くにさくロゴ
1995/06/07 第132回国会 参議院 参議院会議録情報 第132回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号
姉妹サイト
 
1995/06/07 第132回国会 参議院

参議院会議録情報 第132回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号

#1
第132回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第7号
平成七年六月七日(水曜日)
   午後二時十一分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         坪井 一宇君
    理 事
                大浜 方栄君
                木宮 和彦君
                肥田美代子君
                星野 朋市君
    委 員
                伊江 朝雄君
                北  修二君
                柳川 覺治君
                糸久八重子君
                庄司  中君
                渕上 貞雄君
                風間  昶君
                武田邦太郎君
                市川 正一君
                中尾 則幸君
                島袋 宗康君
   国務大臣
       外 務 大 臣  河野 洋平君
   政府委員
       外務省アジア局
       長        川島  裕君
       外務省欧亜局長  野村 一成君
   事務局側
       第一特別調査室
       長        志村 昌俊君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する
 調査
 (北方領土問題の解決促進に関する決議の件)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(坪井一宇君) ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。
 沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査のうち、北方領土問題の解決促進に関する件を議題といたします。
 この際、便宜私から、自由民主党、日本社会党・護憲民主連合、平成会、新緑風会、日本共産党、新党・護憲リベラル・市民連合及び二院クラブの各派共同提案による北方領土問題の解決促進に関する決議案を提出いたします。
 案文を朗読いたします。
    北方領土問題の解決促進に関する決議
    (案)
 本年は、戦後五十年の節目の年に当たる。しかるに、今日なお、我が国固有の領土である歯舞、色丹及び国後、択捉等の北方領土の返還が実現せず、日露両国間に平和条約が締結されていないことは誠に遺憾である。
 北方領土問題の解決を求める国民の総意に思いを致し、「東京宣言」を基盤とした領土返還交渉の促進、日露関係全般の均衡のとれた形での拡大、北方四島交流等の推進による両国民の相互理解の増進等の更なる努力を通じて、両国関係の完全な正常化が実現されなければならない。
 政府は、戦後半世紀を経ようとする今日、国民の悲願にこたえ、決意を新たにして、北方領土問題に関する我が国の基本方針に基づき、北方領土問題を解決して、平和条約を締結し、日露間に真の安定的な平和友好関係を確立するよう、全力を傾注すべきである。
 右決議する。
以上であります。
 何とぞ委員各位の御賛同をお願いいたします。(拍手)
 それでは、これより本決議案の採決を行います。
 本決議案を本委員会の決議とすることに賛成の方の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#3
○委員長(坪井一宇君) 全会一致と認めます。よって、本決議案は全会一致をもって本委員会の決議とすることに決定いたしました。
 ただいまの決議に対し、河野外務大臣から発言を求められておりますので、これを許します。河野外務大臣。
#4
○国務大臣(河野洋平君) ただいまの御決議に対しまして所信を申し述べます。
 政府といたしましても、我が国固有の領土である北方領土が戦後半世紀を経ようとする今日なお返還されていないことを遺憾とするものであり、ただいま採択された御決議の趣旨を十分に体しまして、北方領土問題の解決と日ロ平和条約の締結のため、東京宣言を基礎としつつロシアとの交渉に一層の努力を傾注する所存であります。
#5
○委員長(坪井一宇君) 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時十五分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト