くにさくロゴ
1993/10/22 第128回国会 参議院 参議院会議録情報 第128回国会 規制緩和に関する特別委員会 第2号
姉妹サイト
 
1993/10/22 第128回国会 参議院

参議院会議録情報 第128回国会 規制緩和に関する特別委員会 第2号

#1
第128回国会 規制緩和に関する特別委員会 第2号
平成五年十月二十二日(金曜日)
   午後零時十一分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 十月二十二日
   辞任          補欠選任
    喜岡  淳君      会田 長栄君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         林  寛子君
    理 事
                斎藤 文夫君
                陣内 孝雄君
                今井  澄君
                野別 隆俊君
                矢原 秀男君
    委 員
                尾辻 秀久君
                加藤 紀文君
                沓掛 哲男君
                須藤良太郎君
                竹山  裕君
                会田 長栄君
                佐藤 三吾君
                村田 誠醇君
                武田 節子君
                小島 慶三君
                足立 良平君
                西山登紀子君
                泉  信也君
                西川  潔君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (総務庁長官)  石田幸四郎君
   政府委員
       総務政務次官   小池百合子君
       総務庁行政管理
       局長       八木 俊道君
   事務局側
       常任委員会専門
       員        菅野  清君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○規制緩和に関する調査
 (規制緩和に関する件)
○参考人の出席要求に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(林寛子君) ただいまから規制緩和に関する特別委員会を開会いたします。
 この際、石田総務庁長官及び小池総務政務次官から発言を求められておりますので、順次これを許します。石田総務庁長官。
#3
○国務大臣(石田幸四郎君) 総務庁長官の石田幸四郎でございます。お許しをいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。
 行政改革は、政治改革、経済改革と並ぶ国政運営上の中心となるべき課題でございます。規制緩和を初めとする行政改革は、簡素で効率的な行政を実現し、変化への対応力に富み、国民の信頼を確保し得る政府をつくるために今後とも積極的に取り組むべき課題と認識をしており、その推進のため総務庁の総合調整官庁としての役割を的確に果たすべく誠心誠意取り組んでまいる所存でございます。
 委員長初め、委員の皆様方の格別の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げる次第でございます。
#4
○委員長(林寛子君) 次に、小池総務政務次官。
#5
○政府委員(小池百合子君) 総務政務次官の小池百合子でございます。
 石田長官をしっかりと補佐いたしまして、全力を尽くしてまいりたいと思います。
 委員長初め、皆様方の御指導、御鞭撻のほど何とぞよろしくお願いいたします。
#6
○委員長(林寛子君) ありがとうございました。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(林寛子君) 規制緩和に関する調査を議題といたします。
 規制緩和に関する件について、政府から説明を聴取いたします。石田総務庁長官。
#8
○国務大臣(石田幸四郎君) 本日は、政府における規制緩和の推進状況につき、御説明いたします。
 規制緩和は、行政改革の重要な柱であるとともに、経済改革を進めていく上でも重要な課題であります。政府としては、広く内外に開かれた経済社会の実現を図るとともに、消費者利益の増大、経済効率の一層の向上に向け、規制緩和を継続して進めていくことが必要であると考えます。
 公的規制の緩和については、これまでも臨調・行革審答申に沿って、その推進に努めてまいりました。
 また、本年四月に決定された総合経済対策に基づき、許認可等の見直しを進めているところであり、年内を目途に取りまとめをいたしたいと考えております。
 さらに、細川内閣においては、発足直後、現下の内外の経済諸情勢を踏まえ、緊急に規制緩和に取り組むこととし、各省庁において、約一ケ月弱という短期間で、その所管行政の各分野にわたり洗い出しを行いました。
 その結果、九月十六日の経済対策閣僚会議において緊急経済対策が決定され、この中で九十四項目に上る規制緩和を実施することといたしました。
 今回の作業は、内需の振興と輸入の拡大に主眼を置き、あわせて消費者や事業者などの負担の軽減による経済的コストの削減を念頭に置いたものであります。
 具体的には、全体を四つに整理しております。まず第一には、ビールの製造免許にかかわる最低製造数量基準の引き下げ、携帯電話に関する売り切り制の導入などの新規事実の創出・事業拡大等の促進にかかわるもの。第二には、タクシー事業にかかわる運賃料金の多様化及び増減車の弾力化、自動車検査等の緩和などの競争の促進・価格の弾力化等にかかわるもの。第三には、食品の日付表示方法の改正、建築資材にかかわる基準・認証制度の合理化などの輸入の促進等にかかわるもの。最後に、輸出検査対象品目の削減、検査基準の緩和等の申請者等の負担軽減にかかわるもので、合わせて九十四項目の広範多岐にわたる内容となっております。
 また、そのほかにも独占禁止法の適用除外制度の見直し、報告等にかかわる国民負担の軽減など引き続き規制緩和を推進する措置が盛り込まれたことも意義あるものと考えます。
 今回の作業は、細川内閣の規制緩和への取り組みの第一歩というべきものであり、規制緩和は今後とも継続して進めていかなければなりません。今月中に予定されている行革審の最終答申はもとより、経済改革研究会の検討結果を踏まえ、さらなる規制緩和に取り組んでまいる所存であります。
 規制緩和の推進には、国民各界各層の御支援が不可欠であると考えます。
 本委員会におかれましても、政府の規制緩和への取り組みにつき、御指導、御支援をお願い申し上げる次第であります。よろしくお願い申し上げます。
#9
○委員長(林寛子君) 以上で政府からの説明の聴
取は終わりました。
    ―――――――――――――
#10
○委員長(林寛子君) 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。
 規制緩和に関する調査のため、参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○委員長(林寛子君) 御異議ないと認めます。
 なお、その日時及び人選等につきましては、これを委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○委員長(林寛子君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後零時十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト