くにさくロゴ
1993/12/08 第128回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第128回国会 議院運営委員会 第12号
姉妹サイト
 
1993/12/08 第128回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第128回国会 議院運営委員会 第12号

#1
第128回国会 議院運営委員会 第12号
平成五年十二月八日(水曜日)
    午後七時一分開議
出席委員
  委員長 奥田 敬和君
   理事 中村正三郎君 理事 伊吹 文明君
   理事 川崎 二郎君 理事 鈴木 宗男君
   理事 森井 忠良君 理事 山下八洲夫君
   理事 愛野興一郎君 理事 簗瀬  進君
   理事 遠藤 和良君
      七条  明君    蓮実  進君
      福永 信彦君    増子 輝彦君
      山口 俊一君    山本 公一君
      横内 正明君    輿石  東君
      井奥 貞雄君    玄葉光一郎君
      茂木 敏充君    山崎広太郎君
      高木 陽介君    青山  丘君
      東中 光雄君
 委員外の出席者
        議     長 土井たか子君
        副  議  長 鯨岡 兵輔君
        事 務 総 長 緒方信一郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
十二月六日
 辞任
  細川 律夫君
同日
           補欠選任
            玄葉光一郎君
同月八日
 辞任        補欠選任
  今津  寛君    七条  明君
  松下 忠洋君    横内 正明君
同日
 辞任        補欠選任
  七条  明君    今津  寛君
  横内 正明君    松下 忠洋君
    ―――――――――――――
十二月三日
 国立国会図書館の職員採用における点字・拡大
 文字等による試験の実施等に関する請願(遠藤
 和良君紹介)(第二七七二号)
同月六日
 国立国会図書館の職員採用における点字・拡大
 文字等による試験の実施等に関する請願(森井
 忠良君紹介)(第三〇五一号)
同月七日
 国立国会図書館の職員採用における点字・拡大
 文字等による試験の実施等に関する請願(中村
 正三郎君紹介)(第三一七四号)
同月八日
 国立国会図書館の職員採用における点字・拡大
 文字等による試験の実施等に関する請願(簗瀬
 進君紹介)(第三五七二号)
 戦争責任謝罪の国会特別決議と戦後補償問題調
 査特別委員会の設置に関する請願(大畠章宏君
 紹介)(第三六一二号)
 同(山口鶴男君紹介)(第三六一三号)
は本委員会に付託された。
    ―――――――――――――
十二月三日
 国民に開かれた国会改革実現に関する陳情書外
 二件(北海道函館市東雲町四の一三函館市議会
 内本間新外二名)(第二二八号)
は本委員会に参考送付された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
    ―――――――――――――
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○奥田委員長 これより会議を開きます。
 まず、本日予算委員会の審査を終了する予定の平成五年度一般会計補正予算(第2号)、平成五年度特別会計補正予算(特第2号)及び平成五年度政府関係機関補正予算(機第2号)についで、委員長から緊急上程の申し出があります。
 右各案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#4
○奥田委員長 次に、ただいま緊急上程するに決しました補正予算三案に対し、自由民主党・自由国民会議の橋本龍太郎君外五名から、平成五年度一般会計補正予算(第2号)、平成五年度特別会計補正予算(特第2号)及び平成五年度政府関係機関補正予算(機第2号)につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議が提出される予定になっております。
 本動議の趣旨弁明は、提出者の衛藤征士郎君が行うことになっております。
 また、ただいまの補正予算三案及び自由民主・党・自由国民会議提案の動議に対し、自由民主党・自由国民会議の野中広務君ハ民社党・新党クラブの高木義明君、日本共産党の松本善明君から、それぞれ討論の通告があります。
 討論時間は、おのおの十分以内とするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、採決は、動議及び補正予算のいずれについても起立採決をもって行います。
    ―――――――――――――
#6
○奥田委員長 次に、本日地方行政委員会の審議を終了する予定の地方交付税法等の一部を改正する法律案、大蔵委員会の審査を終了する予定の平成五年度における国債整理基金に充てるべき資金の繰入れの特例に関する法律案、農業共済再保険特別会計の農業鑑定における平成五年度の再保険金の支払財源の不足に対処するための特別措置に関する法律案の各法律案について、それぞれ委員長から緊急上程の申し出があります。
 右各法律案は、本日の本会議において緊急上程するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○奥田委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたします。
    ―――――――――――――
#8
○奥田委員長 次に、本日の本会議の議事順序につして、事務総長の説明を求めます。
#9
○緒方事務総長 まず最初に動議により、補正予算三案を緊急上程いたしまして山口予算委員長の報告がございます。次いで衛藤征士郎さんから、補正予算三案につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議につきまして、趣旨弁明がございます。次いで三案及び動議に対しまして、三人の方々からそれぞれ討論が行われますが、順序は印刷物のとおりであります。次いで採決に入ります。まず橋本龍太郎さん外五名提出の補正予算三案につき撤回のおうえ編成替えを求める動議を採決いたします。社会党、新生党、さきがけ日本新党、公明党、民社党及び共産党が反対でございます。次いで補正予算三案を一活して採決いたします。自民党及び共産党が反対でございます。
 次に、日程第一でありますが、委員長提出の議案でありますので、議長から委員会の審査を省略するころをお諮りいたします。次いで山田交通安全対策特別委員長の趣旨弁明がございまして、全
会一致であります。
 次に、動議により、地方行政委員会の法律案を緊急上程いたしまして、粟屋地方行政委員長の報告がございます。共産党が反対でございます。
 次に、大蔵委員会の二法律案を緊急上程いたしまして、富地大蔵委員長の報告がございます。両案を一括して採決いたしまして、共産党が反対でございます。
    ―――――――――――――
 本日の議事は、以上でございます。
 緊急上程申出議案
   予算委員会 委員長 山口 鶴男君
  平成五年度一般会計補正予算(第2号)
  平成五年度特別会計補正予算(特第2号)
  平成五年度政府関係機関補正予算(機第2号)
   地方行政委員会 委員長 粟屋 敏信君
  地方交付税法等の一部を改正する法律案(内
  閣提出)
   大蔵委員会 委員長 宮地 正介君
  平成五年度における国債整理基金に充てるべ
  き資金の繰入れの特例に関する法律案(内閣
  提出)
  農業共済再保険特別会計の農業勘定における
  平成五年度の再保険金の支払財源の不足に対
  処するための特別措置に関する法律案(内閣
  提出)
      補正予算の議事順序
   平成五年度一般会計補正予算
   (第2号)
   平成五年度特別会計補正予算 一括議題
   (特第2号)
   平成五年度政府関係機関補正
   予算(機第2号)
  一、予算委員長の報告 山口 鶴男君
  二、平成五年度一般会計補正予算(第2号)、
    平成五年度特別会計補正予算(特第2号)
    及び平成五年度政府関係機関補正予算
    (機第2号)につき撤回のうえ編成替えを
    求めるの動議(橋本龍太郎君外五名提出)
     動議趣旨弁明  衛藤征士郎君(自)
  三、討論(補正予算及び動議一括)
   動議に反対、原案に賛成
            高木 義明君(民)
   動議に賛成、原案に反対
            野中 広務君(自)
   動議に反対、原案に反対
            松本 善明君(共)
  四、採決
   1.平成五年度一般会計補正予算(第2号)、
    平成五年度特別会計補正予算(特第2号)
    及び平成五年度政府関係機関補正予算
    (機第2号)につき撤回のうえ編成替え
    を求めるの動議(橋本龍太郎君外五名提
    出)
   2.平成五年度一般会計補正
    予算(第2号)
    平成五年度特別会計補正予
    算(特第2号)      一括採決
    平成五年度政府関係機関補
    正予算(機第2号)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十二号
  平成五年十二月八日
    午後二時開議
 第一 自転車の安全利用の促進及び自転車駐車
    場の整備に関する法律の一部を改正する
    法律案(交通安全対策特別委員長提出)
    ―――――――――――――
#10
○奥田委員長 それでは、本日の本会議は、午後七時二十分予鈴、午後七時三十分から開会いたします。
    ―――――――――――――
#11
○奥田委員長 次に、次回の本会議及び委員会は、追って公報をもってお知らせいたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後七時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト