くにさくロゴ
1994/06/14 第129回国会 参議院 参議院会議録情報 第129回国会 地方行政委員会 第5号
姉妹サイト
 
1994/06/14 第129回国会 参議院

参議院会議録情報 第129回国会 地方行政委員会 第5号

#1
第129回国会 地方行政委員会 第5号
平成六年六月十四日(火曜日)
   午後零時三十六分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 六月三日
    辞任         補欠選任
     南野知惠子君     狩野  安君
 六月六日
    辞任         補欠選任
     三重野栄子君     渡辺 四郎君
     山口 哲夫君     大森  昭君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         岩本 久人君
    理 事
                石渡 清元君
                岩崎 昭弥君
                釘宮  磐君
                有働 正治君
    委 員
                太田 豊秋君
                狩野  安君
                鎌田 要人君
                久世 公堯君
                松浦  功君
                大森  昭君
                渡辺 四郎君
                山崎 順子君
                続  訓弘君
                西川  潔君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (国家公安委員  石井  一君
       会委員長)
   政府委員
       警察庁長官    城内 康光君
       警察庁長官官房
       長        廣瀬  權君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        佐藤  勝君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○警察法の一部を改正する法律案(内閣提出、衆
 議院送付)
    ―――――――――――――
#2
○委員長(岩本久人君) ただいまから地方行政委員会を開会いたします。
 まず、委員の異動について御報告いたします。
 去る三日、南野知惠子君が委員を辞任され、その補欠として狩野安君が選任されました。
 また、去る六日、三重野栄子君及び山口哲夫君が委員を辞任され、その補欠として渡辺四郎君及び大森昭君が選任されました。
    ―――――――――――――
#3
○委員長(岩本久人君) 警察法の一部を改正する法律案を議題といたします。
 まず、政府から趣旨説明を聴取いたします。石井国家公安委員会委員長。
#4
○国務大臣(石井一君) ただいま議題となりました警察法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概略を御説明いたします。
 この法律案は、内外の社会情勢の変化に対応した警察運営の展開を図るため、警察庁に生活安全局及び情報通信局を設置し、並びに警察庁長官官房に国際部を設置する等その内部部局の組織を改めるとともに、最近における犯罪の広域化等に効果的に対応するため、都道府県警察相互間の関係等に関する規定その他所要の規定の整備を行うことをその内容としております。
 以下、各項目ごとにその概要を御説明いたします。
 第一は、警察庁の内部部局に関する規定の整備についてであります。
 その一は、警察庁長官官房の所掌事務に警務局の所掌事務を加える等長官官房の所掌事務を改めるほか、社会の国際化に対応した警察行政を統一的かつ効果的に推進するため、長官官房に「所管行政に係る国際協力等に関する企画、調査及び総合調整に関すること」等を所掌する国際部を新たに設置するものであります。
 その二は、市民生活の安全と平穏を確保するための警察行政をより強力に推進するため、警察庁に「犯罪、事故その他の事案に係る市民生活の安全と平穏の確保に関すること」等を所掌する生活安全局を新たに設置するとともに、警務局を廃止するものであります。
 その三は、警察庁刑事局の所掌事務を改めるとともに、同局保安部を廃止するものであります。
 その四は、情報処理技術と通信技術の一体的な運用による警察活動の効率化を推進するため、警察庁に「警察通信に関すること」、「所管行政に関する情報の管理に関する企画及び技術的研究並びに電子計算組織の運用に関すること」等を所掌する情報通信局を新たに設置するとともに、通信局を廃止するものであります。
 第二は、都道府県警察相互間の関係等に関する規定の整備についてであります。
 その一は、管轄区域が隣接しまたは近接する都道府県警察は、相互に協議して定めたところにより、都道府県境域の一定の区域における事案を処理するため、当該関係都道府県警察の管轄区域に権限を及ぼすことができることとするものであります。
 その二は、都道府県警察は、居住者、滞在者その他のその管轄区域の関係者の生命、身体及び財産の保護に関連して必要がある限度においてはその管轄区域外にも権限を及ぼすことができることとするものであります。
 その三は、警視総監または道府県警察本部長は、当該都道府県警察が他の都道府県警察の管轄区域に権限を及ぼし、その他他の都道府県警察と共同して事案を処理する場合において、必要があると認めるときは、相互に協議して定めたところにより、関係都道府県警察の一の警察官に、当該事案の処理に関し、当該協議によりあらかじめ定めた方針の範囲内でそれぞれの都道府県警察の警察職員に対して必要な指揮を行わせることができることとするものであります。
 その他、警察署の下部機構である派出所であって、地域警察の基盤となっているものに交番の名称を付すること等所要の規定の整備を行うこととしております。
 なお、この法律の施行日は、都道府県警察相互間の関係等に関する改正規定については公布の日、その他の部分については平成六年七月一日としております。
 以上がこの法律案の提案理由及びその内容の概略であります。
 何とぞ、慎重御審議の上、速やかに御賛同賜らんことをお願い申し上げます。
#5
○委員長(岩本久人君) 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。
 本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。
   午後零時四十一分散会
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト