くにさくロゴ
1994/11/17 第131回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第131回国会 本会議 第12号
姉妹サイト
 
1994/11/17 第131回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第131回国会 本会議 第12号

#1
第131回国会 本会議 第12号
平成六年十一月十七日(木曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第八号
  平成六年十一月十七日
    正午開議
 第一 音楽文化の振興のための学習環境の整備
    等に関する法律案(第百二十九回国会、
    櫻内義雄君外七名提出)
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 音楽文化の振興のための学習環境の
  整備等に関する法律案(第百二十九回国会、
  櫻内義雄君外七名提出)
    午後零時三分開議
#2
○議長(土井たか子君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 日程第一 音楽文化の振興のための学習環境
  の整備等に関する法律案(第百二十九回国
  会、櫻内義雄君外七名提出)
#3
○議長(土井たか子君) 日程第一、音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関する法律案を議題といたします。
 委員長の報告を求めます。文教委員長伊吹文明さん。
 音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関
  する法律案及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    〔伊吹文明君登壇〕
#4
○伊吹文明君 ただいま議題となりました音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関する法律案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本案は、音楽文化が明るく豊かな国民生活の形成並びに国際相互理解及び国際文化交流の促進に大きく資することにかんがみ、生涯学習の一環としての音楽学習に係る環境の整備に関する施策の基本等について定めようとするものであります。
 その主な内容は、
 第一に、国及び地方公共団体は、音楽文化振興のための学習環境整備を行うに当たっては、国民があらゆる機会と場所において、自主的に個性に応じた音楽学習を行うことができるような諸条件を体系的に整備することに努めることとし、その際、幼児、高齢者、障害者等に対する必要な配慮を行うこと、
 第二に、地方公共団体は、地域における音楽文化振興のための諸事業を、地域の実情を踏まえ、自主的判断により行うよう努めることとし、当該事業を行うに当たっては、我が国の伝統音楽、地域の特色ある音楽文化等に関する音楽学習を振興するよう配慮すること、
 第三に、国は、地方公共団体の行う事業に対し、助言及び協力を行うよう努めることとし、音楽学習の振興に資する事業を行う民間団体に対し、照会に応ずることなどにより当該事業の振興に努めること、
 第四に、十月一日を国際音楽の日とし、国及び地方公共団体はその趣旨の普及に努めること、
 第五に、本案は公布の日から施行することなどであります。
 本案は、第百二十九回国会に本院前議長の櫻内義雄君外七名より各会派共同で提供され、今国会まで継続審査となっていたものであります。
 本委員会におきましては、十一月十一日提出者を代表して片岡武司君から提案理由の説明を聴取し、質疑に入り、同日質疑を終了し、採決の結果、本案は全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#5
○議長(土井たか子君) 採決いたします。
 本案は委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決いたしました。
     ――――◇―――――
#7
○議長(土井たか子君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後零時七分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト