くにさくロゴ
1996/11/08 第138回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第138回国会 災害対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/08 第138回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第138回国会 災害対策特別委員会 第1号

#1
第138回国会 災害対策特別委員会 第1号
本特別委員会は平成八年十一月八日(金曜日)議
院において、災害対策を樹立するため設置するこ
とに決した。
十一月八日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      稲葉 大和君    今村 雅弘君
      大石 秀政君    川崎 二郎君
      栗原 博久君    栗原 裕康君
      阪上 善秀君    下地 幹郎君
      砂田 圭佑君    田中 和徳君
      田村 憲久君    竹本 直一君
      桧田  仁君    平沢 勝栄君
      松下 忠洋君    松本 和那君
      目片  信君    山本 有二君
     吉田六左エ門君    赤羽 一嘉君
      赤松 正雄君    遠藤 乙彦君
      大口 善徳君    長内 順一君
      川端 達夫君    小池百合子君
      小坂 憲次君    二階 俊博君
      西村 眞悟君    増田 敏男君
      宮本 一三君    川内 博史君
      桑原  豊君    坂上 富男君
      渡辺  周君    平賀 高成君
      藤木 洋子君    中川 智子君
      濱田 健一君    望月 義夫君
―――――――――――――――――――――
平成八年十一月八日(金曜日)
    午後二時十五分開議
出席委員
  委員長 川端 達夫君
   理事 稲葉 大和君 理事 栗原 博久君
   理事 松下 忠洋君 理事 山本 有二君
   理事 大口 善徳君 理事 小池百合子君
   理事 小坂 憲次君 理事 坂上 富男君
      大石 秀政君    川崎 二郎君
      栗原 裕康君    阪上 善秀君
      砂田 圭佑君    田中 和徳君
      田村 憲久君    桧田  仁君
      平沢 勝栄君    松本 和那君
      目片  信君   吉田六左エ門君
      赤松 正雄君    遠藤 乙彦君
      長内 順一君    増田 敏男君
      宮本 一三君    川内 博史君
      桑原  豊君    渡辺  周君
      平賀 高成君    藤木 洋子君
      中川 智子君    濱田 健一君
      望月 義夫君
 委員外の出席者
       国土庁防災局長  福田 秀文君
       特別委員会第三 長谷川英一郎君
       調査室長
    ―――――――――――――
十一月八日
 川端達夫君が委員長に当選した。
同日
      稲葉 大和君    栗原 博久君
      松下 忠洋君    山本 有二君
      大口 善徳君    小池百合子君
      小坂 憲次君    坂上 富男君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
     ――――◇―――――
    〔坂上委員、委員長席に着く〕
#2
○坂上委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
 これより委員長の互選を行います。
#3
○松下委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、川端達夫君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
#4
○坂上委員 ただいまの松下忠洋君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○坂上委員 御異議なしと認めます。よって、川端達夫君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長川端達夫君に本店を譲ります。
    〔川端委員長、委員長席に着く〕
#6
○川端委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責を担うことになりました。
 我が国は、その国土の特徴から見まして、台風、豪雨、火山噴火、地震などの自然災害が発生しやすい状況にあり、また、近年の社会経済の発展に伴う国土利用の変化、人口の集中等により、災害の形態もますます複雑、多様化しております。
 皆様御承知のとおり、昨年一月の阪神・淡路大震災は、大都市直下型地震として未曾有の被害をもたらし、現在、関係者や住民の方々により、復興に向けて懸命の御努力がなされているところであります。
 過去の災害を忘れ去ることなく、その教訓を生かし、もって防災体制の一層の充実を図ることが必要であると考えます。
 このような状況のもと、災害対策に寄せる国民の期待と関心はますます高まっており、本委員会の果たすべき役割はまことに重要であります。
 皆様方の御支援と御協力を賜りまして、公正、円満な委員会運営に努めてまいる所存でございますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#7
○川端委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○松下委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。
#9
○川端委員長 ただいまの松下忠洋君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○川端委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      稲葉 大和君    栗原 博久君
      松下 忠洋君    山本 有二君
      大口 善徳君    小池百合子君
      小坂 憲次君    坂上 富男君
以上八名の方々を指名いたします。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後二時十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト