くにさくロゴ
1996/11/12 第138回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第138回国会 法務委員会 第1号
姉妹サイト
 
1996/11/12 第138回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第138回国会 法務委員会 第1号

#1
第138回国会 法務委員会 第1号
本委員は平成八年十一月八日(金曜日)議長の指
名で、次のとおり選任された。に
      小此木八郎君    大野 功統君
      太田 誠一君    奥野 誠亮君
      加藤 紘一君    河村 建夫君
      下村 博文君    橘 康太郎君
      谷川 和穗君    西川 公也君
      古屋 圭司君    村田 吉隆君
      八代 英太君    横内 正明君
      吉川 貴盛君    安倍 基雄君
      愛知 和男君    漆原 良夫君
      岡島 正之君    加藤 六月君
      熊谷  弘君    左藤  恵君
      福岡 宗也君    石毛 ^子君
      佐々木秀典君    坂上 富男君
      正森 成二君    保坂 展人君
      園田 博之君    笹川  堯君
十一月八日
 八代英太君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成八年十一月十二日(火曜日)
    午前十時二十分開議
出席委員
  委員長 八代英太君
   理事 小此木八郎君 理事 太田 誠一君
   理事 橘 康太郎君 理事 横内 正明君
   理事 安倍 基雄君 理事 漆原 良夫君
   理事 福岡 宗也君 理事 坂上 富男君
      小野 晋也君    奥野 誠亮君
      河村 建夫君    下村 博文君
      谷川 和穗君    西川 公也君
      村田 吉隆君    吉川 貴盛君
      渡辺 喜美君    岡島 正之君
      加藤 六月君    左藤  恵君
      石毛 ^子君    佐々木秀典君
      正森 成二君    保坂 展人君
      園田 博之君    笹川  堯君
 出席国務大臣
        法 務 大 臣 松浦  功君
 委員外の出席者
        法務政務次官  野村 五男君
        法務大臣官房長 頃安 健司君
        法務委員会調査
        室長      河田 勝夫君
    ―――――――――――――
委員の異動
十一月十一日
 辞任        補欠選任
  大野 功統君    渡辺 喜美君
  古屋 圭司君    小野 晋也君
同月十二日
 辞任        補欠選任
  小野 晋也君    栗原 博久君
    ―――――――――――――
十一月十二日
      小此木八郎君    太田 誠一君
      橘 康太郎君    横内 正明君
      安倍 基雄君    漆原 良夫君
      福岡 宗也君    坂上 富男君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の互選
 閉会中審査に関する件
     ――――◇―――――
#2
○八代委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、法務委員長の重責を担うことになりました八代英太でございます。まことに光栄に存じます。
 本委員会の使命は、健全な法秩序維持と国民権利の保全にあります。国民生活の安定を確保し、国家社会の平和と繁栄を図るためには、その基盤というべき法秩序が極めて肝要であると存じており、当委員会に課せられた職員はまことに重大であります。
 微力ではございますが、委員各位の御指導、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会の運営を図ってまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。どうもありがとうございます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○八代委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は八名とし、先例により、委員長において指名することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○八代委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      小此木八郎君    太田 誠一君
      橘 康太郎君    横内 正明君
      安倍 基雄君    漆原 良夫君
      福岡 宗也君    坂上 富男君
を指名いたします。
     ――――◇―――――
#5
○八代委員長 この際、松浦法務大臣及び野村法務政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。松浦法務大臣。
#6
○松浦国務大臣 このたび法務大臣に就任いたしました松浦功でございます。
 内外にわたりまして極めて困難な問題が山積しておりますこの時期に法務行政を担当することになりました。その職員の重さを痛感いたしております。
 申すまでもなく、法務行政に課せられました使命は、法秩序の維持と国民の権利の保全にあります。国民生活の安定を確保し、国家の平和と繁栄を図るためには、その基盤ともいうべき法秩序が揺るぎなく確立され、国民一人一人の権利が十分に守られていることが極めて重要であります。
 私は、こうした認識のもとに、時代の要請を踏まえつつ、法務行政の各分野にわたり、適宜、適切な方策を講ずるよう全力を尽くしてまいりたいと存じております。
 委員長を初め委員の皆様方には、日ごろから法務行政の適切な運営につきまして、格別の御支援と御理解を賜っておりますことに厚く御礼を申し上げますとともに、引き続き御指導と御鞭撻をお願い申し上げる次第でございます。ありがとうございました。(拍手)
#7
○八代委員長 次に、野村法務政務次官。
#8
○野村説明員 このたび法務政務次官に就任いたしました野村五男でございます。
 時局柄大任ではございますが、松浦法務大臣のもとによき補佐役として、時代の要請にかなった法務行政の推進のため誠心誠意努力してまいりたいと考えております。
 委員長を初め委員の皆様方の御指導、御支援をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#9
○八代委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 裁判所の司法行政に関する件
 法務行政及び検察行政に関する件
 国内治安に関する件
 人権擁護に関する件
以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○八代委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト