くにさくロゴ
1995/10/05 第134回国会 参議院 参議院会議録情報 第134回国会 文教委員会 第1号
姉妹サイト
 
1995/10/05 第134回国会 参議院

参議院会議録情報 第134回国会 文教委員会 第1号

#1
第134回国会 文教委員会 第1号
平成七年十月五日(木曜日)
   正午開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         小野 清子君
    理 事         木宮 和彦君
    理 事         森山 眞弓君
    理 事         石田 美栄君
    理 事         三重野栄子君
                阿部 正俊君
                井上  裕君
                釜本 邦茂君
                世耕 政隆君
                馳   浩君
                菅川 健二君
                林 久美子君
                林  寛子君
                山下 栄一君
                上山 和人君
                竹村 泰子君
                阿部 幸代君
                江本 孟紀君
                堂本 暁子君
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十月二日
    辞任         補欠選任
     林 久美子君     浜四津敏子君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         小野 清子君
    理 事
                木宮 和彦君
                森山 眞弓君
                山下 栄一君
                三重野栄子君
    委 員
                阿部 正俊君
                井上  裕君
                釜本 邦茂君
                世耕 政隆君
                馳   浩君
                菅川 健二君
                浜四津敏子君
                林  寛子君
                上山 和人君
                竹村 泰子君
                阿部 幸代君
                江本 孟紀君
                堂本 暁子君
   国務大臣
       文 部 大 臣  島村 宜伸君
   政府委員
       文部政務次官   佐藤 泰介君
       文部大臣官房長  佐藤 禎一君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        青柳  徹君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事の辞任及び補欠選任の件
○国政調査に関する件
○教育、文化及び学術に関する調査
 (派遣委員の報告)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(小野清子君) ただいまから文教委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告を申し上げます。
 去る二日、林久美子君が委員を辞任され、その補欠として浜四津敏子君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(小野清子君) 次に、理事の辞任についてお諮りをいたします。
 石田美栄君から、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(小野清子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 この際、理事の補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(小野清子君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に山下栄一君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(小野清子君) 次に、国政調査に関する件についてお諮りをいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、教育、文化及び学術に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(小野清子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(小野清子君) この際、島村文部大臣及び佐藤文部政務次官より発言を求められておりますので、順次これを許します。島村文部大臣。
#9
○国務大臣(島村宜伸君) 去る八月に文部大臣を拝命いたしました島村宜伸でございます。
 未来に向かつて我が国が創造的で活力のある文化の薫り高い国家として発展し、国際社会で積極的な役割を果たしていくためには、教育、学術、文化、スポーツの果たす役割がますます重要となっております。
 特に、本年は戦後五十年の節目の年でもあり、長い間の文教行政の経験と実績を尊重しつつも、将来に向けてのあるべき方向を大胆に求め、かつ切り開いてまいりたいと考えております。
 私は、みずからに課せられた役割と責任を十分に認識し、種々の課題の解決のために全力を尽くしてまいる所存であります。
 委員長を初め、委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
#10
○委員長(小野清子君) 佐藤文部政務次官。
#11
○政府委員(佐藤泰介君) このたび文部政務次官を拝命いたしました佐藤泰介でございます。
 国民一人一人が多様な個性と創造性を発揮できる社会を築いていくために、大臣をよく補佐し、教育、学術、文化、スポーツの発展に努力してまいる所存でございます。
 委員長を初め、委員の皆様方の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、簡単ではございますが、就任のごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)
    ―――――――――――――
#12
○委員長(小野清子君) 次に、教育、文化及び学術に関する調査を議題とし、派遣委員の報告を聴取いたします。
 森山理事より御報告を願います。森山君。
#13
○森山眞弓君 去る九月十二日から十四日の三日間、奈良県、京都府、大阪府及び兵庫県に委員派遣が行われましたので、その調査結果の概要を御報告申し上げます。
 派遣委員は、小野清子委員長、石田美栄理事、三重野栄子理事、阿部正俊委員、釜本邦茂委員、馳浩委員、菅川健二委員、山下栄一委員、竹村泰子委員、阿部幸代委員、そして私、森山眞弓でございます。
 初日は、まず、関西文化学術研究都市の高山地区にある奈良先端科学技術大学院大学を訪ね、関西文化学術研究都市推進機構の高津常務理事から同機構の概要等について、また、奈良先端科学技術大学院大学の櫻井学長等から同大学の概要について説明を受けた後、学内を視察いたしました。
 京都府、大阪府、奈良県の三府県五市三町内の十二地区から成る関西文化学術研究都市は、近畿圏はもとより、我が国さらには世界の文化、学術、研究の発展に寄与するために建設されるもので、その特徴は、一点集中・集権型開発ではなく、十二の文化・学術・研究地区を有機的に結ぶ多核心連携型の開発方式をとり、産官学の協力を基本としつつ、民間活力を最大限に活用していることであります。既に多数の施設等が開設され、二十一世紀初頭の概成を目途に整備が進められているとの報告がありました。
 奈良先端科学技術大学院大学は、平成三年に設置された、学部を置かない大学院大学で、先端科学技術分野における高度な基礎研究を推進するとともに、大学研究者の養成のみならず、企業等の研究者、技術者を養成、再教育することをも目的としております。バイオサイエンス研究科の植物温室では遺伝子を組みかえた稲等の植物を、情報科学研究科の仮想現実感実験室では臓器の三次元画像実験等を興味深く拝見しました。
 次に、精華・西木津地区にある財団法人国際高等研究所を訪ね、岡本理事長等から概要説明を受け、研究所内を見学いたしました。
 平成五年に開所した同研究所は、人類の未来と幸福のために何を研究すべきかを研究することを基本理念として、新たな学問の創造、進展を目指す課題探索型の基礎研究を行っております。研究範囲は自然科学、人文・社会科学にわたり、研究分野の枠を超えた内外の学者による自由な交流、討論が学者村と称される場で展開されております。現在、理論生命科学や安全科学、数理科学、哲学等のテーマのもとで幅広い研究活動が実施されているとのことであります。施設内には立派な庭園や茶室等が配備され、研究者がリフレッシュしつつ研究に専念できるよう研究環境面での行き届いた配慮も感じられました。
 同研究所を後にし、車中で次の視察先である奈良国立文化財研究所の説明を田中所長から受けました。
 昭和二十七年に創設された同研究所は、遺跡、建造物、庭園など不動産的文化財を中心に調査、研究する我が国唯一の機関で、奈良市、橿原市、明日香村に各施設がありますが、このたびは奈良市にある平城宮跡資料館と、現在復元中でその完成が待たれる朱雀門等を訪れ、往時の社会、文化をしのび、文化財の保存、復元の実情を見ることができました。
 二日目は、大阪府に赴き、まず、昨年三月に開館した府立近つ飛鳥博物館を訪ねました。
 同館は、日本古代国家の形成過程と国際交流をさぐるというメーンテーマを掲げ、一須賀古墳群を中心に府下に点在する遺跡に関する展示をしています。独創的かつ斬新で、随所に古墳をイメージして設計されたこの博物館は、隣接する広大な風土記の丘とともに、古代の歴史に接して、これを学ぶにふさわしい雰囲気を持ったユニークな教育文化施設であります。
 次に、大阪府庁を訪問し、谷口教育長等から同席の文教施設の概要説明を伺うとともに、義務教育費国庫負担制度、教職員配置の改善等七項目の国への要望がなされました。
 高校教育については、特色ある学科の設置、改編を推進し、いじめ・登校拒否問題に関しては、平成七年度からいじめ・登校拒否対策事業として、各教育事務所にいじめ登校拒否対策班を設置し、学校内外におけるきめ細かな対応に努めているなどの説明がありました。
 なお、大阪府において、阪神・淡路大震災で被災した学校数は千百十四校ありましたが、二月十六日からすべての学校が平常授業に戻ったとのことであります。
 続いて、府立東住吉高等学校に参りました。
 同校は、特色ある学校づくりの一環として、一昨年、全国で初めて芸能文化科を設置したものであります。そのねらいは、芸能のプロを養成することではなく、芸能を学ぶことを通じて調和のとれた健全な人格形成を図ることであります。現に、一期生も入学時には半数が芸能界を目指していましたが、卒業時には大半が大学進学等別の進路を選択したとのことであります。
 ビデオで同校生徒の演技を鑑賞した後、歌舞伎、日本舞踊や能・証言用の舞台等、芸能文化棟内の施設を見学いたしました。
 次に、大阪大学を訪れ、金森総長等から大学の概要について説明を受けました。
 懐徳堂、適塾の伝統を引き継ぐ同大学は、我が国有数の総合大学ですが、急速な社会の変化に対応した大学教育改革を推進しています。教養部を廃止し、昨年度から一般教育科目等は共通教育系科目として再編し、全学教官の協力のもとで実施されておりますが、とりわけ基礎セミナーは学生に好評で、学生の学内滞留時間が増加した反面、教室や学生食堂の不足が生じたとのことであります。また、研究面においては、教官一人当たりの論文発表数が全国でトップクラスであるなど意欲的に取り組んでいるとの報告もありました。
 概要説明の後、核融合エネルギー開発に向けた研究を進めているレーザー核融合研究センターと、LSI等エレクトロニクス素材の観察等に効果を発揮している三百万ボルト超高圧電子顕微鏡を見学し、最先端の研究現場に触れることができました。
 三日目は、兵庫県に赴き、阪神・淡路大震災による教育文化施設の被害及び復旧・復興の状況を中心に視察いたしました。
 まず、兵庫県公館において、貝原知事、芦田兵庫県教育長及び小野神戸市教育長等から、阪神・淡路大震災に係る実情と対策につき説明を受け、学校施設等の復旧等四項目の阪神・淡路大震災復興に関する国への要望を伺いました。
 震災によって死亡した児童生徒は、公立学校二百九十五名、私立学校七十五名、文教施設等の被害額は公立二千四百四十六億円、私立三百七十億円に及ぶものでありましたが、それらの復旧対策は、国庫負担の拡充も含む国と自治体の予算措置、財団法人阪神・淡路大震災復興基金による助成等により、着実に進められているとのことであります。
 被災児童の心のケアの充実策として、教職員対象の研究会を開催し、指導資料を県内全教職員に配付し、また、防災教育については、避難訓練の充実とともに、今の大切さ、助け合いの心など新たな視点で教育指導の改善に意を用いていきたいとの説明がありました。
 今回、学校は被災住民を多数受け入れるなど防災拠点としての役割を果たしましたが、教職員の職務範囲、被災住民への対応と教育との兼ね合い、関連施設の整備等、今後同様の事態に備えて早急に検討、措置すべき課題は多いと思います。
 兵庫県公館を後にし、神戸市立北野小学校を訪ね、震災による被害・復旧状況を視察いたしました。
 同校は、校舎の損壊等の被害を受けており、校舎のコンクリートの壁に生じた無数のひび割れや割れたままのガラスが地震の激しさを物語っておりました。近く近隣の小学校へ統合する予定の同校では、当面、校庭に設けられたプレハブの仮設教室でしのいでいますが、狭くなった校庭で子供たちが明るい表情で元気に走り回っている姿を見て、ほっといたしました。
 続いて神戸大学を訪問し、西塚学長等から大学の概要、被災・復旧状況等について伺い、小児科病棟を視察いたしました。
 十学部、九研究科を持つ同大学は、平成四年十月に教養部等を改組して大学教育研究センターを設置するなど積極的な教育改革を進めております。さきの震災においては、職員二名、学生三十九名が亡くなられたほか、各教室、研究施設等の実験機器、図書などに大きな被害を受けましたが、医学部附属病院は学内外にわたって救援活動を続けました。被災救急患者の受け入れや公園内に開設された医学部救急医療団救護所の模様を伝える写真を拝見し、当時、同病院が重要な役割を担っていたことを改めて知ることができました。
 次の視察先甲南大学へは、車中、神戸市内の文化財被害状況についての説明を受けながら移動いたしました。
 甲南大学の小川理事長、中西学長のお話によりますと、同大学も震災によって甚大な被害に遭い、死亡学生数は十六名、施設等の被害総額は学園全体で約百億円にも上りました。四月中旬までは被災住民の受け入れも行い、約千二百名が避難しておりました。五棟が全半壊するなど約六割の教室棟が被災したため、現在グラウンドに二十四棟のプレハブ仮設校舎を設け急場をしのいでおりますが、校舎再建計画は順調に進められており、また、教学面においては、今回の災害を契機に、臨床心理学を中心とした人間科学の分野の拡充、東南アジアからの留学生受け入れなどにさらに力を注いでいきたいとのことであります。
 わずか一日の視察ではありましたが、大震災の大きなつめ跡とその後の力強い復旧への動きの一端に触れることができました。改めて、未曾有の被災にもかかわらず、県市当局はもとより各機関関係者の並々ならぬ御努力に敬意を表するとともに、一刻も早い復興を心から祈念したいと存じます。
 以上で報告を終わりますが、詳細に触れることができませんでした大阪府及び兵庫県の要望につきましては、本日の会議録の末尾に掲載していただくようお願い申し上げます。
 最後に、この場をおかりいたしまして、視察先の御関係の皆様方に厚く御札を申し上げます。
 以上で御報告を終わります。
#14
○委員長(小野清子君) これをもちまして派遣委員の報告は終了いたしました。
 なお、ただいま派遣報告の中で森山理事の方から御依頼がございました大阪府及び兵庫県からの要望につきましては、これを本日の会議録末尾に掲載することといたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○委員長(小野清子君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト