くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第138回国会 環境委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第138回国会 環境委員会 第1号

#1
第138回国会 環境委員会 第1号
本委員は平成八年十一月八日(金曜日)議長の指
名で、次のとおり選任された。
      大野 松茂君    河野 太郎君
      桜井 郁三君    桜田 義孝君
      鈴木 恒夫君    砂田 圭佑君
      園田 修光君    原田 義昭君
      福永 信彦君    宮路 和明君
      村上誠一郎君    目片  信君
      古賀 一成君    斉藤 鉄夫君
      坂本 剛二君    田端 正広君
      武山百合子君    仲村 正治君
      松沢 成文君    矢上 雅義君
      桑原  豊君    小林  守君
      佐藤謙一郎君    藤木 洋子君
      土井たか子君
十一月八日
 佐藤謙一郎君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
―――――――――――――――――――――
平成八年十一月十二日(火曜日)
    午前十一時二十分開議
出席委員
  委員長 佐藤謙一郎君
   理事 杉浦 正健君 理事 萩山 教嚴君
   理事 村上誠一郎君 理事 持永 和見君
   理事 古賀 一成君 理事 斉藤 鉄夫君
   理事 武山百合子君 理事 小林  守君
      河野 太郎君    桜井 郁三君
      桜田 義孝君    鈴木 恒夫君
      砂田 圭佑君    園田 修光君
      目片  信君    坂本 剛二君
      田端 正広君    仲村 正治君
      松沢 成文君    矢上 雅義君
      桑原  豊君    藤木 洋子君
      土井たか子君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (環境庁長官) 石井 道子君
 委員外の出席者
        環境政務次官  鈴木 恒夫君
        環境庁長官官房
        長       岡田 康彦君
        環境委員会調査
        室長      鳥越 善弘君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十一日
 辞任         補欠選任
  原田 義昭君     萩山 教嚴君
  福永 信彦君     持永 和見君
  宮路 和明君     杉浦 正健君
    ―――――――――――――
十一月十二日
      杉浦 正健君    萩山 教嚴君
      村上誠一郎君    持永 和見君
      古賀 一成君    斉藤 鉄夫君
      武山百合子君    小林  守君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○佐藤委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、私が当委員会の委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 私が尊敬するスペインの哲学者の言葉に、「我は我と我が環境にあり」という言葉があります。人間が環境を客体として理解するのではなくて、すなわち環境がイコール自分なのだという、そういう視点に立つ、そうした物の考え方をずっと続けてまいりました。
 我々は、物質的な豊かさの追求あるいは欲望と向き合って環境問題を論じ、深化させてきたわけでありますけれども、今や心の豊かさが問われる時代、例えばこの心の豊かさと環境問題をどうリンクさせていったらいいのかというのが大変大きなテーマになってくるのではないかと思います。とりわけ文化、すなわち生活様式の問題あるいは人権の問題といったものとかかわりを持たせながら、環境問題が大きな転換期を迎えているというふうに考えます。
 我々は、時代にどう敏感であるかということがまさに問われているように考えます。そんな時代だからこそ、我々は、市民参画がキーワードのように思われます。時代が過酷に過ぎ去っていって、人類が解決せねばならない環境問題が山積する中、時間との戦いが始まっていると考えます。
 このような状況の中、当委員会に課せられた使命はまことに重大でございます。高い見識をお持ちの、そして環境問題に情熱をお持ちの委員各位の御協力を賜りまして、委員会の公正かつ円満なる運営を期してまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○佐藤委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会決定の基準に従いましてその数を八名とし、その選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      杉浦 正健君     萩山 教嚴君
      村上誠一郎君     持永 和見君
      古賀 一成君     斉藤 鉄夫君
      武山百合子さん 及び 小林  守君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○佐藤委員長 この際、先般環境庁長官に就任されました石井道子さん及び環境政務次官に就任されました鈴木恒夫君より、それぞれ発言を求められておりますので、これを許します。石井環境庁長官。
#6
○石井国務大臣 去る十一月七日、国務大臣環境庁長官及び地球環境問題担当大臣を拝命いたしました石井道子でございます。何とぞよろしくお願いを申し上げる次第でございます。
 今日、環境問題は地球規模において、また世代間を超えて影響の及ぶ重要な問題となっております。環境問題の先進国として日本の環境行政を担う責任の重さに、身の引き締まる思いがいたしているところでもございます。私といたしましては、環境基本計画が目指す環境への負荷の少ない持続的発展が可能な社会の構築を目指し、明年十二月に我が国において開催されます地球温暖化防止京都会議を成功させること、また、中央環境審議会において精力的に検討されております環境影響評価制度の法制化を含めた見直しに対しまして、全力を挙げて取り組んでいく所存でございます。
 委員長を初め、皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますように、よろしくお願いを申し上げる次第でございます。ありがとうございました。(拍手)
#7
○佐藤委員長 次に、鈴木環境政務次官。
#8
○鈴木説明員 八日に環境政務次官を拝命いたしました鈴木恒夫でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 我々人類はもう二十二世紀を迎えることが難しいのではないかという言葉が示すとおり、地球環境問題を初めといたしまする環境問題は、本当に深刻な事態でございます。
 私は、かねてより環境問題に取り組んでまいったつもりでございますけれども、今後一層努力をいたし、石井大臣を補佐し、皆様の御指導、御鞭撻をいただいて、このかけがえのない地球を守る、そして国民を自然環境の中で、人間性を涵養するという意味からも、環境行政に一生懸命取り組むつもりでございます。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
 ごあいさつといたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#9
○佐藤委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 環境保全の基本施策に関する件
 公害の防止に関する件
 自然環境の保護及び整備に関する件
 快適環境の創造に関する件一
 公害健康被害救済に関する件
 公害紛争の処理に関する件以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○佐藤委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時二十八分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト