くにさくロゴ
1994/05/18 第129回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第129回国会 本会議 第20号
姉妹サイト
 
1994/05/18 第129回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第129回国会 本会議 第20号

#1
第129回国会 本会議 第20号
平成六年五月十八日(水曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十二号
  平成六年五月十八日
    午後五時開議
 第一常任委員長の選挙
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 日程第一 常任委員長の選挙
 平成六年度一般会計暫定補正予算(第1号)
 平成六年度特別会計暫定補正予算(特第1号)
 平成六年度政府関係機関暫定補正予算(機第1
  号)
    午後五時二分開議
#2
○議長(土井たか子君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
 日程第一 常任委員長の選挙
#3
○議長(土井たか子君) 日程第一、常任委員長の選挙に入ります。
 内閣委員長、商工委員長及び運輸委員長が欠員となっておりますので、この際、内閣委員長外二常任委員長の選挙を行います。
#4
○小坂憲次君 各常任委員長の選挙は、その手続を省略して、議長において指名されることを望みます。
#5
○議長(土井たか子君) 小坂憲次さんの動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、動議のとおり決まりました。
 議長は、各常任委員長を指名いたします。
         内閣委員長 田中 恒利さん
         商工委員長 白川 勝彦さん
           〔拍手〕
         運輸委員長 井上 一成さん
           〔拍手〕
     ――――◇―――――
#7
○小坂憲次君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 平成六年度一般会計暫定補正予算(第1号)、平成六年度特別会計暫定補正予算(特第1号)、平成六年度政府関係機関暫定補正予算(機第1号)、右三案を一括議題とし、委員長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#8
○議長(土井たか子君) 小坂憲次さんの動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 平成六年度一般会計暫定補正予算(第1号)
 平成六年度特別会計暫定補正予算(特第1号)
 平成六年度政府閉係械闘暫定補正予算(機第1号)
#10
○議長(土井たか子君) 平成六年度一般会計暫定補正予算(第1号)、平成六年度特別会計暫定補正予鈴(特第1号)、平成六年度政府関係機関暫定補正予算(機第1号)、右三案を一括して議題といたします。
 委員長の報告を求めます。予算委員長山口鶴男さん。
    ―――――――――――――
 平成六年度一般会計暫定補正予算(第1号)及び同報告書
 平成六年度特別会計暫定補正予算(特第1号)及び同報告書
 平成六年度政府関係機関暫定補正予算(機第1号)及び同報告書
    〔本号末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔山口鶴男君登壇〕
#11
○山口鶴男君 ただいま議題となりました平成六年度暫定補正予算(第1号)外二案につきまして、予算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 まず、暫定補正予算の概要について申し上げます。
 この暫定補正予算は、既定の暫定予算に追加し、あわせてこれを平成六年四月一日から六月二十九日までの期間に係る暫定予算とするためのものであります。
 一般会計につきましては、歳出は、既定の暫定予算に準じて、補正後暫定予算期間中における人件費、事務費等の経常的経費のほか、既定施策に係る経費について行政運営上必要最小限のものを計上いたしております。
 新規の施策に係る経費は原則として計上いたしておりませんが、教育及び社会政策上等の配慮から特に措置することが適当と認められるものについては、所要の経費を計上いたしております。
 また、公共事業関係費につきましては、補正後暫定予算期間中における事業の継続的執行を図るため、一般公共事業については、既定の暫定予算と合わせて、平成六年度予算額のおおむね七分の三を目途に計上いたしております。
 歳入は、税収等の補正後暫定予算期間中の収入見込み額を計上するほか、建設公債の発行を予定いたしております。
 以上の結果、一般会計暫定補正予算による追加額は、歳入が二兆九千百九十億円、歳出が十兆八千九百三十億円であり、これを既定の暫定予算に合わせた補正後暫定予算は、歳入総額六兆七千四百七十六億円、歳出総額二十一兆九千四百四十四億円となり、十五兆一千九百六十八億円の歳出超過となりますが、国庫の資金繰りについては、必要に応じ大蔵省証券を発行できることとなっております。
 特別会計及び政府関係機関の暫定補正予算につきましても、一般会計の例に準じて編成されております。
 この暫定補正予算三案は、本日予算委員会に付託され、藤井大蔵大臣から提案理由の説明を聴取し、質疑を行い、討論、採決の結果、いずれも賛
成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#12
○議長(土井たか子君) 三案を一括して採決いたします。
 三案の委員長の報告はいずれも可決であります。三案を委員長報告のとおり決するに賛成の皆さんの起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#13
○議長(土井たか子君) 起立多数。よって、三案とも委員長報告のとおり可決いたしました。(拍手)
     ――――◇―――――
#14
○議長(土井たか子君) 本日は、これにて散会いたします。
    午後五時九分散会
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト