くにさくロゴ
1995/06/15 第132回国会 参議院 参議院会議録情報 第132回国会 建設委員会 第11号
姉妹サイト
 
1995/06/15 第132回国会 参議院

参議院会議録情報 第132回国会 建設委員会 第11号

#1
第132回国会 建設委員会 第11号
平成七年六月十五日(木曜日)
   午前十時開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 六月九日
    辞任         補欠選任
     矢野 哲朗君     太田 豊秋君
     田  英夫君     西野 康雄君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         合馬  敬君
    理 事
                上野 公成君
    委 員
                井上 章平君
                遠藤  要君
                永田 良雄君
                松谷蒼一郎君
                青木 薪次君
                小川 仁一君
                片上 公人君
                上田耕一郎君
                西野 康雄君
   政府委員
       国土庁長官官房
       長        三井 康壽君
       建設大臣官房長  伴   襄君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        駒澤 一夫君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○川辺川ダム建設の凍結と環境アセスメントの実
 施に関する請願(第三号外人二件)
○一般国道への障害者用公衆トイレの設置に関す
 る請願(第一七号外五件)
○尾瀬分水反対に関する請願(第二二一号外一件
 )
○高速道路料金値上げの認可取消しと全国プール
 料金制の抜本的見直しに関する請願(第四五五
 号外五件)
○川辺川ダム建設事業の促進に関する請願(第八
 〇四号)
○建設省職員の増員に関する請願(第八八一号外
 一八件)
○東海環状自動車道高富インターチェンジ及び二
 百五十六号バイパスの計画変更に関する請願
 (第一二四〇号)
○建設省の定員の大幅増員に関する請願(第一四
 八五号外一〇六件)
○国民本位の公共事業推進に関する請願(第一四
 八六号外七一件)
○公営住宅に関する請願(第一八九八号外四件)
○住宅金融公庫融資戸数の拡大に関する請願(第
 二一四〇号)
○継続調査要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(合馬敬君) ただいまから建設委員会を開会いたします。
 委員の異動について御報告いたします。
 去る九日、矢野哲朗君及び田英夫君が委員を辞任され、その補欠として太田豊秋君及び西野康雄君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(合馬敬君) これより請願の審査を行います。
 第三号川辺川ダム建設の凍結と環境アセスメントの実施に関する請願外三百二件を議題といたします。
 本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の付託請願一覧表のとおりでございます。
 これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、第一七号一般国道への障害者用公衆トイレの設置に関する請願、第八八一号建設省職員の増員に関する請願及び第一四八五号建設省の定員の大幅増員に関する請願外百二十九件はいずれも採択すべきものにして内閣に送付するを要するものとし、第三号川辺川ダム建設の凍結と環境アセスメントの実施に関する請願外百七十件は保留とすることに意見が一致いたしました。
 以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○委員長(合馬敬君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、審査報告書の作成につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(合馬敬君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(合馬敬君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 建設事業及び建設諸計画等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(合馬敬君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(合馬敬君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(合馬敬君) この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 昨年七月、建設委員長に選任されて以来、委員の皆様方には委員会の運営に御協力を賜りまして心から感謝いたしております。おかげさまで委員長としての職員を果たすことができましたことを、この機会をかりまして厚く御礼申し上げます。
 委員の皆様におかれましては、今後とも御自愛、御健勝の上ますます御活躍くださいますようお祈り申し上げまして、ごあいさつといたします。
 まことにありがとうございました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時三分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト