くにさくロゴ
1995/10/11 第134回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第134回国会 商工委員会 第1号
姉妹サイト
 
1995/10/11 第134回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第134回国会 商工委員会 第1号

#1
第134回国会 商工委員会 第1号
本国会召集日(平成七年九月二十九日)(金曜日
)(午前零時現在)における本委員は、次のとお
りである。
  委員長 白川 勝彦君
   理事 逢沢 一郎君 理事 甘利  明君
   理事 額賀福志郎君 理事 河合 正智君
   理事 古賀 正浩君 理事 増子 輝彦君
      小川  元君    小此木八郎君
      奥田 幹生君    梶山 静六君
      亀井 静香君    熊代 昭彦君
      田原  隆君    谷川 和穗君
      中尾 栄一君    中島洋次郎君
      丹羽 雄哉君    野田 聖子君
      野田  実君    青山  丘君
      小池百合子君    笹川  堯君
      武山百合子君    土田 龍司君
      豊田潤多郎君    西川太一郎君
      星野 行男君    山田 英介君
      吉田  治君    石井  智君
      北沢 清功君    小林  守君
      松本  龍君    渡辺 嘉藏君
      玄葉光一郎君    吉井 英勝君
      後藤  茂君    牧野 聖修君
      山口 敏夫君
    ―――――――――――――
九月二十九日
 白川勝彦君委員長辞任につき、その補欠として
 甘利明君が議院において、委員長に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成七年十月十一日(水曜日)
    午後零時四十三分開議
出席委員
  委員長 甘利  明君
   理事 逢沢 一郎君 理事 自見庄三郎君
   理事 中島洋次郎君 理事 河合 正智君
   理事 古賀 正浩君 理事 増子 輝彦君
   理事 小林  守君 理事 玄葉光一郎君
      小川  元君    小此木八郎君
      岸田 文雄君    熊代 昭彦君
      野田 聖子君    野田  実君
      小池百合子君    武山百合子君
      豊田潤多郎君    西川太一郎君
      星野 行男君    石井  智君
      松本  龍君    吉井 英勝君
      牧野 聖修君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (経済企画庁長
        官)      宮崎  勇君
 出席政府委員
        経済企画政務次
        官       村田 吉隆君
        経済企画庁長官
        官房長     竹島 一彦君
        経済企画庁調整
        局長      糠谷 真平君
        通商産業大臣官
        房長      中川 勝弘君
        通商産業大臣官
        房総務審議官  白川  進君
        通商産業大臣官
        房審議官    作田 頴治君
        通商産業大臣官
        房審議官    石丸 雍二君
        中小企業庁長官 新  欣樹君
        中小企業庁次長 鴇田 勝彦君
        中小企業庁計画
        部長      藤島 安之君
 委員外の出席者
        商工委員会調査
        室長      石黒 正大君
    ―――――――――――――
委員の異動
十月二日
 辞任         補欠選任
  奥田 幹生君     尾身 幸次君
  白川 勝彦君     岸田 文雄君
  中尾 栄一君     自見庄三郎君
同月十一日
 理事大畠章宏君八月十日委員辞任につき、その
 補欠として小林守君が理事に当選した。
同日
 理事鳩山由紀夫君九月二十八日委員辞任につ
 き、その補欠として玄葉光一郎君が理事に当選
 した。
同日
 理事甘利明君九月二十九日委員長就任につき、
 その補欠として自見庄三郎君が理事に当選し
 た。
同日
 理事額賀福志郎君同日理事辞任につき、その補
 欠として中島洋次郎君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
十月十一日
 新たな事業活動の促進のための関係法律の整備
 に関する法律案(内閣提出第四号)
 繊維産業構造改善臨時措置法の一部を改正する
 法律案(内閣提出第五号)
 中小企業信用保険法の一部を改正する法律案
 (内閣提出第六号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 国政調査承認要求に関する件
     ――――◇―――――
#2
○甘利委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 このたび、商工委員長に選任をされました甘利明でございます。まことに光栄に存じでおります。(拍手)
 御承知のとおり、我が国を取り巻く経済及び産業の諸情勢は、依然として厳しい状況にあります。緊急の課題であります景気対策を初めといたしまして、中小企業対策、エネルギー環境問題対策、さらには経済権造改革の推進。国際社会への貢献など、解決すべき問題は山積をしております。
 このときに当たり、これらの諸問題に対し適切な施策を推進し、国民生活の安定と向上を図るため、本委員会に課せられました責務はまことに重大であると存じます。
 微力ではありますが、理事並びに委員各位の御指導と御協力を賜りましで、公正かつ円満なる委員会運営に努めでまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○甘利委員長 この際、理事辞任の件についてお諮りをいたします。
 理事額賀福志郎君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○甘利委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
 引き続き、理事の補欠選任の件についでお諮りをいたします。
 ただいまの理事辞任による欠員のほか、委員の異動による欠員二名並びに私の委員長就任に伴います欠員一名、計四名の理事が現在欠員となっております。この際、その補欠選任を行いたいと存
じますが、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○甘利委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      自見庄三郎君    中島洋次郎君
      小林  守君 及び 玄葉光一郎君
を指名をいたします。
     ――――◇―――――
#6
○甘利委員長 次に、国政調査承認要求に関する件についてお諮りをいたします。
 通商産業の基本施策に関する事項
 中小企業に関する事項
 資源エネルギーに関する事項
 特許及び工業技術に関する事項
 経済の計画及び総合調整に関する事項
 私的独占の禁止及び公正取引に関する事項
 鉱業と一般公益との調整等に関する事項
以上の各事項につきまして、議長に対し、国政調査の承認を求めたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○甘利委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
     ――――◇―――――
#8
○甘利委員長 この際、新たに就任をされました宮崎経済企画庁長官及び村田経済企画政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。宮崎経済企画庁長官。
#9
○宮崎国務大臣 このたび経済企画庁長官に就任いたしました宮崎勇であります。どうぞよろしくお願いいたします。
 当委員会が開催されるに当たりまして、今後の経済運営の基本的考え方について、簡単に申し述べたいと思います。
 現下の経済運営の喫緊の課題は、景気の先行きに対する不透明感を払拭し、一日も早く景気回復を確実にすることであります。
 最近の我が国の景気は、足踏み状態が長く続く中で弱含みに推移し、特に雇用面や中小企業分野では厳しい状況が続いております。政府は、四月の緊急円高・経済対策以降、各般の対策を講じてきたところでありますが、為替や株式市場に明るい兆候が見えるようになってきた今こそ、新たに効果的な景気対策を打つべきと考え、去る九月二十日に、史上最大の総額十四兆円を超える経済対策を決定いたしました。
 この対策においては、第一に、公共投資等において十二兆八千億円に及ぶ史上最大の事業規模を確保するなどの思い切った内需拡大、第二に、土地の有効利国策や証券市場の活性化策等の直面する課題の克服策、第三に、研究開発・情報化の促進、新規事業育成策等を内容とする経済構造改革の一層の推進という三点に重点を置いております。
 政府といたしましては、今後とも、本対策の着実な実施と機動的な経済運営を行っていくことにより、景気の回復を確実にするとともに、中長期的にも我が国経済の持続的発展を確保してまいる所存であります。
 特に、中長期的な展望を開くためには、我が国経済社会が直面している構造的な諸課題を克服することが必要であり、そのため、第一に、規制緩和の推進や社会資本整備等による高コスト構造の是正と新産業の創出、第二に、福祉・雇用政策等による生活面での不安解消、第三に、経常収支黒字の縮小と制度・仕組みの国際的調和等の構造調整を進めることにより、経済社会システムの変革を進めていかなければなりません。現在、経済審議会に、二十一世紀に向けて新たな経済計画の策定をお願いしでいるところであり、自由で活力があり、国民が豊かに安心して暮らせるとともに、国内外に開かれた経済社会の創造に努めてまいります。
 我が国経済の高コスト構造のあらわれであり、豊かな国民生活実現の妨げとなっている内外価格差問題に関しましては、個別分野ごとに内外価格差の実態調査を毎年一斉に行い、その要因を明らかにするとともに、競争環境の整備や輸入拡大に向け、実態に即した具体的な対応を進めてまいります。また、公共料金につきましては、今後とも公共料金の取扱いに関する基本方針に基づき、個別案件ごとに厳正に対処しでまいります。
 ボランティア活動の促進につきましては、本年二月に関係省庁連絡会議を設置し、法的整備などの必要性を含め、ボランティア活動の環境整備のあり方について鋭意検討しており、その結果を十月中にも取りまとめたいと考えております。
 今後とも消費者の保護、支援に積極的に取り組んでまいりますが、特に、皆様方の御尽力を得て昨年成立いたしました製造物責任法が本年七月に施行となったところであり、原因究明体制の充実強化、裁判外紛争処理体制の整備、事故情報の収集・提供の充実強化など、関連する諸施策を一体的に講じてまいります。
 最後に、対外経済面の課題についで申し上げます。
 我が国の経常収支黒字は縮小傾向にありますが、諸外国の市場アクセスの一層の改善を求める声には依然として根強いものがあります。経済企画庁は、OTOや対日投資会議の活動を通じ、市場アクセスの一層の改善、外資参入環境の整備などの施策を推進しでまいります。また、途上国援助につきましては、我が国の経済的地位にふさわしい国際貢献を進めてまいります。
 以上、経済運営の基本的考え方についてお話し申し上げました。景気の回復を確実なものとし、二十一世紀に向けて我が国経済社会の展望を切り開くため、微力ながら全力を尽くしてまいります。今後とも本委員会の先生の皆さん方の御指導、御鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。
 ありがとうございました。(拍手)
#10
○甘利委員長 続いて、村田経済企画政務次官。
#11
○村田政府委員 このたび経済企画政務次官に就任いたしました村田吉隆でございます。宮崎長官を補佐いたしまして、景気の回復を確実なものとし、二十一世紀に向けて我が国経済社会の展望を切り開くため、誠心誠意努力する所存でございます。
 本委員会の皆さん方の御支援、御鞭撻のほど心からよろしくお願いいたします。(拍手)
#12
○甘利委員長 次回は、公報をもっでお知らせすることとし、本日は、これにて散会をいたします。
    午後零時五十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト