くにさくロゴ
1994/03/30 第129回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第129回国会 本会議 第13号
姉妹サイト
 
1994/03/30 第129回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第129回国会 本会議 第13号

#1
第129回国会 本会議 第13号
平成六年三月三十日(水曜日)
    ―――――――――――――
  平成六年三月三十日
    午後五時 本会議
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 田名部匡省君の故議員近藤元次君に対する追悼
  演説
 平成六年度一般会計暫定予算
 平成六年度特別会計暫定予算
 平成六年度政府関係機関暫定予算
    午後五時三分開議
#2
○議長(土井たか子君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○議長(土井たか子君) 御報告することがあります。
 議員近藤元次さんは、去る二月十六日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 近藤元次さんに対する弔詞は、議長において去る二月十九日既に贈呈いたしております。これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力し さきに農林水産委員長の要職につき また国務大臣の重任にあたられた議員従三位勲一等近藤元次君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
 故議員近藤元次君に対する追悼注視
#4
○議長(土井たか子君) この際、弔意を表するため、田名部匡省さんから発言を求められております。これを許します。田名部匡省さん。
    〔田名部匡省君登壇〕
#5
○田名部匡省君 ただいま議長から御報告のありましたとおり、本院議員近藤元次先生は、去る二月十六日逝去されました。
 近藤先生は、去年の一月半ば、当時の宮澤総理大臣に内閣官房副長官として同行し、ASEAN諸国を歴訪中体調を崩し、肋膜炎と診断されましたが、持ち前の責任感の強さから、猛暑の中をPKOカンボジア派遣隊の慰問を強行されました。帰国後、医師の本格的な治療を受け、二月の終わりには公務に復帰されました。私も何回となく無理しないように進言したのですが、何としても責任を果たそうという決意を翻そうとしませんでした。七月の総選挙で六回目の当選を果たしたのでありますが、暮れには病が再発し、和枝夫人を初め御家族、御兄弟が文字どおり一丸となって病魔に立ち向かったものの、そのかいもなく、ついに不帰の客となられたのであります。まことに痛惜の念にたえません。
 ここに、私は、諸君の御同意を得て、議員一同を代表して、謹んで哀悼の言葉を申し述べたいと存じます。(拍手)
 近藤先生は、昭和五年六月、新潟県佐渡郡相川町にお生まれになりました。新潟県立新潟工業高校を卒業後、戦後日本の建設に役立ちたいとの考えから、日本大学理工学部で土木工学を専攻されました。大学時代には応援団長を務めて多くの人々を統率する術を学び、早くも将来の日本のリーダーとしての片りんを見せておられたとのことであります。
 大学卒業後、郷里の佐渡にお帰りになりた先生は、家業の建設業の経営に当たる傍ら、推されて三十一歳で相川町議会議員に当選し、次いで三十六歳で新潟県議会議員になられ、合わせて十八年間を郷土佐渡と新潟の発展のために尽くされました。
 その間、先生は多くの県民から寄せられた切実な訴えや願いに心を動かされ、これらを国政に反映し、政治を真に国民のものにすることがみずからの使命だとの決意を固められ、昭和五十四年の第三十五回衆議院議員総選挙に「身近な政治の実現」を掲げて立候補し、見事初当選を飾られたのであります。(拍手)時に先生は四十九歳でありました。
 本院に議席を得られてからの先生は、予算、決算、農林水産委員会等の委員、理事を務め、地方議会で培われた才幹を遺憾なく発揮してめきめき頭角をあらわし、その卓越した調整能力は万人がひとしく認めるところでありました。
 先生は、郷里の新潟県が日本有数の米どころであり、また水産県であることから、特に日本の農林漁業の安定に心を砕かれ、平成元年には農林水産委員長の要職につかれ、その温かく懐の深いお人柄と公正円満な委員会運営によって、与野党を問わず絶大な信頼を得られたのであります。(拍手)
 また、自由民主党にあっては、国会対策副委員長、北方領土問題特別委員長、総合農政調査会副会長、農林部会長、財務委員長などの要職につかれました。中でも北方領土問題特別委員長時代には、国民の悲願であります北方領土返還の実現に向けて、元住民の方々の生活安定を図ることや国民への啓蒙などを柱とする北方領土に関する特別措置法を議員立法で成立させる中心となり、早くも政治的手腕の確かさを強く印象づけたのであります。
 先生は、国民生活を支える逓信関係の政策推進にも大きな力を発揮され、党通信部会地方政策委員長として全国二万四千の郵便局を未来に向けて活性化させる施策の取りまとめに当たられ、そのおかげで、郵便局は今日、本来業務のほかに種々のサービスを行うようになり、国民から一層親しまれる存在となっているのであります。
 さらに先生は、社会的に弱い立場の方々に温かい目を注がれ、日の当たらない精神障害者のために社会復帰促進議員連盟を創設されましたが、これは今では精神障害者の家族の大きな支えとなっているのであります。(拍手)
 この間、政府にあっては、昭和五十九年十一月、農林水産政務次官となり、翌年パリで開かれた第十一回世界食糧理事会に政府代表として出席されました。
 その後、平成二年十二月には、第二次海部内閣において、その見識の高さとそれまでに培った経
験の豊かさを買われて農林水産大臣として入閣をされました。(拍手)
 時あたかも、ガット・ウルグアイ・ラウンド農業交渉で、いつ米問題が焦点になってくるかという段階であり、先生に対する期待は極めて大きなものがありました。
 先生は、ガット・ウルグアイ・ラウンド農業交渉に当たっては、日本は世界最大の農産物純輸入国として農業生産の持つ特殊性や食糧安全保障の考え方などを強く主張していくべきだとの立場に立たれ、米については国内産で自給するという基本方針を堅持されました。このため、みずからがダンケル・ガット事務局長、マディガン米国農務長官、マクシャーリーEC農業担当委員らと精力的に会談し、日本の立場を粘り強く主張し、説得を続けられたのであります。
 一方で、先生は、後継者難に悩む日本の農業の将来に危機感を抱き、次代を担う若者が希望と誇りを持って農村に住み、農業を営めるようにしなければならないとの考えから、むらづくり対策本部を設置し、農山漁村を通じた美しい村づくりに尽力されました。また、消費者の立場をも視野に入れた農政の抜本的な改革を目指し、新しい食料・農業・農村政策検討本部を設け、中長期的展望に立って多様な農業の担い手の育成などの基本課題の検討に着手され、日本の農政に大きな足跡を残されたのであります。(拍手)
 先生は、平成三年十一月に宮澤内閣が発足するや、宮澤総理大臣にその手腕を買われて、内閣と党との接点である内閣官房副長官に起用され、閣僚級大物副長官として国民の注目を集めました。先生は、国民の期待にこたえて与野党との折衝から政策の調整まで、まさに内閣の柱として一年九カ月にわたりて粉骨砕身の努力を重ねられました。
 とりわけ、懸案でありました国連平和維持活動等に対する協力に関するPKO法案成立を、昼夜を分かたぬ御尽力によって見ましたことは、日本がようやく国際平和のために積極的に責任を果たす姿勢を国際社会に示し得たという点で、歴史に残る偉業だと確信するものであります。(拍手)
 先生はまた、ミュンヘン・サミットを初め宮澤総理大臣の外国訪問にすべて同行し、内閣のスポークスマンとして活躍されましたが、病気回復後まだ十分とは言えない体を押して、去年四月、アメリカ訪問、オーストラリア、ニュージーランド訪問に相次いで同行され、日本外交のために尽くされたことは、先生の責任感の強さを示したこととしてまことに感慨深いものがあります。
 自由民主党が政治改革問題をめぐって大きく揺れ動いた際、先生は常に、党内の対立を先鋭化させることなく調和点を見出すことに腐心されたのであります。宮澤内閣の柱として、これを最後まで支えられた先生の御心労のほどは察して余りあるものがあります。先生は、内閣官房副長官を離れられた後は、自由民主党改革本部の運営機構担当座長に就任し、病と闘う中で最後まで日本の政治のあり方を心にかけられていたのであります。
 私は、先生の後を継いで農林水産大臣に就任し、米問題を初めとする農林水産の難問題に取り組みましたが、その間先生が内閣官房副長官としておられたことがいかに私の励みになったことか、終生忘れることはできません。
 私は、先生と同じく昭和五十四年に初当選以来、農林水産、逓信、環境問題等を通じてすべての政治活動をともにし、兄弟同様のつき合いをしていただきました。先生を「コンちゃん」と呼んで常に敬愛もしておりました。どんなときでも、先生がその大きな体を幾分前かがみにさせながら姿を見せますと、あたりに何やらほっとさせる温かい空気が流れました。
 先生は、まさに温厚篤実でありながら物事の本質をずばりとつく鋭さをあわせ持っておられました。相手の話をじりくり聞いた上で自分の意見をぽつりと言われるその一言一言に動かしがたい重みがありました。先生の洞察力の鋭さ、深さは天賦のものであると同時に、先生がこれを積極的に磨こうとした努力によるところもまた大きかったのであります。先生は、各方面にわたって豊かな人脈を築こうと努められ、そこから得たさまざまな情報をもとに的確な判断を下されていました。その人脈は、与野党の国会議員はもちろん、官民を問わず、また国外にも広がっていましたが、もとをたどれば先生の温かいお人柄がそのような幅広い人脈を可能にしたのであります。
 先生は、よく「愛と寛容」という言葉を好んで揮毫しておられましたが、まさに先生の政治の原点は、国民への愛情と相手に対する寛容にあったのであります。
 先生は、本院議員に連続して当選すること六回、在職十四年五カ月、農林水産、逓信、環境、防衛等さまざまな分野でこの精神を政策に生かすことに努められてきました。この間、日本の国政の進展に果たされた功績はまことに偉大なものがございます。(拍手)
 戦後幾つかの曲折はありながらも順調に発展してきた日本は、今大きな曲がり角に立たされています。我々は、鋭い先見性と、どのような人をも包み込む温かい人柄とを兼ね備えた先生が再びその元気なお姿を、あの独特の「オー」という一言とともに我々の前に見せていただくことを期待していましたのに、永久にお目にかかることはかなわなくなりました。
 先生は行年六十三歳、このように前途あるかけがえのない政治家を失いましたことは、自由民主党はもとより、本院にとっても、また我が国にとってもまことに大きな損失と言わなければなりません。(拍手)
 コンちゃん、十四年五カ月、私の人生の中で最も充実したときでした。コンちゃんと一緒に、米価やマル優問題そして新農政の展開と、日本国の真に豊かな発展を目指し、身を粉にし、体にむちうって取り組んできたことがたくさんあります。お互い信義を重んじることに徹した友情が私たちの心のきずなを一層強固なものにしました。
 この政局の中にあって、近藤先生ならどんな座標軸を見出すのかと、議論できなくなった今、まさに無念で悔しくてなりません。
 今では、最愛の和枝夫人とボランティア活動の支援で一緒に旅行したときの、先生の温かですがすがしい顔がよき思い出となりました。
 名残は尽きませんが、ここに、謹んで近藤元次先生の人となりをしのび、生前の御功績をたたえ、心から御冥福をお祈りして、追悼の言葉といたします。(拍手)
    ―――――――――――――
#6
○井奥貞雄君 議案上程に関する緊急動議を提出いたします。
 平成六年度一般会計暫定予算、平成六年度特別会計暫定予算、平成六年度政府関係機関暫定予算、右三案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#7
○議長(土井たか子君) 井奥貞雄さんの動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。
    ―――――――――――――
 平成六年度一般会計暫定予算
 平成六年度特別会計暫定予算
 平成六年度政府閥係機関暫定予算
#9
○議長(土井たか子君) 平成六年度一般会計暫定予算、平成六年度特別会計暫定予算、平成六年度政府関係機関暫定予算、右三案を一括して議題といたします。委員長の報告を求めます。予算委員長山口鶴男さん。
    ―――――――――――――
 平成六年度一般会計暫定予算及び同報告書
 平成六年度特別会計暫定予算及び同報告書
 平成六年度政府関係機関暫定予算及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔山口鶴男君登壇〕
#10
○山口鶴男君 ただいま議題となりました平成六年度一般会計暫定予算外二案につきまして、予算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、暫定予算の概要について申し上げます。
 この暫定予算三案は、四月一日から五月二十日までの期間について編成されたものであります。
 一般会計暫定予算の歳出総額は十一兆五百十四億円でありまして、暫定予算期間中における人件費、事務費などの経常的経費等について行政運営上必要最小限の経費を計上いたしております。
 なお、新規の施策に係る経費は原則として計上いたしておりませんが、生活扶助基準の引き上げ、国立大学の学生の増募等、教育及び社会政策上等への配慮から特に措置することが適当と認められるものについては所要額を計上いたしております。
 また、公共事業関係費につきましては、暫定予算期間中における事業の継続的執行を図るため、一般公共事業及び災害復旧等事業において所要額を計上いたしております。
 歳入総額は三兆八千二百八十六億円であり、暫定予算期間中の税収及び税外収入の見込み額を計上するほか、建設公債二兆四千七百億円の発行を予定いたしております。
 したがって、七兆二千二百二十八億円の歳出超過となりますが、国庫の資金繰りについては、必要に応じ大蔵省証券を発行できることといたしております。
 特別会計及び政府関係機関につきましても、一般会計に準じて暫定予算が編成されております。
 この暫定予算三案は、昨三月二十九日予算委員会に付託され、本三十日藤井大蔵大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑を行いました。質疑終局後、討論、採決の結果、三案は、いずれも賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#11
○議長(土井たか子君) 三案を一括して採決いたします。
 三案の委員長の報告はいずれも可決であります。三案を委員長報告のとおり決するに賛成の皆さんの起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#12
○議長(土井たか子君) 起立多数。よって、三案とも委員長報告のとおり可決いたしました。(拍手)
     ――――◇―――――
#13
○議長(土井たか子君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後五時二十七分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト