くにさくロゴ
1995/09/29 第134回国会 参議院 参議院会議録情報 第134回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1995/09/29 第134回国会 参議院

参議院会議録情報 第134回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号

#1
第134回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
平成七年九月二十九日(金曜日)
   午前十時十六分開会
    ―――――――――――――
平成七年九月二十九日議長において本委員を左の
とおり指名した。
                板垣  正君
                尾辻 秀久君
                木宮 和彦君
                坪井 一宇君
                楢崎 泰昌君
                成瀬 守重君
                橋本 聖子君
                三浦 一水君
                加藤 修一君
                風間  昶君
                高野 博師君
                福本 潤一君
                星野 朋市君
                菅野 久光君
                谷本  巍君
                照屋 寛徳君
                吉岡 吉典君
                武田邦太郎君
                島袋 宗康君
                奥村 展三君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         成瀬 守重君
    理 事
                木宮 和彦君
                坪井 一宇君
                風間  昶君
                谷本  巍君
    委 員
                板垣  正君
                尾辻 秀久君
                三浦 一水君
                加藤 修一君
                高野 博師君
                福本 潤一君
                星野 朋市君
                菅野 久光君
                照屋 寛徳君
                吉岡 吉典君
                武田邦太郎君
                島袋 宗康君
                奥村 展三君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (総務庁長官)  江藤 隆美君
       国 務 大 臣
       (沖縄開発庁長
       官)       高木 正明君
   政府委員
       総務政務次官   塩谷  立君
       沖縄開発政務次
       官        徳田 虎雄君
       沖縄開発庁総務
       局長       嘉手川 勇君
   事務局側
       第一特別調査室
       長        入内島 修君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○特別委員長互選
○理事選任の件
    ―――――――――――――
   〔武田邦太郎君委員長席に着く〕
#2
○武田邦太郎君 ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。
 本院規則第八十条により、年長のゆえをもちまして私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。
 これより委員長の選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#3
○風間昶君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。
#4
○武田邦太郎君 ただいまの風間君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○武田邦太郎君 御異議ないと認めます。
 それでは、委員長に成瀬守重君を指名いたします。
    ―――――――――――――
   〔成瀬守重君委員長席に着く〕
#6
○委員長(成瀬守重君) 一言ごあいさつを申し上げます。
 前国会に引き続きまして委員長に選任されました。御協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。
#7
○委員長(成瀬守重君) それでは、ただいまから理事の選任を行います。
 本委員会の理事の数は四名でございます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(成瀬守重君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に木宮和彦君、坪井一宇君、風間昶君及び谷本巍君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(成瀬守重君) この際、江藤総務庁長官及び高木沖縄開発庁長官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。江藤総務庁長官。
#10
○国務大臣(江藤隆美君) 今回の内閣の発足に当たりまして、総務庁長官、北方対策本部長を命ぜられました江藤隆美でございます。
 北方領土問題というのは、これは国民的課題でありまして、私は常々北方領土の返還がない限り日本の戦後は終わらないと考えてきました。一六四四年に幕府が初めて地図をつくって、その約百年後に松前藩が交易所を開いたという歴史があるわけでありまして、北方四島が他国の領土になったことは歴史的に一回もないわけであります。
 しかしながら、現在、置かれておるような状況でありまして、ややともすると最近に至っては北方四島の問題がこの政治の場から影がだんだん薄くなってきたのではないかという気がいたしまして、改めて村山内閣の大きな使命はその一つ北方領土の返還にあるということを先般閣議で御了解いただいたところであります。
 微力ではありますが、民族の悲願でありますから、一刻も早く北方四島の返還が行われ、そして日ロ両国の間に新しい友好平和関係が生まれますように、委員長を初め理事の皆さん、そして委員の皆さん方の御指導と御鞭撻を賜りたいと存じます。微力ではありますが、一生懸命努力をしてまいる所存でございます。
#11
○委員長(成瀬守重君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 高木沖縄開発庁長官。
#12
○国務大臣(高木正明君) このたびの内閣改造によりまして沖縄開発庁長官を拝命いたしました高木正明でございます。よろしくお願い申し上げたいと思います。
 また、委員の皆様方御承知のとおり、多難な道を歩んできた沖縄については、昭和四十七年五月の本土復帰以来、三次にわたる振興開発計画に基づいて沖縄の振興開発のための諸施策が講ぜられ、多額の国費の投入と県民の皆様方のたゆまざる御努力によりまして、沖縄の経済社会は総体としては着実に発展をしてまいりました。
 しかしながら、現在の沖縄は生活、産業基盤などの面でなお整備を要するものが多く見られるとともに、一人当たりの県民所得の格差の問題あるいは雇用の問題、産業振興の問題など今なお解決しなければならない多くの課題を抱えておるわけであります。
 今後の沖縄の振興開発につきましては、二十一世紀に向けた総合計画として平成四年九月に決定されました第三次沖縄振興開発計画を踏まえ、引き続き本土との格差を是正し、自立的発展の基礎条件を整備するとともに、沖縄の特性を生かした特色ある地域としての整備を図ることが必要であると考えるわけであります。
 私は、去る八月二十九日及び三十日の両日、沖縄を訪問して、現地の各界の皆様方と直接懇談をする機会をいただいてまいりましたが、沖縄のすばらしさ、あるいは将来へ向けての可能性を実感した一方、復帰後二十三年余りを経た今日でも沖縄はさまざまな課題を抱えていることについて改めて認識をいたしてまいったところであります。
 今後とも、沖縄県民と一体となって諸課題の解決に全力を挙げて取り組んでまいる所存でございます。
 なお、九月四日に発生いたしました米兵による少女暴行事件につきましては、県民生活の安全を確保する上から極めて遺憾に思っております。
 この問題につきましては、関係省庁において御努力をされているところでありますが、沖縄開発庁といたしましても、今後こうした問題で沖縄県民に不安が生ずることのないよう引き続き関係省庁と適宜連絡をとってまいりたいと考えております。
 委員長初め委員の皆様方には、沖縄の振興開発につきましては今後ともよろしく御指導、御支援賜りますように心からお願いを申し上げまして、就任のごあいさつにかえます。よろしくお願いいたします。
#13
○委員長(成瀬守重君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 次に、塩谷総務政務次官及び徳田沖縄開発政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。塩谷総務政務次官。
#14
○政府委員(塩谷立君) このたび総務政務次官を拝命いたしました塩谷立てございます。
 北方領土問題の解決は国民的重要課題であると存じております。江藤長官のもと、微力ではございますが、課題解決のために誠心誠意頑張るつもりでございます。
 委員長初め理事そして委員の皆様の格段の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、ごあいさつとさせていただきます。
#15
○委員長(成瀬守重君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 徳田沖縄開発政務次官。
#16
○政府委員(徳田虎雄君) このたび沖縄開発政務次官を拝命いたしました徳田虎雄でございます。
 高木沖縄開発庁長官の御指導のもと、微力ではございますが、沖縄振興開発に全力を尽くす所存でございます。
 なお、私は沖縄の近くの徳之島、旧琉球王国の徳之島の出身でございますので、沖縄には病院も二つつくっておりますが、七、八百人の職員を抱えております。また、宮古、八重山にも病院をつくる計画で離島の医療を今やっておる途中でございますが、沖縄のために全力を尽くしたい、こう考えておりますので、委員長初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
#17
○委員長(成瀬守重君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト