くにさくロゴ
1994/06/03 第129回国会 参議院 参議院会議録情報 第129回国会 規制緩和に関する特別委員会 第3号
姉妹サイト
 
1994/06/03 第129回国会 参議院

参議院会議録情報 第129回国会 規制緩和に関する特別委員会 第3号

#1
第129回国会 規制緩和に関する特別委員会 第3号
平成六年六月三日(金曜日)
   午後零時十分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 五月十日
    辞任         補欠選任
     永野 茂門君     小島 慶三君
 六月二日
    辞任         補欠選任
     喜岡  淳君     中尾 則幸君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         木暮 山人君
    理 事
                斎藤 文夫君
                陣内 孝雄君
                野別 隆俊君
                乾  晴美君
                矢原 秀男君
    委 員
                尾辻 秀久君
                加藤 紀文君
                笠原 潤一君
                竹山  裕君
                今井  澄君
                岩崎 昭弥君
                中尾 則幸君
                村沢  牧君
                山本 正和君
                小島 慶三君
                武田 節子君
                橋本  敦君
                西川  潔君
    国務大臣
        国 務 大 臣
        (総務庁長官) 石田幸四郎君
    政府委員
        総務政務次官  石井 紘基君
        総務庁行政管理
        局長      八木 俊道君
    事務局側
        常任委員会専門
        員       菅野  清君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○規制緩和に関する調査
 (規制緩和に関する件)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(木暮山人君) ただいまから規制緩和に関する特別委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 去る五月十日、永野茂門君が委員を辞任され、その補欠として小島慶三君が選任されました。
 また、昨二日、喜岡淳君が委員を辞任され、その補欠として中尾則幸君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(木暮山人君) この際、石田総務庁長官及び石井総務政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。石田総務庁長官。
#4
○国務大臣(石田幸四郎君) このたび、再度総務庁長官を拝命いたしました石田幸四郎でございます。
 引き続き、社会経済情勢の変化に対応した総合的かつ効率的な行政を実現するため、総合調整官庁として総務庁が果たすべき役割を十分に認識し、規制緩和を初めとする行政改革の推進のほか各般の課題に誠心誠意取り組んでまいる所存でございます。
 委員長初め、委員の皆様方の格別の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
#5
○委員長(木暮山人君) 石井総務政務次官。
#6
○政府委員(石井紘基君) このたび、総務政務次官を拝命いたしました石井紘基でございます。
 石田長官を補佐し、全力を尽くしてまいりたいと思っております。
 委員長初め、皆様方の格段の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(木暮山人君) 規制緩和に関する調査を議題といたします。
 規制緩和に関する件について、総務庁長官から所信を聴取いたします。石田総務庁長官。
#8
○国務大臣(石田幸四郎君) 行政改革は、国政運営上の重要課題であり、内外情勢の展開を踏まえ、変化への対応力に富み、簡素で効率的かつ国民の信頼を確保し得る行政を確立するため、積極的に推進をしていく必要があります。
 このため、政府は去る二月十五日に、「今後における行政改革の推進方策について」、いわゆる中期行革大綱を閣議決定したところであり、今後これに基づいて行政改革の推進を図ることとしております。
 この推進方策は、今後の行政改革の推進に関し、その基幹的方策について、第三次行革審答申を尊重し、あわせて経済改革研究会の報告を参考としつつ、政府としての今後の取り組み方策を定めたものであります。
 また、本方策は、既定方針による措置の着実な実施を前提としつつ、当面の具体化方策のみならず中期的な推進方策を定めたものであります。
 この推進方策において第一の柱としているのが、規制緩和等の推進であります。
 まず、当面の規制緩和等の着実な推進を図ることとし、昨年四月の総合経済対策、昨年九月の緊急経済対策等を受けて、規制緩和等の具体的な措置を定めております。これについては、関係各省庁から規制緩和をその内容とする法律案二十四本が国会に提出されたほか、総務庁において法律改正を要するもののうち一括することを適当とする事項を取りまとめ、去る五月二十日に許可、認可等の整理及び合理化に関する法律案を国会に提出させていただいたところであります。
 この法律案は、時代の変化等に伴って不要ないし過剰あるいは不合理となっている許可、認可等を整理及び合理化することにより、民間活動等に係る規制を是正し、それらがもたらす負担の軽減を図る観点から、七省、四十法律、百七十七事項にわたる改正を取りまとめたものであります。
 また、三月二十九日に閣議決定した「対外経済改革要綱」では、住宅・土地、情報・通信、輸入促進・市場アクセス改善・流通、金融・証券・保険の各分野における主要な検討項目及び検討の基本的方向を示し、現在それぞれの分野ごとに、行政改革推進本部に設置された三つの作業部会において検討作業中であり、その成果は六月末を目途に取りまとめることとしております。
 さらに、今後の規制緩和の推進に当たっては、本年度内を目途に「規制緩和推進計画」の策定を行うこととしているほか、規制の新設審査の充実、新設規制に関する一定期間経過後の見直し、届け出・報告等に係る負担の軽減、競争政策の積極的展開等を図ることとしております。
 このほか、この推進方策においては、地方分権の推進を図るため、年内を目途に国・地方の関係等の改革に関する大綱方針を策定することとし、この大綱方針の策定の後は、地方分権推進に関する基本的な法律の制定を目指すこととしております。
 また、行政情報公開に係る制度についても、その本格的な検討を進めることとしているほか、内閣の総合調整機能等の充実や公務員の人事管理等の改善、行政組織、特殊法人等の改革・合理化などが盛り込まれております。
 さらに、政府による規制緩和等行政改革の実施状況の監視などを任務とする「行政改革委員会」を設置するための法案を去る三月十八日に国会に提出したところであります。
 今後、本方策に沿って、規制緩和を初めとする行政改革の推進に積極的に取り組んでまいりたいと考えております。
 本委員会におかれましても、行政改革への取り組みにつき重ねて御指導、御支援をお願い申し上げる次第でございます。
 よろしくお願い申し上げます。
#9
○委員長(木暮山人君) 以上で規制緩和に関する件についての総務庁長官の所信の聴取は終わりました。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時十七分散会

ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト