くにさくロゴ
1995/10/17 第134回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第134回国会 環境委員会 第1号
姉妹サイト
 
1995/10/17 第134回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第134回国会 環境委員会 第1号

#1
第134回国会 環境委員会 第1号
本国会召集日(平成七年九月二十九日)(金曜日
)(午前零時現在)における本委員は、次のとお
りである。
  委員長 阿部 昭吾君
   理事 小泉 晨一君 理事 福永 信彦君
   理事 山口 俊一君 理事 石破  茂君
   理事 大野由利子君 理事 長浜 博行君
   理事 竹内  猛君
      逢沢 一郎君    斉藤斗志二君
      野田 聖子君    細田 博之君
      宮路 和明君    与謝野 馨君
      斉藤 鉄夫君    田名部匡省君
      田端 正広君    松沢 成文君
      岩垂寿喜男君    岡崎トミ子君
      鳩山由紀夫君    岩佐 恵美君
      金田 誠一君    中村  力君
    ―――――――――――――
平成七年十月十七日(火曜日)
    午後零時十分開議
出席委員
  委員長 阿部 昭吾君
   理事 小泉 晨一君 理事 福永 信彦君
   理事 山口 俊一君 理事 石破  茂君
   理事 大野由利子君 理事 長浜 博行君
   理事 竹内  猛君 理事 鳩山由紀夫君
      逢沢 一郎君    斉藤斗志二君
      桜井  新君    七条  明君
      谷津 義男君    岡崎トミ子君
      岩佐 恵美君    金田 誠一君
      中村  力君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (環境庁長官) 大島 理森君
 出席政府委員
        環境政務次官  狩野  安君
        環境庁長官官房
        長       田中 健次君
 委員外の出席者
        環境委員会調査
        室長      工藤 桂司君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二日
 辞任          補欠選任
  野田 聖子君      七条  明君
  宮路 和明君      桜井  新君
同月十二日
 辞任          補欠選任
  細田 博之君      谷津 義男君
同月十七日
 理事宇佐美登君九月二十八日委員辞任につき、
 その補欠として鳩山由紀夫君が理事に当選し
 た。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○阿部委員長 これより会議を開きます。
 議事に入るに先立ち、御報告申し上げます。
 本委員会の委員でありました渡辺美智雄さんが、去る九月十五日、逝去されました。まことに哀悼痛惜の念にたえません。
 ここに、委員各位とともに故渡辺美智雄さんの御冥福を祈り、謹んで黙祷をささげたいと存じます。
 御起立をお願いいたします。――黙祷。
    〔総員起立、黙祷〕
#3
○阿部委員長 黙祷を終わります。御着席願います。
     ――――◇―――――
#4
○阿部委員長 この際、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴いまして、現在理事が一名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○阿部委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に鳩山由紀夫さんを指名いたします。
     ――――◇―――――
#6
○阿部委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 環境保全の基本施策に関する事項
 公害の防止に関する事項
 自然環境の保護及び整備に関する事項
 快適環境の創造に関する事項
 公害健康被害救済に関する事項
 公害紛争の処理に関する事項以上の各事項につきまして、その実情を調査し、対策を樹立するため、関係各方面からの説明聴取及び資料の要求等の方法により、本会期中調査を進めたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○阿部委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
     ――――◇―――――
#8
○阿部委員長 次に、先般環境庁長官に就任されました大島理森さん及び環境政務次官に就任されました狩野安さんより発言を求められておりますので、これを許します。大島環境庁長官。
#9
○大島国務大臣 大島理森でございます。何とぞよろしくお願い申し上げます。
 就任以来、全力を尽くして、まず水俣問題に取り組まさせていただいてまいりました。去る九月二十八日、水俣病問題に関する最終的な解決案を関係者に提示することができましたことにつきまして、関係者の皆様方の御尽力に感謝を申し上げたいと思いますのできる限り早く最終的かつ全面的な決着を図るべく、引き続き努力を傾けてまいります。
 さて、今日の環境問題は、その影響が地球規模に、そして将来の世代に及ぶ非常に重要な問題となってきており、世界全体が協調して取り組まなければならない喫緊の課題と認識しております。
 このため、昨年制定されました環境基本計画、その哲学は参加、共生、循環、貢献、その内容の実現を図るため、以下に述べる諸点に重点を置いて、環境政策の積極的な展開を図ってまいりたいと思っております。
 第一に、国民、事業者等あらゆる皆様方が、公平な役割分担のもと、環境保全に関する行動に自主的かつ積極的に参加すること等を通じ、基本計画の理念の実現が図られるよう努力してまいります。
 第二に、地球的規模の環境問題につきまして、我が国が国際社会において占める地位にふさわしいイニシアチブを発揮していくため、中長期的な温暖化対策の戦略の策定、途上国における環境保全対策への支援体制の強化等を図ってまいります。
 第三に、自然と人間との共生の実現に向けて、自然との触れ合いの場と機会の確保を、総合的なビジョンの構築を図りつつ計画的に進めるとともに、生物多様性の保全につきまして、国家戦略の早期策定と各種施策の推進を図ってまいります。
 第四に、国民の身近な生活環境の保全、形成を図るため、人の健康への影響が懸念される未規制の有害化学物質に関する対策や地下水浄化対策の制度化の検討等、大気・水環境の保全、形成のための各種施策の推進に積極的に取り組んでまいります。
 私といたしましては、環境への負荷の少ない持続可能な社会の構築に向け、以上述べさせていただいた諸点を中心に、全力を挙げて取り組んでまいる所存でありますので、委員長を初め皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#10
○阿部委員長 次に、狩野環境政務次官。
#11
○狩野政府委員 去る八月十日に環境政務次官を拝命いたしました狩野安でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 私が申すまでもなく、環境行政は、国民の健康を守り、良好で快適な生活環境を確保するとともに、豊かな自然環境を保全し、さらにかけがえのない地球の環境を保全するという重大な使命を有しております。
 私は、こうした責務を深く認識いたしまして、大島大臣を補佐し、環境行政の推進に全力を傾注したいと考えております。
 委員長を初め委員各位の御指導、御鞭撻を心からお願いを申し上げまして、私のあいさつといたします。よろしくお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)
#12
○阿部委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト