くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第138回国会 逓信委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第138回国会 逓信委員会 第1号

#1
第138回国会 逓信委員会 第1号
本委員は平成八年十一月八日(金曜日)議長の指
名で、次のとおり選任された。
      亀井 久興君    木村 義雄君
      佐藤  勉君    斉藤斗志二君
      坂井 隆憲君    桜井 郁三君
      園田 修光君    竹本 直一君
      中川 昭一君    野田 聖子君
      野中 広務君    桧田  仁君
      古屋 圭司君    山口 俊一君
      吉田六左エ門君   江ア 鐵磨君
      遠藤 乙彦君    遠藤 和良君
      河村たかし君    神崎 武法君
      北橋 健治君    古賀 一成君
      原口 一博君    冬柴 鐵三君
      伊藤 忠治君    北村 哲男君
      山花 貞夫君    石井 郁子君
      矢島 恒夫君    横光 克彦君
十一月八日
 木村義雄君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成八年十一月十二日(火曜日)
    午前十時二十分開議
出席委員
  委員長 木村 義雄君
   理事 亀井 久興君 理事 岸本 光造君
   理事 熊代 昭彦君 理事 古屋 圭司君
   理事 江ア 鐵磨君 理事 遠藤 乙彦君
   理事 河村たかし君 理事 伊藤 忠治君
      佐藤  勉君    園田 修光君
      竹本 直一君    中川 昭一君
      野田 聖子君    野中 広務君
      松本 和那君    山口 俊一君
     吉田六左エ門君    遠藤 和良君
      神崎 武法君    北橋 健治君
      古賀 一成君    原口 一博君
      冬柴 鐵三君    北村 哲男君
      山花 貞夫君    石井 郁子君
      矢島 恒夫君    横光 克彦君
 出席国務大臣
        郵 政 大 臣 堀之内久男君
 委員外の出席者
        郵政政務次官  野田 聖子君
        郵政大臣官房長 天野 定功君
        逓信委員会調査
        室長      丸山 一敏君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十一日
 辞任         補欠選任
  斉藤斗志二君     熊代 昭彦君
  桜井 郁三君     岸本 光造君
  桧田  仁君     松本 和那君
    ―――――――――――――
十一月十二日
      亀井 久興君    岸本 光造君
      熊代 昭彦君    古屋 圭司君
      江ア 鐵磨君    遠藤 乙彦君
      河村たかし君    伊藤 忠治君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十一月八日
 日本放送協会平成六年度財産目録、貸借対照表
 及び損益計算書
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○木村委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび逓信委員長に就任いたしました木村義雄でございます。
 御承知のように、当委員会は、郵便、為替貯金、簡易保険のいわゆる郵政三事業のほか、電気通信、電波監理及び放送など、国民生活と密接なかかわりを持つ郵政行政を所管をいたしております。
 高度情報通信社会の構築やマルチメディア時代の到来など、二十一世紀を目前に控えた今、その使命はますます重大であると痛感をするところであります。
 もとより大変微力ではございますが、委員各位の御支援と御協力をいただきまして、公正円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○木村委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会の決定した基準に従いまして、その数を八名とし、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 それでは、委員長は、理事に
      亀井 久興君    岸本 光造君
      熊代 昭彦君    古屋 圭司君
      江ア 鐵磨君    遠藤 乙彦君
      河村たかし君    伊藤 忠治君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○木村委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 逓信行政に関する件
 郵政事業に関する件
 郵政監察に関する件
 電気通信に関する件
 電波監理及び放送に関する件以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託されました際の諸件についてお諮りいたします。
 閉会中、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣委員、期間、派遣地その他所要の手続等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○木村委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#9
○木村委員長 この際、堀之内郵政大臣及び野田郵政政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。堀之内郵政大臣。
#10
○堀之内国務大臣 去る十一月七日、郵政大臣を拝命いたしました堀之内久男でございます。
 逓信委員会の皆様には、平素から、郵政行政の適切な運営につきまして、格別の御指導をいただき、厚く御礼を申し上げます。
 郵政行政は、郵政事業、情報通信とともに、豊かな国民生活及び高度な産業経済活動を支える極めて重要な分野であります。すなわち、地域社会に根を生やし、国民の日常生活に密着したサービスの提供から、国境を越え、二十一世紀に向けて花開くマルチメディア社会の構築まで、行政分野が非常に幅広く多岐にわたっており、郵政大臣としての責任の重大さを今改めて痛感いたしておるところであります。
 郵便局は、地域における最も身近な公共サービス機関として長く親しまれており、郵便、貯金、簡易保険等国民生活に不可欠なサービスを提供し、国民の皆様からも高い評価をちょうだいしているところであります。今後は、二十一世紀の少子・高齢社会に向けて、地域の発展に一層貢献できるよう、全国二万四千のネットワークを最大限に活用するとともに、郵便局のマルチメディア化を推進してまいる所存であります。
 また、情報通信は、二十一世紀のリーディング産業として、あるいは社会経済構造の改革の切り札として期待されているところであります。情報通信基盤の全国整備、活力ある情報通信産業の形成、研究開発の推進など、総合的な施策展開を図ることによって、高度情報通信社会の構築を加速してまいる所存であります。
 微力でありますが、全力を尽くしてこの重責を全うする所存でありますので、逓信委員会の皆様におかれましては、何とぞ御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げて、私のごあいさつとさせていただきます。(拍手)
#11
○木村委員長 次に、野田郵政政務次官。
#12
○野田説明員 去る十一月八日に郵政政務次官を拝命いたしました野田聖子でございます。
 逓信委員会の皆様方の御指導をいただき、郵政行政の適切な運営のために堀之内郵政大臣を補佐してまいりたいと思います。
 全力を挙げて取り組んでまいりますので、どうぞよろしく御指導、御鞭撻をお願い申し上げます。
 以上でございます。(拍手)
#13
○木村委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト