くにさくロゴ
1994/10/06 第131回国会 参議院 参議院会議録情報 第131回国会 厚生委員会 第1号
姉妹サイト
 
1994/10/06 第131回国会 参議院

参議院会議録情報 第131回国会 厚生委員会 第1号

#1
第131回国会 厚生委員会 第1号
平成六年十月六日(木曜日)
   午後一時四分開会
    ―――――――――――――
   委員氏名
    委員長         会田 長栄君
    理 事         菅野  壽君
    理 事         高桑 栄松君
                岩崎 純三君
                尾辻 秀久君
                大島 慶久君
                佐々木 満君
                清水嘉与子君
                成瀬 守重君
                前島英三郎君
                宮崎 秀樹君
                今井  澄君
                久保田真苗君
               日下部禧代子君
                種田  誠君
                勝木 健司君
                萩野 浩基君
                横尾 和伸君
                西山登紀子君
    ―――――――――――――
   委員長の異動
 九月三十日会田長栄君委員長辞任につき、その
 補欠として種田誠君を議院において委員長に選
 任した。
    ―――――――――――――
   委員の異動
 九月三十日
    辞任         補欠選任
     岩崎 純三君     石井 道子君
     成瀬 守重君     大浜 方栄君
     会田 長栄君     竹村 泰子君
     今井  澄君     谷本  巍君
     久保田真苗君     堀  利和君
    日下部禧代子君     野別 隆俊君
 十月三日
    辞任         補欠選任
     谷本  巍君     今井  澄君
     野別 隆俊君    日下部禧代子君
     高桑 栄松君     猪熊 重二君
 十月五日
    辞任         補欠選任
     猪熊 重二君     高桑 栄松君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         種田  誠君
    理 事
                清水嘉与子君
                宮崎 秀樹君
                菅野  壽君
                横尾 和伸君
    委 員
                石井 道子君
                大島 慶久君
                大浜 方栄君
                佐々木 満君
                前島英三郎君
                今井  澄君
               日下部禧代子君
                竹村 泰子君
                堀  利和君
                勝木 健司君
                萩野 浩基君
                高桑 栄松君
                西山登紀子君
   政府委員
       厚生大臣官房長  山口 剛彦君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        水野 国利君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○国政調査に関する件
○社会保障制度等に関する調査(派遣委員の報告)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(種田誠君) ただいまから厚生委員会を開会いたします。
 議事に先立ちまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。
 このたび厚生委員長に選任されました種田誠でございます。
 本委員会は、社会福祉、医療、年金など国民生活に密接にかかわる重要事項を所管しており、その使命は重大でございます。
 この重責を担う委員長といたしましては、委員各位の御支援、御鞭撻を賜りまして、公正かつ円満な運営に努め、職員を全うしてまいりたいと存じます。
 何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#3
○委員長(種田誠君) 委員の異動について御報告いたします。
 去る九月二十九日、西田吉宏君、菅野久光君及び吉田之久君が委員を辞任され、その補欠として宮崎秀樹君、私、種田誠及び勝木健司君が選任されました。
 また、去る三十日、岩崎純三君、久保田真苗君及び会田長栄君が委員を辞任され、その補欠として石井道子君、堀利和君及び竹村泰子君が選任されました。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(種田誠君) 理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い現在理事が三名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○委員長(種田誠君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に清水嘉与子君、宮崎秀樹君及び横尾和伸君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(種田誠君) 国政調査に関する件についてお諮りいたします。
 本委員会は、今期国会におきましても、社会保障制度等に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○委員長(種田誠君) 異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○委員長(種田誠君) 社会保障制度等に関する調査を議題とし、先般当委員会が行いました委員派遣につきまして、派遣委員の報告を聴取いたします。菅野壽君。
#9
○菅野壽君 先般の委員派遣について御報告申し上げます。
 去る九月六日と七日の両日、会田前委員長、高桑、大島、萩野、西山の各委員、それに私、菅野の六名で、福島県及び宮城県における高齢者の保健医療・福祉、地域保健の推進等に関する実情を調査してまいりました。
 本調査団は、福島県及び宮城県より、それぞれ保健医療・福祉行政の実情についての概況説明を聴取するとともに、福島県におきましては老人保健施設エルダーランド及び特別養護老人ホーム陽光園を、宮城県におきましては仙台市健康増進センターを現地視察いたしました。
 まず、両県の概況説明から主なものを御報告いたします。
 福島県は、「ふくしま二十一世紀プラン」を効果的に推進する行政機構を確立するため今年四月に全面的な機構改革を行っており、保健福祉部関係でも保健・医療・福祉対策を一体的に推進しようとしております。
 ところで、本県では、高齢化の進行が一六・二%と全国平均よりも高く、老人福祉施設等の需要の増大に対応するため、今年度、新たに在宅介護支援センター等の四十施設の新設を予定しているとのことであります。
 さらに、専門的な知識と技術を持つ福祉ヒューマンパワーを県内で養成、確保するため、平成八年を目途に二本松市内に介護福祉士養成施設を設置する計画があるとのことであります。
 また、宮城県におきましては、日本一の福祉先進県づくりを進めようと意欲的に取り組んでいる様子がうかがえました。
 特に、県内外の有識者等から構成される「みやぎの福祉を考える百人委員会」の設置は、宮城県の福祉の現状をさまざまな視点から再評価し、宮城から発信できる、宮城がモデルとなる地域福祉施策の具体策を打ち出そうとするもので、地方分権の時代に、これからの自治体が果たすべき役割を目の当たりにした思いがいたしました。
 この委員会の成果が今後具体的に推進されるか否かは、その提言を事業化する際の県当局の姿勢と財政支援によるところが大きいと思われますが、県側の決意にも並み並みならぬものがあるようです。
 なお、両県の概況説明に際しまして、当厚生委員会に対し厚生行政全般にわたる要望がありましたので、これを本日の会議録の末尾に掲載していただきますようお願い申し上げます。
 次に、視察した施設について御報告いたします。
 福島県における最初の視察先、老人保健施設エルダーランドは、福島市初の特例許可老人病院・福島中央病院を経営する医療法人白寿会によって、平成三年十月、病院併設型老人保健施設として開設されたものであります。福島駅から車で五分の距離にある都市型老人保健施設として注目を集めております。
 入所定員は九十名、うち短期入所は四名、適所定員は十五名となっております。また職員は、医師一名、看護婦十二名、介護員二十名のほか、相談指導員、理学療法士、栄養士がそれぞれ一名配備されております。
 心身の機能回復のため、理学療法士によるリハビリ訓練の模様を拝見しましたが、お年寄りになじみの深い民謡などを用いて、ちょうどそれは盆踊りのように和やかな光景でありました。
 入所者の平均年齢はおよそ八十三歳、平均入所期間は七カ月程度となっておりますが、入所期間が一年以上に及ぶ方が現在十七名いらっしゃるとのことでありました。
 白寿会においても、近々、在宅介護支援センターを設立する予定であるとのことでありましたが、老人保健施設が所期の目的である中間施設としての機能を十分に発揮するためには、老人病院、老人保健施設、在宅介護支援センター等の整備と相互の連携が不可欠であります。福祉施設の総合的な運営の必要性を痛感したところであります。
 次に視察した陽光園は、社会福祉法人陽光会が経営する特別養護老人ホームであります。福島市が設置主体となって昭和五十九年五月に開園されました。なお、平成四年には介護支援センターを併設しております。
 現在の入所者は八十名で定員いっぱいの状況であり、平均年齢は八十一歳と入所者の高齢化が進んでおります。職員は生活指導員三名、弁護士二十四名、医師二名、看護婦五名など、現員数は四十八名を数え、措置費基準数の三十一名を大きく上回っております。
 お年寄りは身体、精神機能の低下から、とかく社会的活動の機会を閉ざされがちになりますが、この施設では、寝たきりの方々には離床を促進するため、車いすなどや散歩などで日光浴や外気浴を行い、少しでも季節感のある生活を味わっていただけるよう配慮がなされておりました。
 また、障害の中・軽度の方々には、花見などの小旅行や近くのスーパーマーケットでのショッピングを行い、社会への関心や買い物の楽しみを味わっていただいているとのことであります。一人一人の趣味を生かしたクラブ活動も熱心に行われているとのことでありました。
 なお、介護方法の指導や介護機器の展示が常時行われており、特に市民の介護相談には夜間にも応じられるようになっているとのことでありました。
 次いで、宮城県では仙台市健康増進センターを訪ねました。
 この施設は平成四年九月にオープンし、財団法人仙台市健康福祉事業団によって管理運営されております。市民に健康増進の場を提供するとともに、健康増進に関する研究、指導、啓発等の事業が行われており、市民の健康の増進活動に役立っているとのことであります。
 この施設の機能は大きく分けて二つあります。一つは、栄養・運動・休養状況の問診表、運動負荷心電図を含めた各種の医学的検査、体力測定を行う機能です。そのデータに基づき、利用者一人一人にアドバイスを行うとのことであります。二つ目は、健康づくりの実践の場としての施設提供機能であります。
 施設は三階建てとなっており、一階部分はプールと十二種類の温浴施設、二階部分はレントゲン室、心電図室等の健診エリア、運動負荷コーナー、研修室、教室等から成り、三階部分は百五十メートルのトラック、フィットネススタジオ、体力測定コーナーなどとなっておりました。最新の設備を導入した充実した内容には目をみはるばかりでありました。
 難点は、施設利用料が一般千五百円、小中学生七百五十円と市民が頻繁に利用するにはやや高いことであります。この点は仙台市当局においても、公共施設としての役割を遺憾なく発揮するため経営努力等を通じて改善を図っていきたいとのことでありました。
 以上が調査の概要でありますが、今回の調査に当たりまして特段の御配慮をいただきました福島及び宮城の両県、並びに訪問先の関係者の方々に心から御礼を申し上げ、派遣報告を終わります。
 ありがとうございました。
#10
○委員長(種田誠君) これをもって委員派遣の報告は終了いたしました。
 なお、ただいまの報告の中で要請のございました現地の要望につきましては、本日の会議録の末尾に掲載することにいたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(種田誠君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後一時十七分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト