くにさくロゴ
1995/06/05 第132回国会 参議院 参議院会議録情報 第132回国会 議院運営委員会 第28号
姉妹サイト
 
1995/06/05 第132回国会 参議院

参議院会議録情報 第132回国会 議院運営委員会 第28号

#1
第132回国会 議院運営委員会 第28号
平成七年六月五日(月曜日)
   午前九時四十二分開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         小川 仁一君
    理 事
                田沢 智治君
                永田 良雄君
                矢野 哲朗君
                上山 和人君
                渕上 貞雄君
                風間  昶君
                直嶋 正行君
                小島 慶三君
                吉岡 吉典君
    委 員
                上野 公成君
                岡  利定君
                鈴木 栄治君
                吉村剛太郎君
                肥田美代子君
                中川 嘉美君
        ―――――
       議     長  原 文兵衛君
       副  議  長  赤桐  操君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  戸張 正雄君
       事 務 次 長  黒澤 隆雄君
       議 事 部 長  堀川 久士君
       委 員 部 長  貝田 泰雄君
       記 録 部 長  鈴木 威男君
       警 務 部 長  島原  勉君
       庶 務 部 長  宍戸  洋君
       管 理 部 長  藤田 教稔君
       渉 外 部 長  松本 和朗君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に
 関する件
○本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(小川仁一君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、本会議における議案の趣旨説明聴取及び質疑に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、理事会において協議いたしました結果、次のとおり意見が一致いたしました。
 すなわち、去る二日、衆議院から送付されました容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うこと。
 また、同じく二日、衆議院から送付されました災害対策基本法の一部を改正する法律案につき、本日の本会議においてその趣旨説明を聴取するとともに、平成会一人十五分の質疑を行うこと。
 以上のとおりでありますが、理事会申し合わせのとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(小川仁一君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
#4
○委員長(小川仁一君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#5
○事務総長(戸張正雄君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律案の趣旨説明でございます。まず、日程に追加して提出者の趣旨説明を求めることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、橋本通商産業大臣から趣旨説明があり、これに対し、牛嶋正君が質疑を行います。
 次に、災害対策基本法の一部を改正する法律案の趣旨説明でございます。まず、日程に追加して提出者の趣旨説明を求めることを異議の有無をもってお諮りいたします。異議がないと決しますと、小澤国務大臣から趣旨説明があり、これに対し、横尾和伸君が質疑を行います。
 次に、日程第一について、労働委員長が報告され、足立良平君七分の討論の後、採決いたします。
 次に、日程第二について、国民生活に関する調査会長が趣旨説明をされた後、採決いたします。
 次に、日程第三について、内閣委員長が報告された後、採決いたします。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約一時間三十五分の見込みでございます。
#6
○委員長(小川仁一君) ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(小川仁一君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十四分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト