くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第138回国会 外務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第138回国会 外務委員会 第1号

#1
第138回国会 外務委員会 第1号
本委員は平成八年十一月八日(金曜日)議長の指
名で、次のとおり選任された。
      安倍 晋三君    逢沢 一郎君
      石崎  岳君    柿澤 弘治君
      櫻内 義雄君    下地 幹郎君
      新藤 義孝君    鈴木 宗男君
      塚原 俊平君    原田昇左右君
      福田 康夫君    牧野 隆守君
      松本  純君    森  英介君
      森山 眞弓君    赤羽 一嘉君
      東  祥三君    岡田 克也君
      小坂 憲次君    笹山 登生君
      中井  洽君    羽田  孜君
      松沢 成文君    井上 一成君
      玄葉光一郎君    藤田 幸久君
      古堅 実吉君    松本 善明君
      伊藤  茂君    平野 博文君
十一月八日
 逢沢一郎君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成八年十一月十二日(火曜日)
    午前十時開議
出席委員
  委員長 逢沢 一郎君
   理事 鈴木 宗男君 理事 福田 康夫君
   理事 牧野 隆守君 理事 森山 眞弓君
   理事 赤羽 一嘉君 理事 東  祥三君
   理事 松沢 成文君 理事 玄葉光一郎君
      安倍 晋三君    石崎  岳君
      柿澤 弘治君    櫻内 義雄君
      下地 幹郎君    新藤 義孝君
      田中 昭一君    森  英介君
      岡田 克也君    小坂 憲次君
      笹山 登生君    中井  洽君
      藤田 幸久君    古堅 実吉君
      松本 善明君    伊藤  茂君
      平野 博文君
 出席国務大臣
        外 務 大 臣 池田 行彦君
 委員外の出席者
        外務政務次官  高村 正彦君
        外務委員会調査
        室長      野村 忠清君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十一日
 辞任         補欠選任
  塚原 俊平君     田中 昭一君
  松本  純君     河野 太郎君
    ―――――――――――――
十一月十二日
      鈴木 宗男君    福田 康夫君
      牧野 隆守君    森山 眞弓君
      赤羽 一嘉君    東  祥三君
      松沢 成文君    玄葉光一郎君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○逢沢委員長 これより会議を開きます。
 このたび、外務委員長に選任をされました逢沢一郎でございます。この際、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。
 世界は今、新たな国際秩序の構築を模索する過渡期にあり、多くの問題が山積をいたしております。その中で、我が国もいかにあるべきかについて考え、解決すべき課題を数多く抱えておるところでございます。
 こうした情勢下において、本委員会の果たすべき使命は非常に重大であり、委員長に選任されましたことを光栄に思いますと同時に、その職員の重さを痛感をいたしております。
 甚だ微力ではございますけれども、委員の皆様方の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいる所存でございます。
 何とぞ、どうぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○逢沢委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、十一月七日の議院運営委員会決定の基準に従いまして、その数を八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○逢沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 委員長は
     鈴木 宗男君    福田 康夫君
     牧野 隆守君    森山 眞弓君
     赤羽 一嘉君    東  祥三君
     松沢 成文君    玄葉光一郎君
を理事に指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○逢沢委員長 この際、池田外務大臣及び高村外務政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。外務大臣池田行彦君。
#6
○池田国務大臣 このたび外務大臣を拝命いたしました池田行彦でございます。衆議院外務委員会の開催に当たり、皆様に一言ごあいさつ申し上げます。
 我が国外交にとって重要なこの時期に、再び外務大臣を拝命することは、まことに光栄であると同時に、その重責に身の引き締まる思いであります。
 今日、我が国の姿勢や行動は、国際社会全体の将来に大きな影響を与えるようになりました。世界の平和と安定の実現を通じて、自国の安全と繁栄を確保するため、我が国も一層積極的な役割を果たしてまいらなくてはなりません。私は、第一次橋本内閣での経験、本委員会を含む国会における御議論等を踏まえ、日本外交のかじ取りに全力を尽くす決意でございますので、逢沢委員長を初め、委員の皆様の御指導と御協力を賜りますようお願い申し上げます。
 基本的な外交姿勢といたしましては、引き続き日本外交の基軸である日米関係の維持強化に努める所存であり、沖縄基地問題にも真剣に取り組んでまいります。近隣諸国を初め、各国との友好協力関係の一層の増進も図っていく必要があります。
 特に、明年、日中国交正常化二十五周年を迎えるに当たり、重要な隣国である中国との関係の進展には意を用いてまいりたいと思います。同時に、グローバルな協力や、アジア太平洋における地域協力に積極的に参加しながら、今日の外交諸課題に精力的に取り組んでまいります。外交政策の重要な手段であるODAに関しては、その効率的な実施を図ってまいる所存であります。
 外交を進めるに当たっては、国民の皆様の御理解を得ることが不可欠であり、この観点からも本委員会での御議論は大切であると考えております。御指導と御協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。(拍手)
#7
○逢沢委員長 次に、外務政務次官高村正彦君。
#8
○高村説明員 このたび外務政務次官に就任いたしました高村でございます。一言ごあいさつを申し上げます。
 依然流動的な情勢の中で新しい秩序を模索している国際社会にあって、我が国外交が果たすべき役割を考えると、その重責に身が引き締まる思いであります。
 国際的な相互依存関係が深まっている中、我が国の安全と繁栄は世界の平和と安定なくして考えられません。我が国は、日米関係を初めとする個々の二国間関係を増進するとともに、幅広く国際社会の直面する諸課題の解決に向けてこれまで以上に積極的な役割を果たさなければなりません。具体的には、地域紛争の平和的解決、軍縮・不拡散の一層の促進、世界経済の発展の確保、地球規模問題への対処などの課題に真剣に取り組む必要があります。
 このような認識のもと、私は池田外務大臣を支えて全力を傾注する決意であります。逢沢委員長初め本委員会の皆様の御指導と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、私のあいさつとさせていただきます。(拍手)
     ――――◇―――――
#9
○逢沢委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 国際情勢に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○逢沢委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト