くにさくロゴ
1994/07/18 第130回国会 参議院 参議院会議録情報 第130回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1994/07/18 第130回国会 参議院

参議院会議録情報 第130回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号

#1
第130回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
平成六年七月十八日(月曜日)
   午前十時十三分開会
    ─────────────
平成六年七月十八日議長において本委員を左のと
おり指名した。
                伊江 朝雄君
                板垣  正君
                岩崎 純三君
                大浜 方栄君
                木宮 和彦君
                北  修二君
                坪井 一宇君
                柳川 覺治君
                大渕 絹子君
                北村 哲男君
                庄司  中君
                中尾 則幸君
                肥田美代子君
                井上  計君
                池田  治君
                武田邦太郎君
                風間  昶君
                高桑 栄松君
                喜屋武眞榮君
                三石 久江君
    ─────────────
  出席者は左のとおり。
    委員長         木宮 和彦君
    理 事
                伊江 朝雄君
                坪井 一宇君
                肥田美代子君
                池田  治君
    委 員
                板垣  正君
                岩崎 純三君
                大浜 方栄君
                北  修二君
                柳川 覺治君
                大渕 絹子君
                北村 哲男君
                庄司  中君
                中尾 則幸君
                井上  計君
                武田邦太郎君
                風間  昶君
                高桑 栄松君
                三石 久江君
   国務大臣
       外 務 大 臣  河野 洋平君
       国 務 大 臣
       (総務庁長官)  山口 鶴男君
       国 務 大 臣
       (沖縄開発庁長
       官)       小里 貞利君
   事務局側
       第一特別調査室
       長        志村 昌俊君
   説明員
       総務政務次官   宮路 和明君
       沖縄開発政務次
       官        尾辻 秀久君
       外務政務次官   柳沢 伯夫君
    ─────────────
  本日の会議に付した案件
○特別委員長互選
○理事選任の件
○継続調査要求に関する件
○委員派遣に関する件
    ─────────────
   〔武田邦太郎君委員長席に着く〕
#2
○武田邦太郎君 ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。
 本院規則第八十条により、年長のゆえをもちまして私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。
 これより委員長の選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#3
○池田治君 委員長の選任は、主宰者の指名に御一任することの動議を提出いたします。
#4
○武田邦太郎君 ただいまの池田君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○武田邦太郎君 御異議ないと認めます。
 それでは、委員長に木宮和彦君を指名いたします。(拍手)
    ─────────────
   〔木宮和彦君委員長席に着く〕
#6
○委員長(木宮和彦君) 一言ごあいさつ申し上げます。
 前国会に引き続きまして委員長に選任されましたので、どうぞよろしく御協力のほどお願い申し上げます。(拍手)
    ─────────────
#7
○委員長(木宮和彦君) それでは、これより理事の選任を行います。
 本委員会の理事の数は四名でございます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(木宮和彦君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に伊江朝雄君、坪井一宇君、肥田美代子君及び池田治君を指名いたします。
    ─────────────
#9
○委員長(木宮和彦君) この際、河野外務大臣、山口総務庁長官及び小里沖縄開発庁長官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。河野外務大臣。
#10
○国務大臣(河野洋平君) このたび、外務大臣を拝命いたしました河野洋平でございます。沖縄及び北方問題に関する特別委員会の開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。
 まず、北方領土問題について申し述べます。
 第二次大戦が終了して後四十九年が経過しようとしている今日に至っても、北方領土問題がなお未解決であることは、日ロ両国にとりまことに遺憾なことであります。私は、北方領土問題を解決し、平和条約を締結して日ロ関係の完全な正常化を達成するため最善の努力を払う所存でございます。
 昨年十月のエリツィン大統領の訪日により、今後の関係進展のための新たな基礎が築かれ、その成果は日ロ両国首脳の署名した東京宣言に結実しております。その後、種々のレベルを通じ、日ロ間の対話と交流はその幅を広げるとともに、東京宣言を基礎として領土問題を含め両国関係をさらに進めていくことが確認されております。先般のナポリ・サミットの際におきましても、村山総理及び私自身より、東京宣言に基づき領土問題を解決し日ロ関係の完全な正常化を達成することの必要性について特に発言したところであります。
 私としては、今後とも日ロ間の政治対話を一層促進し、両国にふさわしい協力関係の展望が開かれるよう全力を尽くす所存であります。
 次に、沖縄に関する事項について申し述べます。
 東西冷戦は終了したものの、今日の国際社会は依然として種々の不安定要因を内包しております。
 このような国際情勢の中にあって、日米安保体制は我が国が安全を確保していくために必要な抑止力を提供するとともに、国際社会における広範な日米間の協力関係に安定した政治的基盤を与えております。また、この体制はアジア・太平洋地域の安定要因としての米国の存在を確保する上でも不可欠の手段となっております。
 政府といたしましては、このような意義と重要性を有する日米安保体制を堅持し、その円滑な運用と信頼性の向上のために、引き続きできる限りの努力を払っていく所存でございます。
 他方、沖縄においては米軍施設、区域の密度が高く、その整理統合や公共の安全の確保について沖縄県民の方々から強い要望がございます。
 政府としては、安保条約の目的達成と地域住民の要望との調和を図りつつ、基地の整理統合の促進を初めとして、沖縄における諸問題の解決のため、格段の努力を払っていく考えであります。
 最後に、木宮委員長を初めとする本委員会の委員の皆様より、よろしく御協力、御助言を賜りますよう心よりお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
 ありがとうございます。(拍手)
#11
○委員長(木宮和彦君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 山口総務庁長官。
#12
○国務大臣(山口鶴男君) 今回の新内閣発足に伴い総務庁長官に任ぜられ、北方対策本部長として国民的課題である北方領土問題の解決促進に取り組むことになりました山口鶴男でございます。
 我が国固有の領土である北方領土の返還を、国民の総意に基づいて一日も早く実現することが重要な課題であると強く認識をいたしております。この北方領土問題の解決のためには、早期返還を求める国民の一致した声がますます重要となっておりますので、国民世論の高揚を図るための諸施策を一層推進してまいる所存でございます。
 与えられた職責の重さを痛感いたしまして、誠心誠意職務の遂行に当たる所存でございますので、委員長を初め委員の皆様方の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#13
○委員長(木宮和彦君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 それでは、小里沖縄開発庁長官。
#14
○国務大臣(小里貞利君) このたびの村山内閣の発足に当たり、沖縄開発庁長官を拝命いたしました小里でございます。
 皆様御承知のとおり、多難な道を歩んできた沖縄については、昭和四十七年五月の本土復帰以来、振興開発のための諸施策が講じられ、多額の国費の投入と県民の皆様のたゆまざる御努力により、沖縄の経済社会は総体として着実に発展してまいりました。しかしながら、生活、産業基盤などの面ではなお整備を要するものが多く見られるとともに、産業振興や雇用の問題など解決しなければならない多くの課題を抱えております。
 今後の沖縄の振興開発については、平成四年九月に決定されました第三次沖縄振興開発計画等を踏まえ、引き続き本土との格差を是正し、自立的発展の基礎条件を整備するとともに、沖縄の特性を生かした特色ある地域としての整備を図ることが必要と考えております。
 こうした考え方に基づき、沖縄の有する自然的、地理的条件、豊かな海洋資源の存在、熱帯、亜熱帯の地域に適応し得る独自の技術の蓄積などの多くの地域特性を積極的に活用し、特色ある産業の振興、我が国の南の国際交流拠点の形成、国際的な観光・保養地域としての整備などを図ることを重点施策として振興開発に一層の努力をしてまいる所存でございます。
 私は、去る七月十二日及び十三日の両日、沖縄に伺い、現地の各界の皆様の声を直接に伺ってまいりましたが、沖縄のすばらしさ、将来へ向けての可能性を実感した一方、復帰後二十二年余りを経た今日も沖縄はさまざまの課題を抱えていることについて改めて認識した次第であります。
 今後、沖縄県民と一体となって諸課題の解決に全力を挙げて取り組んでまいる所存であります。委員長を初め委員の皆様方にはよろしく御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げまして、就任のごあいさつといたします。(拍手)
#15
○委員長(木宮和彦君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 次に、柳沢外務政務次官、宮路総務政務次官及び尾辻沖縄開発政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。柳沢外務政務次官。
#16
○説明員(柳沢伯夫君) このたび外務政務次官に就任いたしました柳沢伯夫でございます。
 河野大臣を補佐いたしまして、微力ではございますが、職務を全うするため全力を傾ける所存であります。
 北方領土問題につきましては、東京宣言を基礎として、四島の返還を実現して平和条約を締結し、日ロ関係の完全な正常化を図るとの基本方針を貫き、さらに粘り強く対日外交を進めていく所存であります。
 また、沖縄に関しましては、日米安全保障条約の目的達成のために緊要な米軍の施設、区域の安定的使用と周辺住民の要望との調和を図りつつ、沖縄の諸問題の解決のため努力していく所存であります。
 木宮委員長を初め本特別委員会の各委員の御指導、御鞭撻と御協力をお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手)
#17
○委員長(木宮和彦君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 宮路総務政務次官。
#18
○説明員(宮路和明君) このたび総務政務次官を拝命いたしました宮路和明でございます。
 北方領土問題を解決することは国民的重要課題であると存じます。山口長官のもと、誠心誠意努力してまいる所存であります。
 委員長初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、ごあいさつといたします。
 どうもありがとうございました。(拍手)
#19
○委員長(木宮和彦君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
 尾辻沖縄開発政務次官。
#20
○説明員(尾辻秀久君) このたび沖縄開発政務次官を拝命いたしました尾辻秀久でございます。
 小里沖縄開発庁長官の御指導のもと、沖縄振興開発のために全力を尽くす所存でございます。
 委員長初め委員の皆様方には、よろしく御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。(拍手)
#21
○委員長(木宮和彦君) どうぞ御退席いただいて結構でございます。
    ─────────────
#22
○委員長(木宮和彦君) 次に、継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。
 沖縄及び北方問題に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出したいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○委員長(木宮和彦君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#24
○委員長(木宮和彦君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ─────────────
#25
○委員長(木宮和彦君) 次に、委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中の委員派遣につきましては、その取り扱いを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○委員長(木宮和彦君) 御異議ないと認め、さよう取り計らいます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト