くにさくロゴ
1995/02/17 第132回国会 参議院 参議院会議録情報 第132回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
1995/02/17 第132回国会 参議院

参議院会議録情報 第132回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号

#1
第132回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号
平成七年二月十七日(金曜日)
   正午開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         坪井 一宇君
    理 事
                大浜 方栄君
                木宮 和彦君
                肥田美代子君
                星野 朋市君
    委 員
                伊江 朝雄君
                柳川 覺治君
                糸久八重子君
                庄司  中君
                菅野 久光君
                渕上 貞雄君
                風間  昶君
                吉田 之久君
                池田  治君
                武田邦太郎君
                市川 正一君
                三石 久江君
                島袋 宗康君
   国務大臣
       外 務 大 臣  河野 洋平君
       国 務 大 臣
       (総務庁長官)  山口 鶴男君
       国 務 大 臣
       (沖縄開発庁長
       官)       小澤  潔君
   政府委員
       沖縄開発庁総務
       局長       嘉手川 勇君
       沖縄開発庁振興
       局長       瀧川 哲男君
       外務省北米局長  時野谷 敦君
       外務省欧亜局長  野村 一成君
   事務局側
       第一特別調査室
       長        志村 昌俊君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する
 調査
 (平成七年度沖縄及び北方問題に関しての施策
 に関する件)
 (派遣委員の報告)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(坪井一宇君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。
 去る一月十七日に発生いたしました阪神・淡路大震災により多数のとうとい人命を失いましたことはまことに痛ましい限りでございます。犠牲者の方々に心から弔意を表します。
 ここに、犠牲者の御冥福を祈り、黙祷をささげたいと思います。
 御起立を願います。黙祷を願います。
   〔総員起立、黙祷〕
#3
○委員長(坪井一宇君) 黙祷を終わります。御着席願います。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(坪井一宇君) 沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査を議題といたします。
 平成七年度沖縄及び北方問題に関しての施策について、関係大臣から所信をお聞きしたいと思います。
 まず、山口総務庁長官から所信をお聞きしたいと思います。山口総務庁長官。
#5
○国務大臣(山口鶴男君) 沖縄及び北方問題に関する特別委員会の開催に当たり、北方領土問題につきまして所信の一端を申し述べたいと存じます。
 初めに、関西地方を襲いました阪神・淡路大震災により亡くなられた方々とその御遺族に対し深く哀悼の意を表し、また、負傷された方々や避難生活を続けておられる方々に心からお見舞いを申し上げます。
 さて、我が国固有の領土である北方領土は、戦後半世紀を迎えようとする今日なおロシアの不法な占拠のもとに置かれております。このことはまことに遺憾でありますが、国民の総意に基づいて北方領土問題を一日も早く解決することが重要であると強く認識をいたしております。
 平成五年十月のエリツィン・ロシア大統領の来日の際に合意された東京宣言によりまして、両国間の最大の懸案である北方領土問題を歴史的、法的事実に立脚し、両国の間で合意の工作成された諸文書及び法と正義の原則を基礎として解決するという明確な交渉基盤が確立されました。また、昨年十一月には、サスコベッツ・ロシア第一副首相が来日し、村山内閣総理大臣を初め関係閣僚と会談を行い、東京宣言に依拠しつつ、日ロ両国が平和条約の早期締結に向けてさらに一貫して前進していくことを確認いたしております。
 しかしながら、現在のロシアは改革に伴う多くの諸問題に直面しており、北方領土返還を実現するまでには多くの困難な局面が予想されます。ロシアとの厳しい外交交渉を支えるためにも、引き続き国民世論の結集が不可欠であります。
 私自身、昨年の十月、根室を訪れ、納沙布岬及び海上保安庁の巡視船から北方領土を直接この目で見るとともに、元島民の皆様を初め地元の方々にお会いをし、率直な御意見を伺ってまいりました。そのときお伺いした厳しい実情や関係者の皆様の切なる願いを深く心に刻み、北方領土問題の解決に向けて今後とも一層の努力を傾注していく所存であります。
 総務庁といたしましては、国民世論の一層の高揚を図るべく広報啓発活動をさらに推し進めるとともに、北方四島との交流事業の一層の充実に努めてまいります。また、関係団体との連携を密にしながら、返還要求運動が円滑かつ効果的に実施されるよう積極的に支援してまいりたいと考えております。
 北方対策本部長といたしまして、与えられた職員の重さを痛感し、誠心誠意職務の遂行に当たる所存でございますので、委員長を初め理事、委員の皆様方の御理解と御協力をお願い申し上げる次第でございます。よろしくお願いをいたします。
#6
○委員長(坪井一宇君) 以上で山口総務庁長官の所信表明は終わりました。
 どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 次に、河野外務大臣から所信をお聞きしたいと思います。河野外務大臣。
#7
○国務大臣(河野洋平君) 坪井委員長初め沖縄及び北方問題に関する特別委員会委員の皆様の御指導を引き続きお願い申し上げますとともに、あわせて所信の一端を申し述べたいと思います。
 右に先立ちまして、ちょうど一カ月前、一月十七日に起きました兵庫県南部地震で犠牲になられた方々とその御遺族に対し謹んでお悔やみを申し上げるとともに、負傷された方々及び被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。また、諸外国からも多くのお見舞いと支援の申し出をいただいていることを御報告申し上げ、あわせてこれらの国々に謝意を表したいと存じます。
 まず、北方領土問題について申し述べます。
 第二次大戦が終了して後、半世紀近くが経過した今日に至っても北方領土問題がなお未解決であることは、まことに遺憾なことであります。北方領土問題を解決し、平和条約を締結して日ロ関係の完全な正常化を達成することは、日ロ二国間のみならずアジア・太平洋の平和と安定のためにも極めて重要であり、私はこのため最善の努力を払う所存であります。
 一昨年十月のエリツィン大統領の訪日により今後の関係進展のための新たな基礎が築かれ、その成果は日ロ両国首脳の署名した東京宣言に結実しております。その後も、種々のレベルを通じ、日ロ間の対話と交流はその幅を広げるとともに、東京宣言を基礎として領土問題を含め両国関係をさらに進めていくことが確認されております。さらに、昨年十一月にはサスコベッツ第一副首相が訪日し、東京宣言、なかんずく第二項に依拠しつつ、平和条約の早期締結のためさらに一貫して前進していく両国の意図が改めて確認されたところであります。
 他方、ロシア情勢はチェチェン問題もあり先行き不透明感を増していますが、政府としては、ロシアの改革が後退することなく継続されるよう、ロシア政府が努力することを強く希望しております。ロシアの改革の成功は国際社会の利益にかなうものであり、また北方領土問題の解決にとっても好ましいものであります。
 このような考え方に立ちまして、私は、日ロ間の政治対話を一層促進し、両国にふさわしい協力関係の展望が開かれるよう全力を尽くす所存であります。
 次に、沖縄に関する事項について申し述べます。
 東西冷戦は終了したものの、今日の国際社会は依然として種々の不安定要因を内包しております。このような国際情勢の中にあって、日米安保体制は、我が国が安全を確保していくために必要な抑止力を提供するとともに、国際社会における広範な日米間の協力関係に安定した政治的基盤を与えております。また、この体制はアジア・太平洋地域の安定要因としての米国の存在を確保する上でも不可欠の手段となっております。
 政府といたしましては、このような意義と重要性を有する日米安保体制を堅持し、その円滑な運用と信頼性の向上のために、引き続きできる限りの努力を払っていく所存であります。
 他方、沖縄におきましては米軍施設・区域の密度が高く、その整理統合や公共の安全の確保について沖縄県民の方々から強い要望があります。整理統合の問題については、さきの日米首脳会談において話し合われたところでもあり、総理よりは、私に対しても鋭意努力するよう御指示があったところであります。
 政府としては、安保条約の目的達成と地域住民の要望との調和を図りつつ、地元の御協力も得ながら、基地の整理統合の促進を初めとして沖縄における諸問題の解決のため、格段の努力を払っていく考えであります。
 私もその任務を全うすべく全力を尽くす決意でありますので、本委員会の皆様の御指導と御協力を賜りますよう心からお願い申し上げます。
#8
○委員長(坪井一宇君) 以上で河野外務大臣の所信表明は終わりました。
 どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 次に、小澤沖縄開発庁長官から所信をお聞きしたいと思います。小澤沖縄開発庁長官。
#9
○国務大臣(小澤潔君) このたび沖縄開発庁長官を拝命いたしました小澤潔でございます。
 坪井委員長を初め委員各位の御指導と御鞭撻をお願い申し上げます。
 沖縄開発庁長官として所信の一端を申し上げる前に、今回の阪神・淡路大震災によりお亡くなりになられた方々そしてその遺族の方々に対し謹んで哀悼の意を表しますとともに、負傷されました方々及び被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
 さて、多難な道を歩んできた沖縄が復帰して以来、県民の皆様のたゆまざる努力とともに沖縄の振興開発のための諸施策が講じられ、その結果、社会資本の整備は大きく前進し、本土との格差は次第に縮小されるなど、沖縄の経済社会は総体として着実に発展してまいりました。
 しかしながら、御承知のとおり、沖縄はさきの大戦で焦土と化し、また、戦後も二十七年間にわたり施政権が分離され、さらに、現在もなお広大な米軍施設・区域が存在するなど、種々の要因により、沖縄においては今なお生活、産業基盤の面で整備を要するものが多く見られるとともに、全国との所得格差の存在、産業振興のおくれ、雇用の問題など多くの課題を抱えております。
 このため、沖縄開発庁といたしましては、引き続き、第三次沖縄振興開発計画に基づき、各方面にわたる本土との格差を是正し、自立的発展の基礎条件を整備するとともに、沖縄の特性を積極的に生かした特色ある地域として整備を図り、平和で活力に満ち潤いのある沖縄の実現に向けて諸施策を推進することといたしております。
 このような考えに基づき、第三次沖縄振興開発計画の四年度目に当たる平成七年度予算につきましては、総額三千百四十一億円、その大部分を占める沖縄振興開発事業費は、公共事業関係費を中心に、対前年度五・六%増の二千九百二十六億円を計上するとともに、厚生年金特例納付に係る沖縄県の利子補給事業に対し国が助成を行うこととするなど、新しい時代に向けた諸施策の積極的な展開に十分配慮したところであります。
 私は、これまで数回沖縄を訪問したことがあり、首里城に象徴される独自の伝統文化や貴重な動植物をはぐくむ豊かな自然に触れるとともに、沖縄の未来への可能性を感じてまいりました。私は、沖縄を担当する大臣として、今後とも、沖縄の実情、沖縄県民の意向を十分に踏まえ、県民と一体となって沖縄の振興開発に積極的に取り組んでまいる所存であります。
 坪井委員長を初め委員の皆様方の一層の御理解と御協力をお願い申し上げまして、私の所信といたします。
#10
○委員長(坪井一宇君) 以上で小澤沖縄開発庁長官の所信表明は終わりました。
 どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 本件に対する質疑は後日に譲ることといたします。
    ―――――――――――――
#11
○委員長(坪井一宇君) 次に、先般当委員会が行いました委員派遣につきまして、派遣委員の報告をお聞きしたいと思います。木宮和彦君。
#12
○木宮和彦君 第百三十一回国会閉会中の十二月十四日から十六日までの三日間、坪井委員長、肥田理事、池田理事、風間委員、島袋委員、三石委員及び私、木宮の七名は、北方領土及び隣接地域の諸問題等に関する実情調査のため北海道に派遣されました。
 以下、その調査の概要について、日程に沿って御報告いたします。
 第一日目は、まず、中標津空港より根室市に向かう途中、昨年十月四日の北海道東方沖地震被害の概要説明を聴取するとともに、被害箇所の一つであります別海町尾岱沼漁港に立ち寄り、地震で亀裂が生じ使用不可能となった中央埠頭を視察し、野付漁業協同組合の代表者から地震による被害状況を聴取し、要望を受けました。続いて別海町酪農工場を視察いたしました。
 次いで、根室市内において、根室海上保安部から根室海峡など北方海域の概況及び北方四島周辺海域の安全操業問題に関連して最近のロシア国境警備隊の動向について説明を聴取し、意見交換を行いました。続きまして、北方領土隣接の一市四可及び北方関係団体の各代表から、それぞれ概況説明を聴取するとともに、北海道東方沖地震の災害復旧、北方四島周辺水域における安全操業、北方領土対策及び北方地域旧漁業権補償措置等について要望を受け、意見交換を行いました。
 第二日目には、早朝より納沙布岬を訪れ、寒風吹きすさぶ厳しい寒さの折でありましたが、幸い天候に恵まれ、間近に貝殻島、はるかに国後島等を望むことができ、また、北方館を視察いたしました。
 次いで、中標津空港より空路、札幌に赴き、北海道庁において、北海道、北海道議会、北方関係団体の各代表者から、要望及び概況説明を受けた後、意見交換を行いました。
 第三日目には、陸上自衛隊北部方面総監部を訪問し、極東ロシア軍の現況及び活動状況を含む北海道情勢並びに陸上自衛隊北部方面隊の概況について説明を聴取し、意見交換を行いました。
 今回の委員派遣において地元からいただいた要望の主なものは、北海道東方沖地震被害の激甚災害指定を初めとする災害復旧事業に対する財源措置、内閣総理大臣の北方領土現地視察、北方領土早期返還に向けての外交交渉の推進、国民世論の啓発及び国際世論の喚起、北方地域旧漁業権に対する補償措置の実現、北方領土問題対策協会融資事業の対象範囲と融資枠の拡大、北方四島との交流事業推進のための支援措置の充実強化、北方領土墓参の継続実施と地域の拡大、北方四島周辺水域における安全操業の早期実現など日ロ漁業関係の発展に向けての積極的対応、北方領土教育の全国的推進などであります。
 このような多岐にわたる地元の要望を早期実現することは容易ではないと存じますが、当委員会といたしましても、引き続き今後の審議等を通じて問題解決の道を鋭意模索するとともに、実施可能なものから順次対策を進めることが肝要であります。
 今回の委員派遣に際しては、訪問先の関係各位の多大な御協力をいただき、有意義な実情調査を行うことができました。ここに、お世話になった関係各位に対し厚く御礼を申し上げます。
 なお、調査の詳細につきましては、委員長のもとに文書による報告書を提出しておりますので、これを本日の会議録に掲載されますようお取り計らい願いたいと思います。
 以上でございます。
#13
○委員長(坪井一宇君) ありがとうございました。
 ただいまの報告につきまして、別途、詳細にわたる報告書が提出されておりますので、これを本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#14
○委員長(坪井一宇君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時十九分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト