くにさくロゴ
1994/05/18 第129回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第129回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第3号
姉妹サイト
 
1994/05/18 第129回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第129回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第3号

#1
第129回国会 政治改革に関する調査特別委員会 第3号
平成六年五月十八日(水曜日)
    午後零時三十分開議
出席委員
  委員長 石井  一君
  委員長 松永  光君
   理事 古賀  誠君 理事 自見庄三郎君
   理事 額賀福志郎君 理事 細田 博之君
   理事 笹川  堯君 理事 前田 武志君
   理事 堀込 征雄君 理事 太田 昭宏君
   理事 田端 正広君 理事 三原 朝彦君
      逢沢 一郎君    大島 理森君
      片岡 武志君    熊代 昭彦君
      斉藤斗志二君    津島 雄二君
      伊藤 達也君    上田 清司君
      江崎 鐵磨君    川端 達夫君
      笹木 竜三君    前原 誠司君
      茂木 敏充君    五島 正規君
      土肥 隆一君    細川 律夫君
      森井 忠良君    山下八洲夫君
      赤松 正雄君    冬柴 鐵三君
      小沢 鋭仁君    東中 光雄君
      増子 輝彦君
 出席国務大臣
        自 治 大 臣 石井  一君
 出席政府委員
        自治政務次官  倉田 栄喜君
        自治省行政局選
        挙部長     佐野 徹治君
 委員外の出席者
        自治大臣官房審
        議官      谷合 靖夫君
        自治省行政局選
        挙部選挙課長  大竹 邦実君
        自治省行政局選
        挙管理課長   山本信一郎君
        自治省行政局選
        挙部政治資金課
        長       鈴木 良一君
        特別委員会第二
        調査室長    田中 宗孝君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月十八日
 辞任        補欠選任
  北川 正恭君    中村正三郎君
同月十九日
 辞任        補欠選任
  石破  茂君    大石 正光君
同月二十二日
 辞任
  簗瀬  進君
  大石 正光君
同日
           補欠選任
            伊藤 達也君
            増子 輝彦君
同月二十七日
 辞任
  谷津 義男君
同日
           補欠選任
            小沢 鋭仁君
同月二十八日
 辞任        補欠選任
  日笠 勝之君    東  順治君
五月十日
 辞任        補欠選任
  東  順治君    冬柴 鐵三君
同月十七日
 辞任        補欠選任
  権藤 恒夫君    田端 正広君
同月十八日
 辞任        補欠選任
  白川 勝彦君    熊代 昭彦君
  小沢 一郎君    江崎 鐵磨君
  岡田 克也君    笹川  堯君
  吹田  ナ君    上田 清司君
  柳田  稔君    笹木 竜三君
  大畠 章宏君    土肥 隆一君
  小林  守君    五島 正規君
  左近 正男君    森井 忠良君
  石井  一君    岡田 克也君
同日
 辞任        補欠選任
  熊代 昭彦君    川崎 二郎君
  上田 清司君    吹田  ナ君
  江崎 鐵磨君    小沢 一郎君
  五島 正規君    小林  守君
  土肥 隆一君    大畠 章宏君
  森井 忠良君    左近 正男君
同日
 石井一君委員長辞任につき、その補欠として松
 永光君が委員長に当選した。
同日
 三原朝彦君が理事を辞任した。
同日
 笹川堯君が理事に当選した。
同日
 理事松永光君同日委員長就任につき、その補欠
 として自見庄三郎君が理事に当選した。
同日
 理事左近正男君同日委員辞任につき、その補欠
 として堀込征雄君が理事に当選した。
同日
 理事太田昭宏君同日理事辞任につき、その補欠
 として田端正広君が理事に当選した。
    ―――――――――――――
三月二十九日
 海外在住日本人投票制度の法制化に関する請願
 (川島實君紹介)(第七六九号)
 同(穀田恵二君紹介)(第七七〇号)
 同(錦織淳君紹介)(第七七一号)
四月五日
 海外在住日本人投票制度の法制化に関する請願
 (石井紘基君紹介)(第八四六号)
 同(中山太郎君紹介)(第八五八号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
四月二十五日
 衆議院選挙区割りに関する陳情書外十二件(山
 梨県東八代郡石和町市部七七七石和町議会内竹
 村孝外十二名)(第一四九号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長の辞任及び互選
 理事の辞任及び補欠選任
     ――――◇―――――
#2
○前田委員長代理 これより会議を開きます。
 委員長の指名によりまして、私が委員長の職務を行います。
 お諮りいたします。
 委員長石井一君より、委員長を辞任いたしたいとの申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○前田委員長代理 御異議なしと認め、辞任を許可することに決しました。
 こむより委員長の互選を行います。
#4
○田端委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、松永光君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
#5
○前田委員長代理 ただいまの田端正広君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○前田委員長代理 御異議なしと認めます。よって、松永光君が委員長に御当選になりました。
    〔拍手〕
 委員長松永光君に本席を譲ります。
    〔松永委員長、委員長席に着く〕
#7
○松永委員長 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が本委員会の委員長の重責を担うこととなりました。まことに光栄に存じます。
 皆様御承知のとおり、国政の重要課題となってまいりました政治改革関連諸法案が、去る三月に成立したところでありますが、政治改革の実現につきましては、まだ多くの課題が残されており、本委員会に課せられた使命はまことに重大であります。委員長といたしましては、その職務の重大さを痛感いたしております。
 委員各位の御指導、御協力をいただきまして、公正かつ円満なる委員会の運営に努めてまいる所存でございます。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#8
○松永委員長 この際、去る四月二十七日の議院運営委員会における理事の各会派割当基準の変更等に伴う理事の辞任及び補欠選任並びに私の委員長就任及び委員の異動に伴う理事の補欠選任を行います。
 まず、理事の辞任についてお諮りいたします。
 理事太田昭宏君及び三原朝彦君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○松永委員長 御異議なしと認め、そのとおり決しました。
 次に、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 理事の補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○松永委員長 御異議なしと認めます。
 それでは、理事に
      自見庄三郎君    笹川  堯君
      堀込 征雄君 及び 田端 正広君を指名いたします。
     ――――◇―――――
#11
○松永委員長 この際、自治大臣及び自治政務次官から発言を求められておりますので、これを許します。石井自治大臣。
#12
○石井国務大臣 このたび自治大臣に就任いたしました石井一でございます。
 当委員会の皆様方には、かねてから格別の御高配にあずかっているところでございまして、懐かしい皆様にごあいさつをいたしますこと、厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 先般、政治改革関連四法案が成立し、政治改革の実現に向けて大きな一歩を踏み出したところでありますが、こうした中で選挙制度及び政治資金制度を所管する大臣に就任し、その責任の重さを痛感いたしております。
 今後、審議会の勧告を受けての区割り法の制定など、諸課題に最善を尽くして取り組んでまいる所存でございますので、委員各位におかれましては、何とぞ御指導、御協力のほどをよろしくお願い申し上げます。
 就任のごあいさつといたします。(拍手)
#13
○松永委員長 次に、倉田自治政務次官。
#14
○倉田政府委員 このたび自治政務次官を拝命いたしました倉田栄喜でございます。
 政治改革の実現は、極めて重要な課題であると存じております。私は、石井自治大臣のもと、最善の努力を尽くしてまいりますので、何とぞよろしく御指導のほどをお願い申し上げます。(拍手)
#15
○松永委員長 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
    午後零時三十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト