くにさくロゴ
1994/07/21 第130回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第130回国会 内閣委員会 第1号
姉妹サイト
 
1994/07/21 第130回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第130回国会 内閣委員会 第1号

#1
第130回国会 内閣委員会 第1号
本国会召集日(平成六年七月十八日)(月曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次のとおり
である。
  委員長 田中 恒利君
   理事 大石 千八君 理事 近岡理一郎君
   理事 虎島 和夫君 理事 渡辺 省一君
   理事 江田 五月君 理事 大矢 卓史君
   理事 田口 健二君 理事 貝沼 次郎君
      相沢 英之君    池田 行彦君
      唐沢俊二郎君    佐藤 信二君
      葉梨 信行君    石井 紘基君
      鴨下 一郎君    佐藤 守良君
      中島  衛君    鳩山 邦夫君
      渡部 恒三君    上原 康助君
      濱田 健一君    弘友 和夫君
      山田 英介君    宇佐美 登君
      松本 善明君    野田  毅君
      野呂 昭彦君    佐藤 敬夫君
      増子 輝彦君
─────────────────────
平成六年七月二十一日(木曜日)
    午後三時三十二分開議
出席委員
  委員長 田中 恒利君
   理事 大石 千八君 理事 近岡理一郎君
   理事 虎島 和夫君 理事 渡辺 省一君
   理事 江田 五月君 理事 田口 健二君
   理事 山元  勉君 理事 貝沼 次郎君
      池田 行彦君    大矢 卓史君
      鴨下 一郎君    中島  衛君
      鳩山 邦夫君    上原 康助君
      弘友 和夫君    宇佐美 登君
      松本 善明君    野呂 昭彦君
      佐藤 敬夫君    増子 輝彦君
 出席国務大臣
        国 務 大 臣
        (内閣官房長官)五十嵐広三君
        国 務 大 臣
        (総務庁長官) 山口 鶴男君
        国 務 大 臣
        (北海道開発庁
        長官)     小里 貞利君
 委員外の出席者
        内閣官房副長官 園田 博之君
        総務政務次官  宮路 和明君
        総務庁長官官房
        長       池ノ内祐司君
        北海道開発政務
        次官      大島 慶久君
        内閣委員会調査
        室長      松村 淳治君
    ─────────────
委員の異動
七月十八日
 辞任         補欠選任
  大矢 卓史君     西村 眞悟君
  濱田 健一君     山元  勉君
同月二十一日
 辞任         補欠選任
  西村 眞悟君     大矢 卓史君
同日
 辞任         補欠選任
  大矢 卓史君     西村 眞悟君
同日
 理事大矢卓史君同月十八日委員辞任につき、そ
 の補欠として西村眞悟君が理事に当選した。
同日
 理事田口健二君同日理事辞任につき、その補欠
 として山元勉君が理事に当選した。
    ─────────────
七月十八日
 行政改革委員会設置法案(内閣提出、第百二十
 九回国会閣法第二一号)
は本委員会に付託された。
    ─────────────
本日の会議に付した案件
 理事の辞任及び補欠選任
 閉会中審査に関する件
     ────◇─────
#2
○田中委員長 これより会議を開きます。
 閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 まず、第百二十九回国会、内閣提出、行政改革委員会設置法案につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をするに賛成の諸君の起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#3
○田中委員長 起立多数。よって、本案につきまして、閉会中審査の申し出をすることに決しました。
 次に
 行政機構並びにその運営に関する件
 恩給及び法制一般に関する件
 公務員の制度及び給与に関する件及び
 栄典に関する件以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、委員派遣を行う必要が生じました場合には、委員長において、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、その派遣の日時、派遣地及び派遣委員の人選等所要の手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ────◇─────
#6
○田中委員長 次に、理事の辞任についてお諮りいたします。
 理事田口健二君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 引き続き、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 ただいまの理事辞任並びに委員の異動に伴い、現在理事が二名欠員となっております。その補欠選任を行いたいと存じますが、先例によりまして、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○田中委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      西村 眞悟君    山元  勉君を指名いたします。
     ────◇─────
#9
○田中委員長 この際、新たに就任された国務大臣及び政務次官の方々から、それぞれ発言を求め
られておりますので、順次これを許します。内閣官房長官五十嵐広三君。
#10
○五十嵐国務大臣 このたび内閣官房長官、あわせて女性問題担当大臣を拝命し、内閣官房及び総理府本府の事務を担当することになりました五十嵐広三でございます。
 微力ではございますが、誠心誠意職務の遂行に当たってまいりますので、委員長を初め皆様方の格別の御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
#11
○田中委員長 総務庁長官山口鶴男君。
#12
○山口国務大臣 このたび総務庁長官を拝命いたしました山口鶴男でございます。
 私は、社会経済情勢の変化に対応した総合的かつ効率的な行政を実現するため、総合調整官庁として総務庁が果たすべき役割を十分に認識し、行政改革の推進を初めとする各般の課題に誠心誠意取り組んでまいる所存でございます。
 委員長、理事、委員の皆様方の格別の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げる次第でございます。お願いいたします。(拍手)
#13
○田中委員長 北海道開発庁長官小里貞利君。
#14
○小里国務大臣 このたび北海道開発庁長官を拝命をいたしました小里でございます。よろしくお願い申し上げます。
 御承知のとおり、北海道は、美しくゆとりある広大な国土空間を有しており、我が国が国土の均衡ある発展を図り、生活者を重視した経済社会を実現していく上で、極めて重大な役割を果たすことが期待されている地域でございます。
 私としましては、地元の方々を初め関係各位の皆様と力を合わせ、第五期北海道総合開発計画が目指す我が国の発展に貢献する力強い北海道の実現に積極的に努めてまいる所存でございます。
 委員長初め委員各位様の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#15
○田中委員長 内閣官房副長官園田博之君。
#16
○園田説明員 内閣官房副長官を命ぜられました園田博之でございます。
 五十嵐官房長官の補佐として全力を挙げて努力してまいる所存でございます。
 委員長初め皆さん方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#17
○田中委員長 総務政務次官宮路和明君。
#18
○宮路説明員 このたび総務政務次官を拝命いたしました宮路和明でございます。
 微力ではございますが、山口長官を補佐し、全力を尽くしてまいりたいと思いますので、委員長初め皆様方の格段の御指導と御鞭撻を心からお願いを申し上げます。どうもありがとうございました。(拍手)
#19
○田中委員長 北海道開発政務次官大島慶久君。
#20
○大島説明員 このたび北海道開発政務次官を仰せつかりました大島慶久でございます。
 北海道開発行政推進のために、小里長官のもとで懸命に努力をいたす決意でございます。
 委員長初め委員の皆様方の格別の御指導、御鞭撻を賜りますことを心からお願いを申し上げまして、ごあいさつにかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。(拍手)
#21
○田中委員長 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時四十分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト