くにさくロゴ
1995/04/25 第132回国会 参議院 参議院会議録情報 第132回国会 農林水産委員会 第9号
姉妹サイト
 
1995/04/25 第132回国会 参議院

参議院会議録情報 第132回国会 農林水産委員会 第9号

#1
第132回国会 農林水産委員会 第9号
平成七年四月二十五日(火曜日)
   午後五時開会
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         青木 幹雄君
    理 事
                大塚清次郎君
                佐藤 静雄君
                稲村 稔夫君
                菅野 久光君
    委 員
                井上 吉夫君
                浦田  勝君
                北  修二君
                吉川 芳男君
                谷本  巍君
                野別 隆俊君
                細谷 昭雄君
                風間  昶君
                井上 哲夫君
                林  紀子君
                喜屋武眞榮君
   国務大臣
       農林水産大臣  大河原太一郎君
   政府委員
       農林水産大臣官
       房長       高橋 政行君
       林野庁長官    入澤  肇君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        秋本 達徳君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○農林水産政策に関する調査
 (緑の募金による森林整備等の推進に関する法
 律案に関する件)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(青木幹雄君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。
 農林水産政策に関する調査のうち、緑の募金による森林整備等の推進に関する法律案に関する件を議題といたします。
 本件につきましては、北修二君から委員長の手元に緑の募金による森林整備等の推進に関する法律案の草案が提出されております。内容はお手元に配付のとおりでございます。
 この際、まず提案者から草案の趣旨について説明を聴取いたします。北君。
#3
○北修二君 ただいま議題となりました緑の募金による森林整備等の推進に関する法律案の草案につきまして、その趣旨及び主要な内容を御説明申し上げます。
 森林及び樹木は、心に安らぎを与え、また、あらゆる生物の生存に不可欠な水の供給源として、人間の健康で文化的な生活にとって欠くべからざる貴重な財産であり、これを守っていくのは国民全体の責務であります。
 このような認識のもとに、緑化推進のための国民運動である緑の羽根募金運動が昭和二十五年以来着実に行われてきたところでありますが、募金組織等運動の基盤が十分に整備されていないため、募金額の面でも、また緑化推進に対する普及啓発の面でも、満足できる状況にはありません。しかしながら、森林の公益的機能に対する国民の期待がかつてないほど高まり、また、地球環境の保全に対する我が国の国際貢献が強く求められている今日、緑の羽根募金運動の意義は、従来にも増して高まっているところであります。
 本案は、以上のような観点から、国民の森林整備等の意義に対する理解を広めるとともに、国民全体による森林整備等の取り組みを推進するため、国民の自発的協力を基礎とする緑の羽根募金の基本的性格を維持しつつ、これを緑の募金として、その基盤の強化と取り組みの多様化を図ることを目的とするものであります。
 次に、本案の主要な内容につきまして御説明を申し上げます。
 第一に、緑の募金は、都道府県段階においては知事の指定を受けた都道府県緑化推進委員会が、また、全国段階においては農林水産大臣の指定を受けた国土緑化推進機構がそれぞれ行うこととしております。
 第二に、緑の募金による寄附金の使途は、森林の整備及び緑化の推進並びにこれらに係る国際協力について都道府県緑化推進委員会及び国土緑化推進機構が行う助成等に必要な経費とすることとしております。
 第三に、都道府県緑化推進委員会及び国土緑化推進機構の行う業務の公正かつ透明な運営を確保するため、これら団体に係る運営協議会の設置、緑の募金に係る区分経理、緑の募金の計画及び結果の公告等、所要の措置を講ずることとしております。
 以上がこの法律案の草案の趣旨及び主要な内容であります。
 何とぞ、委員各位の御賛同をお願い申し上げます。
#4
○委員長(青木幹雄君) 本草案に対し、質疑、御意見等がございましたら御発言願います。――別に御発言もなければ、本草案を緑の募金による森林整備等の推進に関する法律案として本委員会から提出することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(青木幹雄君) 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
 なお、本会議における趣旨説明の内容につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○委員長(青木幹雄君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後五時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト