くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 参議院 参議院会議録情報 第138回国会 厚生委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 参議院

参議院会議録情報 第138回国会 厚生委員会 第1号

#1
第138回国会 厚生委員会 第1号
平成八年十一月十二日(火曜日)
   午前十時開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         上山 和人君
    理 事         尾辻 秀久君
    理 事         北澤 俊美君
                阿部 正俊君
                石井 道子君
                大島 慶久君
                大野つや子君
                塩崎 恭久君
                中島 眞人君
                長峯  基君
                宮崎 秀樹君
                田浦  直君
                水島  裕君
                山本  保君
                和田 洋子君
                渡辺 孝男君
                菅野  壽君
               日下部禧代子君
                西山登紀子君
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十一月十一日
    辞任         補欠選任
     石井 道子君     南野知惠子君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         上山 和人君
    理 事
                尾辻 秀久君
                南野知惠子君
                北澤 俊美君
                菅野  壽君
    委 員
                阿部 正俊君
                大島 慶久君
                大野つや子君
                塩崎 恭久君
                中島 眞人君
                長峯  基君
                宮崎 秀樹君
                水島  裕君
                山本  保君
                和田 洋子君
                渡辺 孝男君
               日下部禧代子君
                西山登紀子君
   国務大臣
       厚 生 大 臣  小泉純一郎君
   事務局側
       常任委員会専門  大貫 延郎君
       員
   説明員
       厚生政務次官   鈴木 俊一君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○社会保障制度等に関する調査
 (派遣委員の報告)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(上山和人君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る十月二十九日、高木正明君が委員を辞任され、その補欠として大野つや子君が選任されました。
 また、去る十月三十一日、朝日俊弘君が委員を辞任され、その補欠として日下部禧代子君が選任されました。
 また、昨十一日、石井道子君が委員を辞任され、その補欠として南野知惠子君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(上山和人君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(上山和人君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に南野知惠子君及び菅野壽君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#5
○委員長(上山和人君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、社会保障制度等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(上山和人君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(上山和人君) この際、小泉厚生大臣及び鈴木厚生政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。小泉厚生大臣。
#8
○国務大臣(小泉純一郎君) 厚生大臣に就任いたしました小泉純一郎であります。
 このたび厚生行政という国民生活に直結した分野を担当することとなり、その責任の重さを痛感しております。
 委員の皆様には、日ごろから厚生行政の推進に格段の御理解と御尽力をいただいており、この場をおかりしまして厚く御礼を申し上げます。
 我が国は、少子・高齢化が急速に進んでおりますが、これに対応して社会保障制度の構造的な改革が極めて重要な課題となっております。
 私といたしましては、このような状況において、当面の最大の懸案事項である介護保険制度の創設、医療保険制度や老人保健制度の改革、廃棄物対策の総合的な見直し等、社会保障制度におけるさまざまな課題に対し全力で取り組んでまいります。
 また、いわゆる薬害エイズ問題にかんがみ、再発防止に万全を尽くし、治療研究の推進に努めるとともに、O157の原因究明、治療研究を緊急課題として取り組み、国民生活の安全を確保してまいる所存であります。
 委員の皆様におかれましては、今後とも御理解と御協力をいただきますようお願い申し上げ、私のごあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手)
#9
○委員長(上山和人君) 続きまして、鈴木厚生政務次官。
#10
○説明員(鈴木俊一君) このたび厚生政務次官を拝命いたしました鈴木俊一でございます。健康や福祉という国民に最も身近な課題を担当いたしまして、その責任の重さを痛感いたしております。
 私も、小泉大臣を補佐いたしまして、厚生行政の推進に誠心誠意邁進してまいる所存でございます。
 委員の皆様方の御理解と御協力を心よりお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#11
○委員長(上山和人君) 社会保障制度等に関する調査を議題とし、派遣委員の報告を聴取いたします。尾辻秀久君。
#12
○尾辻秀久君 先般の委員派遣につきまして御報告申し上げます。
 去る八月二十一日から二十三日までの三日間、上山委員長、朝日理事、石井委員、山本委員、和田委員、西山委員及び私、尾辻の計七名により、宮崎県及び鹿児島県の保健医療・福祉等に関する実情を調査してまいりました。
 まず、宮崎県について御報告いたします。
 宮崎県は、温暖な気候と豊かな自然環境のもと、「住みよいふるさと宮崎づくり」を目標として、「生きがいある長寿社会づくり」を柱に保健医療・福祉施策を進めております。
 最初に、宮崎県より保健医療・福祉の実情について概況説明を聴取した後、宮崎県身体障害者相談センターを視察いたしました。当施設は、宮崎の産業、学術、医療を先導する宮崎学園都市内の福祉ゾーンにあり、身体障害者に関する専門的相談・指導、補装具の判定及び地域リハビリテーションの推進拠点として技術的支援等を行っております。当施設のセンター機能を遺憾なく発揮するため、宮崎大学及び宮崎医科大学、そして肢体不自由児施設、精神薄弱児施設、養護学校等と十分な連携を図っているとのことであります。また、医療と福祉の連携とともに、県と市町村との有機的な協力関係の重要性が強調されたところであります。
 次に、太平洋を望む青島の景勝地にある特別養護老人ホーム「ゴールデンレイク」及びケアハウス「エバグリーン」を訪ねました。当施設は、デイサービス、ショートステイ、在宅介護支援センター、緊急通報システム及びヘルパー派遣機能をあわせ持つ総合的な高齢者福祉施設であります。本格的高齢社会の到来を迎え、高齢者の方が住みなれた地域社会で安心して生活を送れるようにするためには、このような総合的な高齢者福祉施設の役割が今後ますます増大していくものと思われます。
 次に、鹿児島県について御報告いたします。
 鹿児島県は、豊かな自然、歴史、伝統などを生かし、すべての県民がゆとりある、健やかで充実した生活を送ることができる地域社会の構築を目指し、保健医療・福祉施策を進めております。
 最初に、鹿児島県から保健医療・福祉の実情について概況説明を聴取した後、鹿児島市高齢者福祉センター与次郎を視察いたしました。当施設は、高齢者の生きがいと健康づくりを支援するため、温泉を利用した浴室、トレーニング室、展望室・談話室等を備えているほか、デイサービスセンターが併設され、介助入浴やリハビリテーション等を行っているとのことであります。なお、開館はことしの四月でありますが、その後三カ月間で二千七百名を超える利用があったとのことでありました。高齢者のニーズにマッチした施設として今後も多くの方々の利用が期待できるものと思われました。
 次に、鹿児島大学医学部附属病院を訪れました。同病院は、長年にわたり医学教育・研究実践の場であると同時に、県下における中核的医療機関としての役割を果たしており、特にエイズ拠点病院として、また重症・難病患者の診察、高度先進医療、パソコンを利用した離島等の医療支援、高齢社会に対応した医療体制の確立等に積極的に取り組んでおります。
 同病院においては、遠隔医療支援システム、在宅ケアネットワークシステム及び難治性ウイルス疾患研究センター等を視察し、最新の医療の現場に触れるとともに、担当者と率直な意見交換を行うことができました。
 次に、国立療養所星塚敬愛園を訪ねました。昭和十年に開園した当施設は、ことしの四月に施行されたらい予防法廃止法に基づき、元ハンセン病患者の医療・福祉を行う場としてその目的が変更されました。現在、入園者については、平均年齢が約七十二歳と高齢化が進んでいること、ハンセン病の後遺症として種々の障害を有していることから、その看護・介護の重要性が増大しております。
 納骨堂への献花の後、入園者の代表者と意見交換を行いましたが、医療・福祉等の処遇の確保、社会復帰希望者の復帰後の生活支援、ハンセン病に対する偏見の根絶等の切実な要望をいただきました。本委員会のらい予防法廃止法に対する附帯決議の趣旨を踏まえた施策の充実が必要と痛感した次第であります。
 最後に、国立療養所霧島病院を視察いたしました。当病院は、循環器疾患や慢性関節リューマチ等の温泉を利用したリハビリテーション、成人T細胞白血病等の血液疾患を主とした内科的治療等に積極的に取り組んでおりますが、地域の中核的医療機関としての役割を果たすとともに、救急医療、地域医療にも補完的に対応しております。なお、当病院は国立病院・療養所の再編成計画の対象病院でありますが、現在のところ再編成に向けて具体的な動きはないとのことであります。
 以上が調査の概要でありますが、今回の調査に当たりまして特段の御配慮をいただきました宮崎県、鹿児島県及び訪問先の関係者の方々に心から御礼申し上げ、私の派遣報告を終わらせていただきます。
 なお、宮崎県及び鹿児島県の概況説明に際しまして、当厚生委員会に対し厚生行政全般にわたる要望がありましたので、これを本日の会議録の末尾に掲載していただきますようお願い申し上げます。
#13
○委員長(上山和人君) 以上で派遣委員の報告は終了いたしました。
 なお、ただいまの報告の中で要請のございました現地の要望につきましては、本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(上山和人君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#15
○委員長(上山和人君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 社会保障制度等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○委員長(上山和人君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○委員長(上山和人君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時十二分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト