くにさくロゴ
1994/07/21 第130回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第130回国会 農林水産委員会 第1号
姉妹サイト
 
1994/07/21 第130回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第130回国会 農林水産委員会 第1号

#1
第130回国会 農林水産委員会 第1号
本国会召集日(平成六年七月十八日)(月曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次のとおり
である。
  委員長 竹内  猛君
   理事 亀井 善之君 理事 久間 章生君
   理事 中川 昭一君 理事 二田 孝治君
   理事 小平 忠正君 理事 仲村 正治君
   理事 前島 秀行君 理事 千葉 国男君
      赤城 徳彦君    菊池福治郎君
      岸本 光造君    栗原 裕康君
      七条  明君    中谷  元君
      浜田 靖一君    保利 耕輔君
      松岡 利勝君    松下 忠洋君
     三ッ林弥太郎君    御法川英文君
      宮里 松正君    山本 公一君
      木幡 弘道君    鮫島 宗明君
      実川 幸夫君    田名部匡省君
      畑 英次郎君    初村謙一郎君
      広野ただし君    増田 敏男君
      池端 清一君    石橋 大吉君
      遠藤  登君    辻  一彦君
      上田  勇君    長内 順一君
      冬柴 鐵三君    錦織  淳君
      藤田 スミ君
─────────────────────
平成六年七月二十一日(木曜日)
    午後三時三十一分開議
出席委員
  委員長 竹内  猛君
   理事 亀井 善之君 理事 久間 章生君
   理事 中川 昭一君 理事 二田 孝治君
   理事 小平 忠正君 理事 仲村 正治君
   理事 千葉 国男君
      菊池福治郎君    岸本 光造君
      栗原 裕康君    七条  明君
      浜田 靖一君    保利 耕輔君
      松岡 利勝君    松下 忠洋君
     三ッ林弥太郎君    御法川英文君
      宮里 松正君    山本 公一君
      木幡 弘道君    鮫島 宗明君
      実川 幸夫君    畑 英次郎君
      初村謙一郎君    増田 敏男君
      池端 清一君    辻  一彦君
      上田  勇君    冬柴 鐵三君
      錦織  淳君    藤田 スミ君
      今津  寛君
 委員外の出席者
        農林水産委員会
        調査室長    黒木 敏郎君
    ─────────────
委員の異動
七月十八日
 辞任
  長内 順一君
同日
           補欠選任
            今津  寛君
    ─────────────
七月十八日
 外国産牛肉輸入調整法案(江藤隆美君外四名提
 出、第百二十八回国会衆法第一一号)
 農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正す
 る法律案(内閣提出、第百二十九回国会閣法第
 四九号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 閉会中審査に関する件
     ────◇─────
#2
○竹内委員長 これより会議を開きます。
 閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 第百二十九回国会、内閣提出、農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#3
○竹内委員長 起立多数。よって、本案は閉会中審査の申し出をすることに決しました。
 次に
 第百二十八回国会、江藤隆美君外四名提出、外国産牛肉輸入調整法案
 農林水産業の振興に関する件
 農林水産物に関する件
 農林水産業団体に関する件
 農林水産金融に関する件
 農林漁業災害補償制度に関する件
以上の各案件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。
 まず、閉会中、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣の目的、派遣委員、派遣期間、派遣地、その他所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 次に、閉会中、委員会において、参考人の出席を求め、意見を聴取する必要が生じました場合には、参考人の出席を求めることとし、その人選及び出席日時等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○竹内委員長 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時三十四分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト