くにさくロゴ
1947/10/02 第2回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第82号
姉妹サイト
 
1947/10/02 第2回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第002回国会 議院運営委員会 第82号

#1
第002回国会 議院運営委員会 第82号
昭和二十三年十月二日(土曜日)
    午前十一時二十七分開議
 出席委員
   委員長 淺沼稻次郎君
      石田 博英君    高橋 英吉君
     山口喜久一郎君    笹口  晃君
      吉川 兼光君    小島 徹三君
      椎熊 三郎君    石田 一松君
      大島 多藏君    田中 健吉君
      中野 四郎君    野坂 參三君
 委員外の出席者
        議     長 松岡 駒吉君
        副  議  長 田中 萬逸君
        議     員 玉井 祐吉君
        事 務 総 長 大池  眞君
        法制局第一部長 三浦 義男君
十月二日委員坪井亀藏君辞任につき、その補欠と
して大島多藏君が議長の指名で委員に選任された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した事件
 委員派遣承認申請に関する件
 衆議院規則の改正に関する件
 國会議員の退職金制度要綱に関する件
 政党事務員記章割当に関する件
    ―――――――――――――
#2
○淺沼委員長 これより議院運営委員会を開きます。
 昨日協議いたしました事項で残つております予算委員の割当の問題を議題に供します。しばらく懇談の形で議事を進めていただきます。
    〔速記中止〕
#3
○淺沼委員長 それでは五十一名でよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○淺沼委員長 それではもう一度申し上げますと、内閣ほか十八の委員会は二十五名、予算五十一名、図書館十名と決定することに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
 これで衆議院規則は全部委員会としては議了する結果になりますので御了承願いたいと思います。
 第一点は四十二條の人事委員会をふやすこと、これは國会法の改正によつて衆議院規則も一つふえてまいりました。員数の点についてはただいま申し上げた通りでありますが、これで本決定にしてよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○淺沼委員長 それではさよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#7
○淺沼委員長 次に記章割当の件を議題に供します。
    〔大池事務総長説明〕
#8
○淺沼委員長 これに対して別に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#10
○大池事務総長 委員派遣の要求がございます。一つは運輸及び交通委員会からで、これは運輸省の外郭團体等の実地調査という、前に一応付託されている事項でありまして、十月四日から四日間人員は四名でありまして、東京都と神奈川縣の自動車工場等を実地調査したいという御要求であります。
#11
○淺沼委員長 これは前の規定を覆えさない範囲で、その審査は事務当局でやつていただくことにして御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#12
○淺沼委員長 御異議なければさよう決定いたします。
#13
○大池事務総長 同時に本日参りましたのは、國土計画委員会からこの間のアイオン台風の災害状況の調査に参りたいということで宮城縣と岩手縣に三名、栃木縣、群馬縣に二名、山形縣、福島縣に二名、これは農林委員会と水害対策委員会と両方から一応出ておるわけであり、國土計画委員会からも申し出てまいつたのでありますが、これはどういうぐあいに取扱いますか。
#14
○淺沼委員長 これは水害対策委員会と連絡をとつて話合いをつけてもらうことにいたしましようか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○淺沼委員長 それではさよう取計らいます。
#16
○大池事務総長 いま一点は共同募金の点でございますが、先日都の方の村上秀子さんという方が参りまして、昨年度は非常に成績が悪かつたそうで、本年は特に大運動を十月一日から展開しておるそうでございます。従つて議員さんに対しても昨年同様募金の方をお願いしたいという申入れがありました。昨年度は一人百円ずつ歳費から差引いて差上げております。
#17
○淺沼委員長 これは前通りでよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#18
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#19
○淺沼委員長 それから議員の面会に関する件があります。
    〔大池事務総長説明〕
   議員の面会に関する件
 一、議長及び副議長に対する面会については、正副議長室まで院内通行証を発行する。但し、人数は正副議長において成るべく制限する。
 二、議員に対する面会については、院内通行証を発行しないで議員面会所を使用する。
 三、議員面会所には、階下に一般面談室が一室あり、二階に特別面談室が七室あるが各党に割当てないで共用とする。
 四、議員面会所の受付には各党連絡のため事務局において連絡員を置く。
#20
○淺沼委員長 それでは一応これで決定して、やり方いかんによつては改正することにして、院内の特別面談所については、場合によつては各党で利用するということでよろしゆうございますか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#21
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#22
○淺沼委員長 次に議員の退職金の問題を議題に供します。
#23
○三浦法制局第一部長 國会議員の退職金の問題につきましては、御承知の通り國会法の第三十六條に根本法規がございますが、これに対する立法措置が講ぜられていないわけです。しかしこの制度を考えます場合に、非常にいろいろな事柄を含んでおりまして、事務的に検討いたします場合にいろいろむずかしい点がありますので、御意見を承りまして、つくるとすればその意向によつて立案をしてみたいと考えておるわけですが、一応御参考までにわれわれの方で事務的に検討いたしました点をここに並べてみたわけでございます。
    ―――――――――――――
#24
○三浦法制局第一部長 なお細かく申し上げますと議長、副議長、議員と歳費の年額は違いますので、それによつて区別をつけるかどうか、いろいろ御意見もあろうと思いますが、それを区別してやることは取扱上非常はめんどうなことになりますので、一応この案におきましては議員の歳費一万八千円を基準として考えております。
#25
○淺沼委員長 それでは今の要綱を中心にして條文化することにして、法案作成については法制部に一任することに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#26
○淺沼委員長 さよう決定いたします。
 本日はこの程度で散会いたします。
    午後零時七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト