くにさくロゴ
1995/06/14 第132回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第132回国会 法務委員会 第9号
姉妹サイト
 
1995/06/14 第132回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第132回国会 法務委員会 第9号

#1
第132回国会 法務委員会 第9号
平成七年六月十四日(水曜日)
    午前十時二十分開議
出席委員
  委員長 金子原二郎君
   理事 斉藤斗志二君 理事 志賀  節君
   理事 中島洋次郎君 理事 永井 英慈君
   理事 冬柴 鐵三君 理事 山本  拓君
   理事 佐々木秀典君 理事 枝野 幸男君
      奥野 誠亮君    梶山 静六君
      塩川正十郎君    橘 康太郎君
      茂木 敏充君    倉田 栄喜君
      左藤  恵君    富田 茂之君
      山田 正彦君    坂上 富男君
      細川 律夫君    正森 成二君
      小森 龍邦君    太田 誠一君
 出席政府委員
        法務大臣官房長 原田 明夫君
 委員外の出席者
        法務委員会調査
        室長      河田 勝夫君
    ―――――――――――――
六月八日
 法務局、更生保護官署及び入国管理官署の増員
 に関する請願(小森龍邦君紹介)(第二三五八
 号)
 同(富田茂之君紹介)(第二三五九号)
 同(永井英慈君紹介)(第二三六〇号)
 同(山本拓君紹介)(第二三六一号)
 同(佐々木秀典君紹介)(第二四二八号)
 同(富田茂之君紹介)(第二四二九号)
 同(糸山英太郎君紹介)(第二六二一号)
 同(倉田栄喜君紹介)(第二六二二号)
 同(富田茂之君紹介)(第二六二三号)
 同(正森成二君紹介)(第二六二四号)
 治安維持法犠牲者に対する国家賠償のための法
 制定に関する請願(正森成二君紹介)(第二三
 六二号)
 五年別居条項等を導入する民法改悪反対に関す
 る請願(佐藤泰介君紹介)(第二六二〇号)
同月九日
 法務局、更生保護官署及び入国管理官署の増員
 に関する請願(枝野幸男君紹介)(第二九二八
 号)
 同外一件(太田誠一君紹介)(第三一三三号)
 同(吹田ナ君紹介)(第三一三四号)
 同(正森成二君紹介)(第三一三五号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
 請 願
  一 法律扶助に関する基本法の制定と財政措
    置の拡充強化に関する請願(中島衛君紹
    介)(第一七九号)
  二 同(小坂憲次君紹介)(第二三三号)
  三 同(北沢清功君紹介)(第二七八号)
  四 同(堀込征雄君紹介)(第二七九号)
  五 法務局、更生保護官署及び入国管理官署
    の増員に関する請願(山花貞夫君紹介)
    (第二七七号)
  六 法律扶助に関する基本法の制定と財政措
    置の拡充強化に関する請願(田中秀征君
    紹介)(第五三三号)
  七 夫婦同姓別姓の選択を可能にする民法等
    の改正に関する請願(秋葉忠利君紹介)
    (第八五七号)
  八 同(北沢清功君紹介)(第一〇七三号)
  九 治安維持法犠牲者に対する国家賠償のた
    めの法制定に関する請願(秋葉忠利君紹
    介)(第一一五三号)
 一〇 同(岩佐恵美君紹介)(第一一五四号)
 一一 同(穀田恵二君紹介)(第一一五五号)
 一二 同(佐々木陸海君紹介)(第一一五六号
    )
 一三 同(志位和夫君紹介)(第一一五七号)
 一四 同(寺前巖君紹介)(第一一五八号)
 一五 同(中島武敏君紹介)(第一一五九号)
 一六 同(畠山健治郎君紹介)(第一一六〇号
    )
 一七 同(東中光雄君紹介)(第一一六一号)
 一八 同(不破哲三君紹介)(第一一六二号)
 一九 同(藤田スミ君紹介)(第一一六三号)
 二〇 同(古堅実吉君紹介)(第一一六四号)
 二一 同(堀込征雄君紹介)(第一一六五号)
 二二 同(正森成二君紹介)(第一一六六号)
 二三 同(松本善明君紹介)(第一一六七号)
 二四 同(矢島恒夫君紹介)(第一一六八号)
 二五 同(山原健二郎君紹介)(第一一六九号
    )
 二六 同(吉井英勝君紹介)(第一一七〇号)
 二七 同(遠藤登君紹介)(第一三六二号)
 二八 同(岡崎宏美君紹介))(第一三六三号
    )
 二九 同(金田誠一君紹介)(第一三六四号)
 三〇 同(北沢清功君紹介)(第一三六五号)
 三一 同(中西績介君紹介)(第一三六六号)
 三二 同(畠山健治郎君紹介)(第一三六七号
    )
 三三 同(鉢呂吉雄君紹介)(第一三六八号)
 三四 同(不破哲三君紹介)(第一三六九号)
 三五 同(松本善明君紹介)(第一三七〇号)
 三六 同(北沢清功君紹介)(第一四〇六号)
 三七 同(畠山健治郎君紹介)(第一四〇七号
    )
 三八 同(松本龍君紹介)(第一四〇八号)
 三九 同(池田隆一君紹介)(第一四一五号)
 四〇 同(岩佐恵美君紹介)(第一四一六号)
 四一 同(北沢清功君紹介)(第一四一七号)
 四二 同(左近正男君紹介)(第一四一八号)
 四三 同(関山信之君紹介)(第一四一九号)
 四四 同(永井哲男君紹介)(第一四二〇号)
 四五 同(畠山健治郎君紹介)(第一四二一号
    )
 四六 同(濱田健一君紹介)(第一四二二号)
 四七 同(細川律夫君紹介)(第一四二三号)
 四八 同(山原健二郎君紹介)(第一四三四号
    )
 四九 同(五島正規君紹介)(第一四六一号)
 五〇 同(坂上富男君紹介)(第一四六二号)
 五一 法律扶助に関する基本法の制定と財政措
    置の拡充強化に関する請願(井出正一君
    紹介)(第一五九七号)
 五二 治安維持法犠牲者に対する国家賠償のた
    めの法制定に関する請願(山花貞夫君紹
    介)(第一五九八号)
 五三 同(和田貞夫君紹介)(第一八六一号)
 五四 同(和田貞夫君紹介)(第一九四五号)
 五五 法務局、更生保護官署及び入国管理官署
    の増員に関する請願(正森成二君紹介)
    (第二〇一八号)
 五六 同(岩佐恵美君紹介)(第二〇七〇号)
 五七 同(穀田恵二君紹介)(第二〇七一号)
 五八 同(佐々木陸海君紹介)(第二〇七二号
    )
 五九 同(志位和夫君紹介)(第二〇七三号)
 六〇 同(寺前厳君紹介)(第二〇七四号)
 六一 同(中島武敏君紹介)(第二〇七五号)
 六二 同(東中光雄君紹介)(第二〇七六号)
 六三 同(不破哲三君紹介)(第二〇七七号)
 六四 同(藤田スミ君紹介)(第二〇七八号)
 六五 同(冬柴鐵三君紹介)(第二〇七九号)
 六六 同(古堅実吉君紹介)(第二〇八〇号)
 六七 同(正森成二君紹介)(第二〇八一号)
 六八 同(松本善明君紹介)(第二〇八二号)
 六九 同(矢島恒夫君紹介)(第二〇八三号)
 七〇 同(山原健二郎君紹介)(第二〇八四号
    )
 七一 同(吉井英勝君紹介)(第二〇八五号)
 七二 同(佐々木秀典君紹介)(第二二三七号
    )
 七三 同(冬柴鐵三君紹介)(第二二三八号)
 七四 同(細川律夫君紹介)(第二二三九号)
 七五 同(佐々木秀典君紹介)(第二三〇七号
    )
 七六 同(坂上富男君紹介)(第二三〇八号)
 七七 同(冬柴鐵三君紹介)(第二三〇九号)
 七八 同(細川律夫君紹介)(第二三一〇号)
 七九 同(小森龍邦君紹介)(第二三五八号)
 八〇 同(富田茂之君紹介)(第二三五九号)
 八一 同(永井英慈君紹介)(第二三六〇号)
 八二 同(山本拓君紹介)(第二三六一号)
 八三 同(佐々木秀典君紹介)(第二四二八号
     )
 八四 同(富田茂之君紹介)(第二四二九号)
 八五 同(糸山英太郎君紹介)(第二六二一号
    )
 八六 同(倉田栄喜君紹介)(第二六一二号)
 八七 同(富田茂之君紹介)(第二六二三号)
 八八 同(正森成二君紹介)(第二六一四号)
 八九 治安維持法犠牲者に対する国家賠償のた
    めの法制定に関する請願(正森成二君紹
    介)(第二三六二号)
 九〇 五年別居条項等を導入する民法改悪反対
    に関する請願(佐藤泰介君紹介)(第二
    六二〇号)
 九一 法務局、更生保護官署及び入国管理官署
    の増員に関する請願(枝野幸男君紹介)
    (第二九二八号)
 九二 同外一件(太田誠一君紹介)(第三一三
    三号)
 九三 同(吹田ナ君紹介)(第三一三四号)
 九四 同(正森成二君紹介)(第三一三五号)
     ――――◇―――――
#2
○金子委員長 これより会議を開きます。
 請願の審査に入ります。
 本会期中、当委員会に付託になりました請願は九十四件であります。
 本日の請願日程第一から第九四の各請願を一括して議題といたします。
 まず、請願審査の方法についてお諮りいたします。
 各請願の内容につきましては、文書表で既に御承知のところでありますし、また、先ほどの理事会において御検討いただきましたので、この際、紹介議員の説明等を省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 これより採決いたします。
 本日の請願日程中、法務局、更生保護官署及び入国管理官署の増員に関する請願三十九件は、採択の上、内閣に送付すべきものと決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、ただいま議決いたしました請願に関する委員会報告書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
    〔報告書は附録に掲載〕
    ―――――――――――――
#6
○金子委員長 なお、当委員会に参考送付されました陳情書は、法務局職員の増員に関する陳情書外十件であります。念のため御報告申し上げます。
     ――――◇―――――
#7
○金子委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 裁判所の司法行政に関する件
 法務行政及び検察行政に関する件
 国内治安に関する件
 人権擁護に関する件以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託となりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う場合には、議長に対し、委員派遣承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地、その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中、委員会において参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○金子委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト