くにさくロゴ
1947/06/23 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第57号
姉妹サイト
 
1947/06/23 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第57号

#1
第002回国会 議院運営委員会 第57号
昭和二十三年六月二十三日(水曜日)
    午前十一時三十分開議
 出席委員
   委員長 淺沼稻次郎君
   理事 坪川 信三君
      石田 博英君    小澤佐重喜君
      工藤 鐵男君    佐々木更三君
      山下 榮二君    吉川 兼光君
      小島 徹三君    神山 榮一君
      石田 一松君    平川 篤雄君
      成重 光眞君    中野 四郎君
      林  百郎君
 委員外の出席者
        副  議  長 田中 萬逸君
        議     員 叶   凸君
        議     員 本田 英作君
        事 務 総 長 大池  眞君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 國政調査承認要求に関する件
 各省廳設置法案の取扱いに関する件
 法案を付託すべき委員会に関する件
 参議院回付案の取扱いに関する件
    ―――――――――――――
    〔筆 記〕
#2
○淺沼委員長 これより会議を開きます。
 今日は参議院回付案の処理について御相談することになつておりますが、その前に各省廳設置法案の取扱いに関して、事務当局の方で調査のでき上つておるものを御参考のために一応御報告があります。
#3
○大池事務總長 お手もとに印刷で差上げておきましたものだけは、すでに出ております行政組織法の改正ができましたので、その改正に従つて、これだけはどうしても撤回をして、新たに将来出し返さなければならぬというものであります。そのうちで一番最初にあります三件は、すでに議題となつたものでありますから、國会法五十九條によつて議院の承認を必要とするわけであります。そこで議題となりました三件だけは政府からの撤回の申出を承認するという議会の議決を簡単にお願いいたしたいと思います。
 第二番目にあります三件はまだ議題となつておりませんので、そのまま政府が任意に撤回できることになつております。
 第三番目にあります十数件のものは、先日来付託する各委員会がきまつておりませんので、お預かりしておつた関係でそのまま撤回されるものであります。そこで裏にあるものだけが撤回を必要といたしませんので、審議をそのまま継続するものが六件あるのであります。それは逓信省設置法案、逓信省設置法の施行に伴う法律の整理等に関する法律案、建設省設置法案、建設省設置法の施行に伴う法令の整理等に関する法律案、新聞出版用紙割当事務廳設置法案、法務廳設置法等の一部を改正する法律案、この六件だけは現に出ておりますが、これは撤回を必要といたしませんので、大体法律に内容が全部盛られておりまして、これに今度の行政組織法の修正で盛られない部分は、定員だけの問題でありますので、それだけはあらためて單行法で出しますということでそのまま継続できるということになります。
 次に今後提出されるものが七件ありまして、それがここに載つております行政管理廳設置法案、厚生省官制の一部を改正する法律案、水産廳設置法案、商工省官制の一部を改正する法律案、工業技術廳設置法案、これだけであります。ここでとりあえず問題と相なりますのは、今後新たに提出されるものをどこへ持つていくかということは別問題といたしまして、審査を継続しなければならない逓信省設置法案と、建設省設置法案をどこへ持つていくかということであります。建設省設置法案は、決算委員会にすでに付託済みであります。新聞用紙割当事務廳設置法案も決算委員会に付託済みであります。今ここでお願いできますればお願いしたいと思いますが、逓信省設置法案と法務廳設置法等の一部を改正する法律案をどこへ持つていくかということであります。一応継続中であるから決算へ持つていくという考え方と、逓信省、法務廳両案は司法委員会か通信委員会へ持つていくという考え方があるわけですが、これをおきめ願いたいと思います。
#4
○小島委員 撤回について承諾を要するものは、ここで通してしまつたらどうですか。
#5
○淺沼委員長 それではさよう決定して御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
#7
○小島委員 各省の設置法案は決算に行くという慣例だから、逓信省設置法案、逓信省設置法の施行に伴う法律の整理等に関する法律案は決算にやつたらどうですか。
#8
○淺沼委員長 要するに、原則としては決算にやるが、他の委員会との関係等を考慮して、議長と当該委員会と話をつけていただくことにして、前の決定通りの取扱いで異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○淺沼委員長 そのように決定いたします。
#10
○叶(凸)君 新しく提出されるのは七件ですが、現在審議しているのは何件ありますか。
#11
○淺沼委員長 それは調査表をつくつていただきまして、明日にでも出していただくことにいたします。
#12
○石田(博)委員 六月二十日まで会期を延長するときに、六月十日までに提出した議案については審議するが、それ以後に提出したものについては審議の責任を負わないということを明らかに言うておるわけです。今日は二十三日ですから、そういうものを提出しても、会期はあと一週間しかないのだから、今日そういうものを受けつけること自体がおかしいじやないか。われわれの建前としては、とにかく審議の責任を負えるものを審議すべきであつて……。
#13
○淺沼委員長 それはこの委員会だけで決定すべきではなく、それぞれの委員会で全能力をあげてできるものはやるし、できないものはやらないということにしなければならない。ここで委員会の審議権を拘束するようなことは言わなくてもいいじやないか。
#14
○小澤(佐)委員 石田君の今言つた通り、あの当時のことは御承知のはずだ。しかし委員長の言う通り期間が切迫していても、審議できないことはないのだから、受けつけないということはわれわれとしても言えないが、國会の委員会ではこういう意向をもつているということを、はつきり通告することは必要ではないかと思います。
#15
○淺沼委員長 叶君、小沢君の提議もありますから、各委員会で分担している案件を全部整理して出していただきまして、政府から出ていただいて、今後の提出法案の見込みも開き、会期が追つておる関係上、今後出る法案については責任を負わないかもしれないという警告を発するということで異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○淺沼委員長 それではそのように取計らいます。
#17
○淺沼委員長 次に参議院の回付案を議題に供します。
 消防組織法の一部を改正する法律案、これに関しましては、坂東治安及び地方制度委員長から委員会としてはこれをのんで差支えないという委員の意見である旨の通告がありましたが、それでよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○淺沼委員長 それでは承認することに決定いたします。
 それから裁判官の報酬等に関する法律案、これは参考までに皆さんの手もとに法務廳からの文書がまわつておりますが、これは賛成することに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
 次に検察官の報給等に関する法律案……。
    〔「賛成」「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#20
○淺沼委員長 大体の意向としては賛成だということにして、もう一度確定的には党議にかけて決定していただくということでよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
 次に政治資金規正法案、これはあとまわしにいたしまして、行政事件訴訟特例法案、これを議題に供します。司法委員会からの通達では司法委員会全体の意見として修正案をのんで差支えないという意見がまとまつておるという話であります。これに賛成することにして異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#22
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
 次に中小企業廳設置法案、これはあとまわしにいたします。
 それから政治資金規正法案について申し上げますが、速記をやめてください。
    〔速記中止〕
#23
○淺沼委員長 今日はこの程度にしておいて、回付案に対する態度をもう一度條文的に審議して、その上でどうするかということをきめることにして異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#24
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
 これについて賛成の分だけは明日の本会議にかけることで異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#26
○淺沼委員長 次に委員会付託の案件がありますので、事務総長から御説明を願います。
#27
○大池事務總長 売春等処罰法案の付託委員会の問題です。これは売春行為を行つた者を処罰する規定でありまして、理由を申しますと、警察犯処罰令がなくなつたために、売春等を処罰する法令がなくなつてしまつたので、それに代るものとしてできたものであるから、司法委員会に行くのが当然じやないかという御意見があります。
#28
○叶(凸)君 國民衛生に関係があるから、ぼくは厚生委員会に持つていくのが至当だと思う。
#29
○林(百)委員 これは治安と関係があるから、私は治安委員会を主張したいと思います。
#30
○小澤(佐)委員 これと司法へ行くべき性質のものだと思います。
#31
○淺沼委員長 それでは今日はこの問題は決定せずに、明日きめましよう。
    ―――――――――――――
#32
○淺沼委員長 國政調査に関する件を議題にいたします。
#33
○大池事務總長 國政調査の要求が鉱工業委員長から参つております。これは発明振興に関する調査であります。これは小委員会を設置して関係方面から意見を聴取、もしくは資料を要求する件であります。
#34
○淺沼委員長 これを承認することに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#35
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
 ほかにございませんか。――なければ本日はこれにて散会いたします。
    午後零時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト