くにさくロゴ
1995/10/17 第134回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第134回国会 科学技術委員会 第1号
姉妹サイト
 
1995/10/17 第134回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第134回国会 科学技術委員会 第1号

#1
第134回国会 科学技術委員会 第1号
本国会召集日(平成七年九月二十九日)(金曜日
)(午前零時現在)における本委員は、次のとお
りである。
  委員長 野呂 昭彦君
   理事 臼井日出男君 理事 栗本慎一郎君
   理事 原田昇左右君 理事 上田 晃弘君
   理事 上田 清司君 理事 笹木 竜三君
   理事 今村  修君 理事 渡海紀三朗君
      甘利  明君    小野 晋也君
      小渕 恵三君    塚原 俊平君
      林  義郎君    松永  光君
      宮下 創平君    近江巳記夫君
      斉藤 鉄夫君    鮫島 宗明君
      藤村  修君    沢藤礼次郎君
      松前  仰君    吉井 英勝君
      大谷 忠雄君
    ―――――――――――――
平成七年十月十七日(火曜日)
    午後零時四十五分開議
出席委員
  委員長 野呂 昭彦君
   理事 臼井日出男君 理事 栗本慎一郎君
   理事 原田昇左右君 理事 上田 晃弘君
   理事 上田 清司君 理事 笹木 竜三君
   理事 今村  修君 理事 渡海紀三朗君
      岸田 文雄君    塚原 俊平君
      萩山 教嚴君    林  義郎君
      近江巳記夫君    斉藤 鉄夫君
      鮫島 宗明君    藤村  修君
      沢藤礼次郎君    松前  仰君
      吉井 英勝君    大谷 忠雄君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (科学技術庁長
        宮)      浦野 烋興君
 出席政府委員
        科学技術政務次
        官       佐藤 静雄君
        科学技術庁長官
        官房長     石井 敏弘君
        科学技術庁長官
        官房審議官   青江  茂君
        科学技術庁科学
        技術政策局長  落合 俊雄君
        科学技術庁科学
        技術振興局長  工藤 尚武君
        科学技術庁研究
        開発局長    加藤 康宏君
        科学技術庁原子
        力局長     岡崎 俊雄君
        科学技術庁原子
        力安全局長   宮林 正恭君
 委員外の出席者
        科学技術庁長官
        官房総務課長  大熊 健司君
        科学技術庁長官
        官房会計課長  今村  努君
        科学技術委員会
        調査室長    吉村 晴光君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二日
 辞任          補欠選任
  甘利  明君      萩山 教嚴君
同月五日
 辞任          補欠選任
  吉井 英勝君      不破 哲三君
同月十三日
 辞任          補欠選任
  小野 晋也君      中尾 栄一君
  萩山 教嚴君      小泉純一郎君
  藤村  修君      広野ただし君
  不破 哲三君      吉井 英勝君
同日
 辞任          補欠選任
  小泉純一郎君      萩山 教嚴君
  中尾 栄一君      小野 晋也君
  広野ただし君      藤村  修君
同月十七日
 辞任          補欠選任
  小野 晋也君      岸田 文雄君
同日
 辞任          補欠選任
  岸田 文雄君      小野 晋也君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○野呂委員長 これより会議を開きます。
 国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 科学技術振興の基本施策に関する事項
 原子力の開発利用とその安全確保に関する事項
 宇宙開発に関する事項
 海洋開発に関する事項
 生命科学に関する事項
 新エネルギーの研究開発に関する事項以上の各事項につきまして、本会期中調査をいたしたいと存じます。
 つきましては、衆議院規則第九十四条により、議長の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○野呂委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#4
○野呂委員長 この際、浦野国務大臣及び佐藤科学技術政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。浦野国務大臣。
#5
○浦野国務大臣 浦野でございます。
 就任をいたしましてから七十日に相なりますけれども、いまだお世話に相なっております科学技術委員会の先生方にごあいさつを申し上げておりません。この機会を利用して、一言ごあいさつを申し上げさせていただきます。
 科学技術は、一国の将来を支える知的資産であり、また、文化的で豊かな国民生活と高度な産業活動を生み出す基盤を構成するものであります。これは、戦後五十年を通じて、科学技術が我が国の経済成長に大きな役割を果たし、国民生活の豊かさの原動力になったことを見ても明らかであります。
 とりわけ、先進国経済が成熟し、また途上国の目覚ましい追い上げが見られるような厳しい国際環境にある現在、天然資源に乏しい我が国が二十一世紀にふさわしい創造性あふれた経済社会をつくっていくためには、唯一の資源である人間の頭脳、英知を最大限に活用することが最も適切な方法でございます。
 このため、私は、科学技術による国際社会への積極的な貢献を念頭に置きながら、科学技術創造立国を目指して、科学技術の振興に積極的に取り組んでまいる所存でございます。
 以下、科学技術政策上の諸課題について、具体的に申し上げたいと存じます。
 我が国の科学技術の水準は、今や欧米諸国に比肩し得るものとなり、一部では世界をリードするまでに発展しました。しかし、独創的な基礎研究の分野では、いまだ十分とは言えません。長期的視点に立った基礎研究の実施は、民間企業には期待しにくいところであり、特に最近の厳しい経済情勢のもとでは、政府が果たすべき役割は極めて大きくなっていると言えます。
 このため、国立試験研究機関等における研究を抜本的に強化するなど、独創的な基礎研究の充実強化に一層努めてまいります。
 科学技術の振興、特に独創的な基礎研究の推進においては、斬新な発想を有する若手研究者に依存するところが大であり、優秀な研究者を養成するよう環境を整えていくことが重要であります。このため、若手研究者を積極的に支援、活用し、研究機会を十分確保するための施策を強化してまいります。
 また、若者の科学技術離れ対策を進めるとともに、国民が科学技術により親しむ各種機会の提供に努めてまいります。
 人間が個人として、また社会の一員として安心して暮らせる潤いのある豊かな社会をつくるため、国民生活に密着した科学技術の推進が必要でございます。とりわけ、阪神・淡路大震災の例を挙げるまでもなく、地震国である我が国にとって、地震防災対策は極めて重要な課題であります。
 先般の大震災の経験を踏まえ成立した地震防災対策特別措置法に基づき、科学技術庁長官を本部長とする地震調査研究推進本部が新たに発足いたしました。私は、この推進本部のもとで、関係省庁と連携を図りつつ、地震に関する調査研究の推進、総合的評価及びそれらに基づく適時的確な広報などを一元的に進め、地震防災対策の強化を図ってまいります。
 科学技術全般の基礎となる知見を与え、また、多くの分野の科学技術を先導していくため、物質、生命等の基本的な要素を対象とする科学技術や、宇宙、海洋等のフロンティアを対象とする科学技術といった先端的な科学技術を進めてまいります。
 宇宙開発は、地球環境問題の解決、質の高い豊かな生活の実現等に貢献するとともに、我が国の将来を担う青少年に対して明るい未来への夢を与えるものであり、これに積極的に取り組んでまいります。来年初頭には、毛利、向井宇宙飛行士に続き、若田飛行士のスペースシャトルヘの搭乗が予定されております。
 最後に、原子力については、既に総発電電力量の約三割を賄い、我が国の重要なエネルギーとなっております。私は、原子力開発利用長期計画に従って、安全確保と平和利用を大前提に、情報の公開、透明性の向上に努めつつ、国民の理解を得ながら、核燃料リサイクルの着実な展開、高レベル放射性廃棄物処分対策を初めとするバックエンド対策等に積極的に取り組んでまいります。
 なお、新型転換炉実証炉建設計画については、見直しが行われましたが、核燃料リサイクル政策の基本を堅持することは改めて確認されたところでございます。
 また、阪神・淡路大震災以後、原子力安全委員会において原子力施設の耐震設計に関する指針類の妥当性等について鋭意検討が行われてまいりました。その結果、同地震を踏まえても、それらの妥当性は損なわれるものではないとの結論が得られたところでございますけれども、原子力の安全確保のため、引き続きなお一層の努力を図っていくことが肝要と考えております。
 さらに、私は、先月、政府代表として国際原子力機関の第三十九回通常総会に出席し、核不拡散に重点を置いた主張を行いました。特に、核実験の実施については、極めて遺憾であるとし、その停止を強く求めたところでございます。今後とも、核実験の停止に向けて、粘り強く働きかけてまいります。
 以上、科学技術振興に対する基本認識と当面する科学技術政策上の諸課題について、御説明させていただきました。
 委員長初め、委員各位の御指導と御協力を心からお願いを申し上げ、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)
#6
○野呂委員長 佐藤科学技術政務次官。
#7
○佐藤(静)政府委員 政務次官を拝命いたしました佐藤静雄であります。一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま大臣のあいさつにもございましたように、科学技術の振興は、我が国が発展し、二十一世紀の豊かな生活を実現するために非常に重要なものであるというふうに考えております。
 委員長初め、委員の皆様方の御教導、御鞭撻を賜りまして、誠心誠意大臣を補佐し、科学技術創造立国の実現のために取り組んでまいりたいというふうに考えておりますので、何とぞよろしく御教導のほどをお願い申し上げます。(拍手)
#8
○野呂委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時五十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト