くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 参議院 参議院会議録情報 第138回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 参議院

参議院会議録情報 第138回国会 外務委員会 第1号

#1
第138回国会 外務委員会 第1号
平成八年十一月十二日(火曜日)
   午前十時開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         釘宮  磐君
                岩崎 純三君
                大木  浩君
                笠原 潤一君
                須藤良太郎君
                武見 敬三君
                成瀬 守重君
                宮澤  弘君
                木暮 山人君
                高野 博師君
                寺澤 芳男君
                長谷川道郎君
                青木 薪次君
                照屋 寛徳君
                立木  洋君
                武田邦太郎君
                佐藤 道夫君
                椎名 素夫君
                矢田部 理君
    ―――――――――――――
  委員の異動
 十一月十一日
    辞任         補欠選任
     大木  浩君     野間  赳君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         釘宮  磐君
    理 事
                須藤良太郎君
                野間  赳君
                木暮 山人君
                高野 博師君
    委 員
                岩崎 純三君
                笠原 潤一君
                武見 敬三君
                成瀬 守重君
                宮澤  弘君
                寺澤 芳男君
                長谷川道郎君
                青木 薪次君
                照屋 寛徳君
                立木  洋君
                武田邦太郎君
                椎名 素夫君
                矢田部 理君
   事務局側
       常任委員会専門  大島 弘輔君
       員
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○国際情勢等に関する調査
 (派遣委員の報告)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(釘宮磐君) ただいまから外務委員会を開会いたします。
 議事に先立ちまして、この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび本委員会の委員長に選任されました釘宮でございます。
 何分ふなれではございますが、委員の皆様方の御指導、御協力を賜り、本委員会の公正門溝な運営を心がけ、委員長の重責を果たしていく所存でございます。
 委員の皆様方には格別の御支援を賜りますようお願い申し上げ、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(釘宮磐君) 委員の異動について御報告いたします。
 去る六月十九日、田村秀昭君が委員を辞任され、その補欠として私、釘宮磐が選任されました。
 また、去る八月二十九日、野沢太一三君が委員を辞任され、その補欠として須藤良太郎君が選任されました。
 また、去る九月二十四日、高野博師君が委員を辞任され、その補欠として大森礼子君が選任されました。
 また、去る九月二十五日、畑恵君、木庭健太郎君及び大森礼子君が委員を辞任され、その補欠として木暮山人君、高野博師承及び長谷川道郎君が選任されました。
 また、去る十月三十一日、川橋幸子君が委員を辞任され、その補欠として青木薪次君が選任されました。
 また、昨十一日、大木浩君が委員を辞任され、その補欠として野間赳君が選任されました。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(釘宮磐君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が四名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(釘宮磐君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に須藤良太郎君、野間赳君、木暮山人君及び高野博師君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(釘宮磐君) 次に、国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、国際情勢等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(釘宮磐君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(釘宮磐君) 次に、国際情勢等に関する調査を議題とし、先般本委員会が行いました国の安全保障、日韓・日中漁業協定、地方公共団体の国際交流等に関する実情調査のための委員派遣につきまして、派遣委員から報告を聴取いたします。須藤良太郎君。
#9
○須藤良太郎君 本委員会の釘宮委員長、大木委員、照屋委員、立木委員、武田委員及び私、須藤の六名は、去る九月十一日から十三日までの三日間、国の安全保障、日韓・日中漁業協定、地方公共団体の国際交流等に関する実情調査のため、長崎県及び大分県に派遣されました。
 以下に調査の概要を報告いたします。
 長崎県では、まず、米海軍佐世保基地を訪問し、基地司令官より、米海軍において佐世保基地が戦略上果たしている機能、指揮系統、主要任務の具体的内容、基地施設などの概要について説明を聴取した後、基地内の施設、艦船を視察いたしました。
 次に、長崎県当局より、長崎県周辺における外国漁船の操業状況、特に韓国・中国漁船による違反・無秩序操業の実態や漁具被害、資源乱獲の現状、取り締まりの状況等について説明を聴取いたしました。
 漁具被害につきましては、過去五年間だけで三億円を上回る被害が生じており、違反・無秩序操業につきましても、件数自体は減少傾向にあるものの悪質な操業が横行しているとのことであります。
 また、日韓・日中漁業協定において旗国主義がとられていることから、有効な取り締まりが困難であるとの窮状も訴えられ、同県からは、現在交渉中である韓国、中国との新漁業協定の早期締結、排他的経済水域の全面適用等が要望されました。
 次に、陸上自衛隊湯布院駐屯地を訪問し、駐屯地所在部隊の状況、主要施設・主要装備、駐屯地主要部隊の任務等について説明を聴取いたしました。
 また、同駐屯地に近接する日出生台演習場の周辺環境、同演習場での主要訓練内容、射撃訓練の概要等について説明を受けました後、同演習場を訪れ、演習訓練の概況、射撃陣地、着弾地域の状況等について視察いたしました。
 なお、同演習場につきましては、沖縄の県道一〇四号線越え実弾射撃訓練の本土移転先の候補地とされておりますが、湯布院町、玖珠可及び九重町の演習場周辺三町から、派遣委員に対し、実弾射撃訓練の分散移転実施を中止するよう政府に申し入れていただきたいとの陳情がなされました。
 次に、大分県当局より、大分県の国際交流事業の実施状況について説明を聴取いたしました。
 大分県は、平松知事が提唱、推進し、海外におきましても高い評価を得ている一村一品運動を核とし、農林水産業の技術研修、貿易、学術・文化交流など幅広い分野におきまして積極的なローカル外交を展開しており、特に九州とアジア諸地域との広域的理解と交流を推進し、平成十一年度にはアジア太平洋地域の人材育成の拠点となる立命館アジア大学を開設するとのことであります。
 さらに、大分県の国際化関連施設として、ローカル外交の促進と地域レベルの国際化を図ることを目的として創設された大分県国際交流センター、大分港を中心とした輸入促進地域の中核施設として整備が進められている多目的大型コンテナターミナルである大在コンテナターミナル、そして国際、県際の交流促進の拠点として、また地域の観光、文化等の振興を図るため、大分県と別府市が共同で建設した大型コンベンション施設であるビーコンプラザをそれぞれ視察し、事業運営状況につきまして説明を聴取いたしました。
 以上が今回の調査の概要であります。
 なお、調査の詳細につきましては、別途、文書による報告書を提出いたしますので、これを本日の会議録に掲載されますよう、お取り計らいをお願いいたします。
#10
○委員長(釘宮磐君) 以上で派遣委員の報告は終了いたしました。
 ただいま御報告がございましたが、別途、詳細にわたる報告書が提出されておりますので、これを本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(釘宮磐君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
    ―――――――――――――
#12
○委員長(釘宮磐君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 国際情勢等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#13
○委員長(釘宮磐君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(釘宮磐君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時八分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト