くにさくロゴ
1994/06/07 第129回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第129回国会 議院運営委員会 第24号
姉妹サイト
 
1994/06/07 第129回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第129回国会 議院運営委員会 第24号

#1
第129回国会 議院運営委員会 第24号
平成六年六月七日(火曜日)
    午前十一時三十六分開議
出席委員
  委員長 奥田 敬和君
   理事 中村正三郎君 理事 伊吹 文明君
   理事 川崎 二郎君 理事 鈴木 宗男君
   理事 阿部 昭吾君 理事 木村 守男君
   理事 森井 忠良君 理事 山下八洲夫君
   理事 太田 昭宏君
      今津  寛君    蓮実  進君
      福永 信彦君    松下 忠洋君
      山口 俊一君    山本 公一君
      小泉 晨一君    小坂 憲次君
      茂木 敏充君    柳田  稔君
      輿石  東君    高木 陽介君
      簗瀬  進君    東中 光雄君
      増子 輝彦君
 委員外の出席者
        議     長 土井たか子君
        事 務 総 長 緒方信一郎君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 本会議における議案の趣旨説明聴取の件
 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁
 判官訴追委員及び同予備員辞職の件
 各種委員等の選挙の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○奥田委員長 これより会議を開きます。
 まず、趣旨説明を聴取する議案の件についてでありますが、内閣提出の国民年金法等の一部を改正する法律案、国家公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案、私立学校教職員共済組合法等の一部を改正する法律案、農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正する法律案、地方公務員等共済組合法等の一部を改正する法律案の各法律案は、本日の本会議において趣旨の説明を聴取し、これに対する質疑を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、各法律案の趣旨説明は、それぞれ、大内厚生大臣、藤井大蔵大臣、赤松文部大臣、加藤農林水産大臣、石井自治大臣が行います。
 また、右各法律案の趣旨説明こ対し、自由民主党の野呂昭彦君、自由民主党の持永和見君、日本社会党・護憲民主連合の金田誠一君、自由民主党の野田実君、日本共産党の岩佐恵美君から、それぞれ質疑の通告があります。
 質疑時間は、おのおの十五分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、質疑者の要求大臣は、お手元の印刷物のとおりであります。
    ―――――――――――――
一、趣旨説明を聴取する議案の件
  国民年金法等の一部を改正する法律案(内閣
  提出)
  国家公務員等共済組合法等の一部を改正する
  法律案(内閣提出)
  私立学校教職員共済組合法等の一部を改正す
  る法律案(内閣提出)
  農林漁業団体職員共済組合法等の一部を改正
  する法律案(内閣提出)
  地方公務員等共済組合法等の一部を改正する
  法律案(内閣提出)
   趣旨説明厚生大臣大内啓伍君
        大蔵大臣 藤井 裕久君
        文部大臣 赤松 良子君
        農林水産大臣 加藤 六月君
        自治大臣石井 一君
   質疑通告
    総、大、自、厚   野呂 昭彦君(自)
    総、労、厚     持永 和見君(自)
    総、大、厚、労   金田 誠一君(社)
    総、文       野田  実君(自)
    総、厚、労     岩佐 恵美君(共)
    ―――――――――――――
#5
○奥田委員長 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件についてでありますが、裁判官弾劾裁判所裁判員である倉田栄喜君及び同予備員である星野行男君並びに裁判官訴追委員である佐藤守良君、平田米男君、枝野幸男君及び同予備員である金子徳之介君から、それぞれ辞職願が提出されております。
 本件は、本日の本会議において議題とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#7
○奥田委員長 次に、各種委員等の選挙の件についてでありますが 裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件が本会議において許可されましたならば、引き続き同裁覇員及び同予備員並びに同訴追委員及び同予備員の選挙と、お手元の印刷物にあります各種委員の選挙を行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 この選挙は、その手続を省略して、議長において指名することになりますから、御了承願います。
 なお、後任の候補者として、改新及び公明党から、お手元の印刷物にあります諸君を届け出てまいっております。
    ―――――――――――――
一、各種委員等の選挙の件
  裁判官弾劾裁判所裁判員
   冬柴 鐵三君(公)
  同 予備員
   山田 正彦君(改) 職務を行う順序は第四
             順位
  裁判官訴追委員
   小沢 辰男君(改)
   江田 五月君(改)
   大口 善徳君(公)
  同 予備員
   杉山 憲夫君(改) 職務を行う順序は第四
             順位
  国土開発幹線自動車道建設審議会委員
   石井 啓一君(公)
  北海道開発審議会委員
   増田 敏男君(改)
   小平 忠正君(改)
  国土審議会委員
   山口那津男君(公)
    ―――――――――――――
#9
○奥田委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#10
○緒方事務総長 まず最初に、国民年金法等の一部改正案外四件の各法律案につきまして、順次、大内厚生大臣、藤井大蔵大臣、赤松文部大臣、加
藤農林水産大臣、石井自治大臣から、趣旨の説明がございます。これに対しまして、五人の方々からそれぞれ質疑が行われます。
 次に、裁判官弾劾裁判所裁判員及び同予備員並びに裁判官訴追委員及び同予備員辞職の件をお諮りいたします。
 それが許可されましたならば、引き続いて裁判員及び同予備員、訴追委員及び同予備員並びに各種委員の選挙を行います。
 これらの選挙は、動議により、手続を省略して、議長において指名されることになります。
 次に、日程第一及び第二につき、白川商工委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、共産党が反対でございます。
 次に、日程第三及び第四につき、井上運輸委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、共産党が反対でございます。
 次に、日程第五につき、粟屋地方行政委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第六及び第七につき、高橋逓信委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、全会一致であります。
 次に、日程第八及び第九につき、松岡労働委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、共産党が反対でございます。
 次に、日程第十ないし第十三につき、鳥居建設委員長の報告がございます。採決は二回になります。一回目は日程第十、第十一及び第十三で、一括して、全会一致であります。二回目は日程第十二で、共産党が反対でございます。
 次に、日程第十四につき、臼井科学技術委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第十五につき、高橋法務委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第十六及び第十七につき、竹内農林水産委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、全会一致であります。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――議事日程 第十三号
  平成六年六月七日
    正午開議
 第 一 石油公団法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 二 ガス事業法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 三 特定都市鉄道整備促進特別措置法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 四 航空法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 五 警察法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 六 放送番組素材利用促進事業の推進に関する臨時措置法案(内閣提出)
 第 七 電気通信事業法及び電波法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 八 高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 九 雇用保険法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第 十 農住組合法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第十一 都市緑地保全法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第十二 不動産特定共同事業法案(内閣提出)
 第十三 建設業法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第十四 特定放射光施設の共用の促進に関する法律案(内閣提出)
 第十五 更生緊急保護法の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第十六 農林漁業金融公庫法等の一部を改正する法律案(内閣提出)
 第十七 林業等振興資金融通暫定措置法等の一部を改正する法律案(内閣提畠)
    ―――――――――――――
#11
○奥田委員長 それでは、本日の本会議は、午前十一時五十分予鈴、正午から開会いたします。
    ―――――――――――――
#12
○奥田委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明八日水曜日午後二時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午前十一時四十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト