として私が選任され、翌十一月一日、峰崎直樹君が委員を辞任され、その補欠として三重野栄子君が選任されました。
 また、去る十一月六日、三重野栄子君が委員を辞任され、その補欠として久保育君が選任されました。
 そして、昨十一日、吉村剛太郎君が委員を辞任され、その補欠として加藤紀文君が選任されました。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(渕上貞雄君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(渕上貞雄君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に加藤紀文君、足立良平君及び松前達郎君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(渕上貞雄君) 次に、国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、郵政事業、通信、放送及び電波等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(渕上貞雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(渕上貞雄君) この際、堀之内郵政大臣及び野田郵政政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。堀之内郵政大臣。
#9
○国務大臣(堀之内久男君) 去る十一月七日、郵政大臣を拝命いたしました堀之内久男であります。
 逓信委員会の皆様には、平素から郵政行政の適切な運営につきまして格別の御指導をいただき、厚く御礼申し上げます。
 郵政行政は、郵政事業、情報通信ともに、豊かな国民生活及び高度な産業経済活動を支える極めて重要な分野であります。すなわち、地域社会に根を生やし、国民の日常生活に密着したサービスの提供から、国境を越え二十一世紀に向けて花開くマルチメディア社会の構築まで、行政分野が非常に幅広く多岐にわたっており、郵政大臣としての責任の重大さを今改めて痛感しているところであります。郵便局は、地域における最も身近な公共サービス機関として長く親しまれており、郵便、貯金、簡易保険等、国民生活に不可欠なサービスを提供し、国民の皆様からも高い評価をちょうだいしているところであります。今後は、二十一世紀の少子・高齢社会に向けて地域の発展に一層貢献できるよう、全国二万四千のネットワークを最大限に活用するとともに、郵便局のマルチメディア化を推進してまいる所存であります。
 また、情報通信は二十一世紀のリーディング産業として、あるいは社会経済構造の改革の切り札として期待されているところであります。情報通信基盤の全国整備、活力ある情報通信産業の形成、研究開発の推進など、総合的な施策展開を図ることによって高度情報通信社会の構築を加速してまいる所存であります。
 微力ではありますが、全力を尽くしてこの重責を全うする所存でありますので、逓信委員会の皆様におかれましては、何とぞ御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げて、私のごあいさつといたします。(拍手)
#10
○委員長(渕上貞雄君) 次に、野田郵政政務次官。
#11
○説明員(野田聖子君) 去る十一月八日に郵政政務次官を拝命いたしました野田聖子でございます。
 逓信委員会の皆様方の御指導をいただきながら、しっかりした郵政行政の運営のために堀之内大臣の補佐をしてまいりたいと思います。
 どうか、全力を挙げて取り組んでまいる所存でございますので、よろしく御指導、御鞭撻をお願い申し上げます。(拍手)
#12
○委員長(渕上貞雄君) 次に、郵政事業、通信、放送及び電波等に関する調査を議題とし、先般本委員会が行いました委員派遣について、派遣委員の報告を聴取いたします。
 まず、北海道班の報告をお願いいたします。足立良平君。
#13
○足立良平君 峰崎委員長、吉村理事及び山田委員とともに私、足立は、去る九月十一日から十三日までの三日間、北海道地方における逓信関係業務の実情調査を行いました。
 今回の委員派遣では、北海道の郵政地方三局を初め、NTT北海道支社、NHK札幌放送局から説明を聞くとともに、NTT北海道ネットワークセンター、北海道情報通信技術研究所、函館中央郵便局、函館ケーブルテレビ放送、FMいるか及びNHK函館放送局を視察いたしました。
 以下、調査の概要を御報告申し上げます。
 まず、郵政事業について申し上げます。
 北海道郵政局におきましては、経営方針としてたゆみない躍進を掲げ、職員の方々が問題意識を持って変革にチャレンジしつつ、郵政三事業の推進に努めております。
 郵便事業では、全国に先駆け、地域の特産品をふるさと小包として開拓しており、その取扱数は全国の一九・一%を占めるに至っています。特に、サケは全国人気商品ナンバーワンとなっています。また、平成八年八月からサービスを開始しているチルドゆうパックを使った魚介類、農産物などのふるさと小包の開発に取り組んでいます。
 郵便貯金事業では、国際ボランティア貯金が道民五人に一人の割合の加入状況となっているほか、地方公共団体の公金自動払い込みの導入率が高く九四・八%と、全国平均の六三・七%を大きく上回っています。
 簡易保険事業では、管内の二百十二の市町村すべてに簡保資金の融資を行っており、道民一人当たりの融資額は全国平均の一・五倍となっています。
 訪れた函館中央郵便局は、道内で最初に開設された郵便局であり、百二十四年の伝統を有しております。現在も道南の拠点局として地域区分局の重要な機能を果たしております。
 次に、電気通信について申し上げます。
 広大な面積と過疎地の多い北海道にとって情報通信の基盤整備は、産業、経済の発展と地域振興に不可欠であります。このため、当管内では、テレトピア構想、各種研究会等を通じ、情報通信施策が積極的に展開されております。NTT北海道は、全国に先駆けた抜本的な組織の見直しと広域事業運営体制の導入を図っており、その中でNTTネットワークセンターは広域事業運営体制を推進し、カスタマーサービス部門の体制充実を図っております。しかしながら、北海道地域事業本部の収支は、近年改善されつつあるものの、平成七年度において三百九億円の経常損失となっております。
 北海道情報技術研究所は、江別市が目指している情報集積都市の研究開発の中核施設として衛星通信の高度利用に関するシステム技術の研究開発を行うほか、電気通信技術に関する共同利用施設を提供しております。また、平成三年には学習情報通信システム研究所が、平成八年には通信・放送機構の江別リサーチセンターが開設され、高度個別型学習情報通信システムの研究やマルチメディア人材育成プロジェクトを実施しております。
 最後に、放送について申し上げます。
 今回視察いたしました函館ケーブルテレビ放送は、平成六年六月に開局され、現在、地域の放送局づくりを目指して努力しているところであります。
 FMいるかは、全国で初めてのコミュニティー放送であり、函館山の山頂から函館市内に向けて放送しております用地域に密着した情報を流しており、函館山からの夜景情報などは、市民、観光客から好評を得ております。
 NHK函館放送局においては、地域放送の充実に努めており、新しい時代に対応する地域の動きや課題を取り上げ、二十一世紀に向けて進むべき方向を考えるとともに、全国共通の問題として全道、全国への発信に取り組んでおります。
 なお、調査の詳細につきましては、委員長のお手元に報告書を提出しておりますので、本日の会議録に掲載するよう取り計らいをお願い申し上げます。
 最後に、本調査に当たりお世話をいただきました関係各位にお礼を申し上げ、報告を終わります。
#14
○委員長(渕上貞雄君) 次に、東海班の報告をお願いいたします。陣内孝雄君。
#15
○陣内孝雄君 私は、鶴岡委員、伊藤委員及び上田委員とともに、去る九月九日及び十日の二日間、東海地方における逓信関係業務の実情調査を行いました。
 今回の委員派遣では、東海の郵政地方三局及びNTT東海支社から説明を聞くとともに、NHK名古屋放送局、NTTプラネット、名古屋中郵便局、ソフトピアジャパン及び名古屋逓信病院を視察いたしました。
 以下、調査の概要を御報告申し上げます。
 まず、郵政事業について申し上げます。
 東海郵政局におきましては、お客様第一を経営目標として掲げ、組織的な営業活動を展開し、各事業とも良好な成績をおさめております。
 郵便事業の業務運行は極めて安定的に推移しております。ゆうパックにつきましては、特産品によるふるさと小包が地域活性化に貢献しており、特に管内商品の静岡茶は全国第二位の取扱数となっております。
 郵便貯金事業では、管内の地方公共団体の給与預入導入率が全国平均を大きく上回る七八・一%となっており、好調な推進が図られております。
 簡易保険事業では、管内の地方公共団体に対する簡保積立金の貸し付け状況につきまして、生活環境整備への貸し付けがふえており、また全国に比べて運輸・通信分野の占める割合が高くなっております。
 名古屋逓信病院は、当初郵政省の職域病院として開設されましたが、昭和五十六年から保険医療機関として一般開放し、広く地域住民に対して医療サービスを提供しております。本年度から全国の逓信病院に先駆けて遠隔保健相談・診断支援システムを導入し、遠隔地に勤務する郵政省職員等の保健相談などを実施しております。このシステムは、情報通信を所管する郵政省がみずから保健・医療分野における実際的な利用例を示す意味でも大変有意義なものであり、今後さらに他の地域での活用が期待されております。
 次に、電気通信事業関係について申し上げます。
 NTT東海は、インターネット等の普及につれてISDNサービスが急激に伸びており、その対応に追われています。阪神・淡路大震災を教訓とした災害対策への取り組みとして、通信設備の地下化を三カ年計画で進めでおります。また、本年七月には、マルチメディアを身近に体験できるプラネットを開設し、若者を中心に多くの見学者が訪れています。
 次に、放送事業関係について申し上げます。
 NHK名古屋放送局は新たな番組を全国に向け発信するとともに、基盤となる営業力の向上にも努めております。また、放送センタービルの一角に「遊&放プラザ」を開設するなど、視聴者との交流の場も提供しております。
 今回視察いたしましたソフトピアジャパンは、岐阜県が目指す情報化を中心に据えた二十一世紀に向けた県土づくりの中核拠点であります。プロジェクトでは、マルチメディア関連新産業の育成や地域産業の高度化、先端的な研究開発への取り組みが行われており、その今後が大いに期待されています。
 なお、調査の詳細につきましては、委員長のお手元に報告書を提出しておりますので、本日の会議録に掲載するよう取り計らいをお願い申し上げます。
 最後に、本調査に当たりお世話をいただいた関係各位にお礼を申し上げ、報告を終わります。
#16
○委員長(渕上貞雄君) 以上で派遣委員の報告は終了いたしました。
 なお、ただいま足立君及び陣内君から要請のありました報告書につきましては、本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(渕上貞雄君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#18
○委員長(渕上貞雄君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 郵政事業、通信、放送及び電波等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○委員長(渕上貞雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○委員長(渕上貞雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#21
○委員長(渕上貞雄君) 次に、委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○委員長(渕上貞雄君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十八分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト