くにさくロゴ
1995/12/13 第134回国会 参議院 参議院会議録情報 第134回国会 地方分権及び規制緩和に関する特別委員会 第3号
姉妹サイト
 
1995/12/13 第134回国会 参議院

参議院会議録情報 第134回国会 地方分権及び規制緩和に関する特別委員会 第3号

#1
第134回国会 地方分権及び規制緩和に関する特別委員会 第3号
平成七年十二月十三日(水曜日)
   午後零時二十九分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         浜四津敏子君
    理 事
                斎藤 文夫君
                服部三男雄君
                勝木 健司君
                山口 哲夫君
    委 員
                阿部 正俊君
                亀谷 博昭君
                北岡 秀二君
                陣内 孝雄君
                谷川 秀善君
                続  訓弘君
                今井  澄君
                吉川 春子君
                末広真樹子君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (総務庁長官)  中山 正暉君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        佐藤  勝君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(浜四津敏子君) ただいまから地方分権及び規制緩和に関する特別委員会を開会いたします。
 この際、中山総務庁長官から発言を求められておりますので、これを許します。中山総務庁長官。
#3
○国務大臣(中山正暉君) 総務庁長官を拝命いたしました中山正暉でございます。
 地方分権、規制緩和は、ともに行政改革の中でも重要な課題であります。
 地方分権については、本委員会において御審査いただいた地方分権推進法に基づき、地方分権推進委員会から具体的な指針の勧告をちょうだいして地方分権推進計画を作成するなど、計画的に推進することといたしております。
 また、規制緩和については、本年三月三十一日に閣議決定した千九十一事項の具体的措置を盛り込んだ規制緩和推進計画を着実に推進するとともに、行政改革委員会の御意見を最大限に尊重し、本年度末までに計画をより充実した内容に改定することといたしております。
 私は、総務庁長官として、その果たすべき役割を十分に認識し、地方分権及び規制緩和の推進に誠心誠意取り組んでまいる所存であります。
 委員長初め、理事、委員の皆様方の格段の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつにいたします。ありがとうございました。(拍手)
    ―――――――――――――
#4
○委員長(浜四津敏子君) 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 地方分権の推進及び規制緩和に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(浜四津敏子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(浜四津敏子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(浜四津敏子君) 次に、委員派遣に関する件についでお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(浜四津敏子君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時三十一分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト