くにさくロゴ
1993/10/01 第128回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第128回国会 予算委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/10/01 第128回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第128回国会 予算委員会 第1号

#1
第128回国会 予算委員会 第1号
本国会召集日(平成五年九月十七日)(金曜日)
(午前零時現在)における本委員は、次のとおり
である。
  委員長 山口 鶴男君
   理事 衛藤征士郎君 理事 越智 通雄君
   理事 野中 広務君 理事 深谷 隆司君
   理事 中西 績介君 理事 野坂 浩賢君
   理事 杉山 憲夫君 理事 草川 昭三君
   理事 井出 正一君
      伊藤 公介君    江藤 隆美君
      小澤  潔君    鹿野 道彦君
      後藤田正晴君    近藤 鉄雄君
      志賀  節君    島村 宜伸君
      関谷 勝嗣君    高鳥  修君
      東家 嘉幸君    中山 太郎君
      松永  光君    村田敬次郎君
      村山 達雄君    柳沢 伯夫君
      若林 正俊君    綿貫 民輔君
      井上 一成君    伊東 秀子君
      坂上 富男君    鉢呂 吉雄君
      細川 律夫君    加藤 六月君
      工藤堅太郎君    笹山 登生君
      月原 茂晧君    山本 幸三君
      石井 啓一君    河上 覃雄君
      谷口 隆義君    二見 伸明君
      荒井  聰君  五十嵐ふみひこ君
      石井 紘基君    鮫島 宗明君
      高木 義明君    中野 寛成君
      中島 武敏君    不破 哲三君
―――――――――――――――――――――
平成五年十月一日(金曜日)
    午前十時一分開議
出席委員
  委員長 山口 鶴男君
   理事 衛藤征士郎君 理事 越智 通雄君
   理事 野中 広務君 理事 深谷 隆司君
   理事 中西 績介君 理事 野坂 浩賢君
   理事 杉山 憲夫君 理事 草川 昭三君
   理事 井出 正一君
      伊藤 公介君    江藤 隆美君
      小澤  潔君    鹿野 道彦君
      後藤田正晴君    近藤 鉄雄君
      志賀  節君    島村 宜伸君
      関谷 勝嗣君    高鳥  修君
      東家 嘉幸君    松永  光君
      村田敬次郎君    村山 達雄君
      柳沢 伯夫君    若林 正俊君
      綿貫 民輔君    井上 一成君
      伊東 秀子君    坂上 富男君
      鉢呂 吉雄君    細川 律夫君
      加藤 六月君    工藤堅太郎君
      笹山 登生君    月原 茂晧君
      山本 幸三君    石井啓 一君
      河上 覃雄君    谷口 隆義君
      二見 伸明君    荒井  聰君
    五十嵐ふみひこ君    石井 紘基君
      鮫島 宗明君    高木 義明君
      中野 寛成君    志位 和夫君
      松本 善明君
 出席国務大臣
        内閣総理大臣  細川 護煕君
        法 務 大 臣 三ケ月 章君
        外 務 大 臣 羽田  孜君
        大 蔵 大 臣 藤井 裕久君
        文 部 大 臣 赤松 良子君
        厚 生 大 臣 大内 啓伍君
        農林水産大臣  畑 英次郎君
        通商産業大臣  熊谷  弘君
        運 輸 大 臣 伊藤  茂君
        郵 政 大 臣 神崎 武法君
        労 働 大 臣 坂口  力君
        建 設 大 臣 五十嵐広三君
        自 治 大 臣
        国家公安委員会
        委員長     佐藤 観樹君
        国 務 大 臣
        (内閣官房長官
        )       武村 正義君
        国 務 大 臣
        (総務庁長官) 石田幸四郎君
        国 務 大 臣
        (北海道開発庁
        長官)    
        (沖縄開発庁長
        官)
        (国土庁長官) 上原 康助君
        国 務 大 臣
        (防衛庁長官) 中西 啓介君
        国 務 大 臣
        (経済企画庁長
        官)      久保田真苗君
        国 務 大 臣
        (科学技術庁長
        官)      江田 五月君
        国 務 大 臣
        (環境庁長官) 広中和歌子君
        国 務 大 臣 山花 貞夫君
 出席政府委員
        内閣法制局長官 大出 峻郎君
        外務省総合外交
        政策局長    柳井 俊二君
        外務省北米局長 佐藤 行雄君
        外務省条約局長 丹波  實君
        大蔵省主計局長 篠沢 恭助君
 委員外の出席者
        予算委員会調査
        室長      堀口 一郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
九月二十八日
 辞任         補欠選任
  中島 武敏君     松本 善明君
十月一日
 辞任         補欠選任
  不破 哲三君     志位 和夫君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
国政調査承認要求に関する件
 予算の実施状況に関する件
     ――――◇―――――
#2
○山口委員長 これより会議を開きます。
 国政調査承認要求に関する件についてお諮りいたします。
 予算の実施状況に関する事項について、議長に対し、国政調査の承認を求めることとし、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○山口委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
     ――――◇―――――
#4
○山口委員長 予算の実施状況に関する件について調査を進めます。
 この際、細川内閣総理大臣、羽田外務大臣及び藤井大蔵大臣から発言を求められておりますので、順次これを許します。内閣総理大臣細川護熙君。
#5
○細川内閣総理大臣 私は、総理就任後初の外国訪問として、第四十八回国連総会出席のため九月二十五日から二十七日までニューヨークに滞在をいたしまして、二十八日に帰国をしたところでございます。
 私は、一般討論演説の第一日目である二十七日午前に、クリントン米国大統領などの演説の後、四番目に一般討論演説を行ってまいりました。
 演説におきましては、変革の時代を迎えている国際社会にあって、我が国としても、国内改革、すなわち、政治改革、経済改革、行政改革という三つの改革に対する新政権の積極的な取り組みの姿勢を述べた上で、国際の平和と安全の維持のための国連による種々の努力に対し、人的及び財政的貢献を積極的に果たしていくとの姿勢を明らかにしてきたところでございます。
 また、過去の歴史への反省を忘れず、世界の平和と繁栄のために寄与するとのかたい決意も述べてまいったところでございます。
 さらに、最近のロシア情勢に関し、我が国として、エリツィン大統領の改革努力を引き続き支持することを明らかにし、ロシアにおける国民の意思を反映する政治状況が早期に創出され、改革がさらに推進されることを期待する旨述べてまいりました。
 また、冷戦の終結後、世界平和の構築に当たって国際社会が直面する四つの重要課題、すなわち、軍縮・不拡散、紛争の予防と平和的解決、経済開発、地球的規模問題への取り組みにつきまして、我が国の考え方を明らかにしてまいりました。
 軍縮・不拡散の分野に関しましては、私の所信表明演説で明らかにいたしました九五年以降のNPT(核不拡散条約)の無期限延長支持を表明をいたしてまいりました。同時に、この条約の無期限延長が核兵器国による核兵器保有の恒久化を意味するものであってはならないことも、あわせて述べてきたところでございます。
 この関連で、米ロの核軍縮の進展を歓迎し、包括的核実験禁止に向けた前進を評価いたしました。また、我が国としても、旧ソ連の核兵器解体支援など核兵器の減少に向けて積極的な努力を展開する意思を明らかにし、また、北朝鮮に対しましては、IAEA(国際原子力機関)との間の保障措置協定の完全な履行などを通じ、核兵器開発に関する国際社会の懸念を払拭するよう強く求めたところでございます。
 このほかに、通常兵器につきましては、国連軍備登録制度の実効的実施が必要であり、より多くの国がこれに参加することを訴えてまいりました。
 紛争の予防と平和的解決の分野につきましては、まず、地域的安全保障の枠組みや二国間・多国間の政治・安全保障対話を十分利用することが有益であることを述べてまいりました。
 次いで、先般のイスラエルとパレスチナ人の原則宣言署名を歓迎しつつ、パレスチナに対し二年間で二億ドルをめどに支援を行うとの方針を明らかにいたしました。この支援は、食糧、医薬品の無償援助、及びインフラ整備のための低利の資金協力を含むものになるだろうと思っております。また、人道的配慮、特に人権の尊重は平和の問題と不可分であり、我が国の関係者が他の国の人々とともに汗を流しているような国のあり方を目指す旨述べてきたところでございます。
 経済開発は平和を構築する上での根幹となるとの認識のもとに、移行期にある諸国の政治・経済両面での変革と、途上国の開発努力の双方に対する支援を進めるべき旨述べてまいりました、開発途上国との関係では、現在世界最大規模の日本のODA(政府開発援助)をさらに拡充する方針を明らかにして、第五次ODA中期目標につきまして言及をいたしましたほか、このような努力の一環として、来週東京で開催されますアフリカ開発会議にも言及をしたところでございます。
 地球的規模問題への取り組みにつきましては、特に環境と人口について述べてまいりました。環境の分野におきましては、我が国の経験と能力を生かして環境問題の解決に向けた国際的努力に主導的な役割を果たす姿勢を明らかにし、技術及び資金面で貢献することを訴えてまいりました。また、人口の分野におきましては、教育や広報を視野に入れた幅広いアプローチが必要であることを述べた上で、来年一月東京で開催される人口問題に関する賢人会議を取り上げたところでございます。
 さらに、国連創設後の国際環境の劇的な変化や加盟国数の拡大を踏まえて、二十一世紀を目前に控えた新たな時代の要請にこたえるべく、国連が取り組むべき三つの改革、すなわち、平和維持活動の機能強化、安全保障理事会の改組、行財政改革につきまして、私の考えを述べてまいりました。
 まず、国連の平和維持活動につきましては、今後とも協力を着実に進めていくとの姿勢を明らかにいたしました。ここで、特に、カンボジア暫定機構(UNTAC)の成功に触れ、包括的な和平の枠組みの存在及び国際社会の支持の存在があって成功につながった例として、国連の将来の活動に対し有益な示唆を与えることになったことを指摘をしたところでございます。その上で、個々の平和維持活動の時限化、適正な評価、及び活動期間の延長に当たっての既存の活動の厳格な見直しの必要性などを訴えてまいりました。
 次に、安全保障理事会改組につきましては、世界の平和と安全に主要な責任を有する安保理の機能強化が必要であり、そのためには、世界の繁栄と安定のために貢献する意思と相応の能力を持つ加盟国を積極的に活用していくことが重要であることを強調をいたしました。さらに、世界の大勢が効率性を確保しつつ安保理の拡大を支持していることを踏まえ、我が国として、安保理の改革問題に関する議論に建設的な立場で参加していくとの立場を表明をいたしました。
 行財政改革につきましては、国連の深刻な財政状況を踏まえて、まず、加盟国がみずからの責務を果たすことを訴え、次いで、国連の財政面での規律の強化と実効的なコントロールに関する国連自身の最大限の努力を期待する旨申し述べてきたところでございます。
 そして、我が国は、これらの三点を踏まえて改革された国連において、なし得る限りの責任を果たす用意があることを表明をいたしました。
 私は、国連総会出席の機会に、ブトロス・ガーリ事務総長及びインサナリ国連総会議長と会談をいたしてまいりました。
 羽田副総理兼外務大臣とともに臨んだガーリ事務総長との会談におきましては、国連の財政危機が深刻になっている状況にかんがみ、先般、我が国が支払い義務の生じている国連平和維持活動分担金の全額を支払ったことに対し、同事務総長より感謝の意の表明がございました。私からは、財政面のみならず、国連平和維持活動を初めとする国連の活動に対する日本の積極的な協力姿勢をお伝えをしたところでございます。また、本年十二月の同事務総長の訪日の希望が表明されましたので、私より、これを歓迎する旨申し述べてまいったところでございます。
 インサナリ総会議長との会談におきましては、私より、国連の役割がますます重要になる中で、国連を最初の外国訪問先に選んだ旨、及び総会議長の卓越した議事運営に期待する旨述べてまいりました。これに対して、同総会議長よりは、我が国の国連に対する貢献への評価と期待が表明されたところでございます。
 私は、二十七日午後、クリントン米国大統領と一時間余りにわたって極めて和やかな雰囲気のもとで、首脳会談を行ってまいりました。
 政権発足後初の首脳会談である今回の会談に際しましては、同じく改革を目指す指導者としての強い共感に立って、今後一層日米関係の強化を図ることを首脳レベルで確認することを目的として臨んでまいりました。こうした所期の目的は十分に果たせたと考えているところでございます。
 すなわち、会談におきまして、私から新政権が「責任ある変革」のテーマのもとで進めている三つの国内改革の現状と見通しについて説明を行い、こうした改革は日本国民のためのみならず、より開かれた日本をつくるという意味で国際社会にとっても意味のある変革であるとの認識をお示
しをいたしました。これに対し、クリントン大統領は、我が国の改革努力を歓迎をし、支持する姿勢を示されたところでございます。
 日米関係については、日米安保体制を中心とする両国関係の基本的な枠組みを堅持しつつ、政治・安全保障、グローバルな協力、経済関係の各分野において協力関係を発展させていくことを改めて確認をいたしました。このうち、経済分野におきましては、日米双方の努力で包括経済協議の進展を図ることで意見の一致を見たところでございます。
 また、会談におきましては、現下の国際情勢についても実質的な意見交換を行い、ロシア、アジア・太平洋、中東和平など主要外交案件について相互の意思疎通を深めてまいりました。中東和平との関連では、私が国連総会演説において発表いたしました対パレスチナ支援についてクリントン大統領から高い評価が示されました。
 今回の会談におきましては、以上のような忌憚のない意見交換を通じまして、私とクリントン大統領との間で確固たる信頼関係が確立されたと考えております。今後とも、このたびの会談の成果を基盤に、日米関係の一層の強化に努めてまいりたいと考えているところでございます。
 このたびの総会への出席を通じまして、冷戦終結後の国連の役割が一層重要になっていることを再確認をいたしてまいりました。また、国際社会における我が国の役割は極めて大きくなっており、我が国への期待も増大していることから、我が国として、今後とも世界全体を視野に置いた外交を積極的に展開する必要性を改めて痛感してきたところでございます。
 このような外交の推進のため、今後とも関係各位の御理解と御協力をお願いを申し上げる次第でございます。
 以上、御報告にかえさせていただきます。(拍手)
#6
○山口委員長 次に、外務大臣羽田孜君。
#7
○羽田国務大臣 私は、第四十八回国連総会出席のため細川総理とともに九月二十五日からニューヨークに滞在し、二十七日の細川総理の一般討論演説を傍聴するとともに、各種の外相会談等を行い、三十日に帰国いたしました。
 私は、総理とともに二十七日ブトロス・ガーリ事務総長と会談を行い、また、二十七日の日米首脳会談に同席いたしました。これらの会談の模様は総理から御報告があったとおりでございます。
 今回の国連総会出席の機会を利用して、ロシア、イスラエル、ウクライナ、オーストラリア、中国、エジプト、米国、イラン等の外相と二国間会談を行いました。
 また、先進国サミット参加諸国、中南米、アフリカ、南西アジア、EC諸国代表との、各地域とのグループで外相との会談も行わせていただきました。
 さらに、米国人有識者たちとの貴重な意見交換もしてまいりました。
 これらの一連の意見交換を通じて、米国を初めとする主要国との協力関係を確認するとともに、途上国との対話を促進することができました。
 また、ロシア外相との会談において、エリツィン大統領の訪日に合意をいたしました。
 さらに、イスラエル外相、エジプト外相と会談を行い、中東和平について我が国が積極的に協力していくことを明らかにしたところであります。
 各国外相との会談の概要を簡単に申し上げます。
 米国国務長官との間では、二国間関係に加え、両国が共通の関心を有する幾つかの地域問題についても意見交換を行いました。
 二国間関係につきましては、包括経済協議が円滑に進むよう日米双方が努力していくことを改めて確認したところであります。
 地域問題としては、北朝鮮、中国、ハイチの問題を取り上げました。北朝鮮については、北朝鮮の核開発問題が国連安全保障理事会に持ち込まれる事態になる前にあらゆる外交努力を払う必要があることを確認し合うと同時に、日本、米国、韓国の三カ国で緊密な協力を維持していくことで意見が一致したところであります。
 ロシア外務大臣との会談におきましては、二国間問題や国際情勢について意見交換をいたしました。
 エリツィン大統領訪日につきましては、昨年より二国間の懸案となっておりましたが、今回の日ロ外相会談で訪日に合意をしたところであります。
 我が国政府・国民がエリツィン大統領の訪日を歓迎するとともに、有意義な話し合いを持ち、もって日ロ関係に新しい一ページを開くことができるよう鋭意準備を進めてまいりたいと考えております。
 中国外交部長との会談におきましては、二国間関係及び国際情勢について意見交換を行いました。
 本年は日中平和友好条約締結十五周年であり、さらに広がりと深さを持った日中関係の構築に双方が努力していくことが重要と考えております。
 私からは、新政権も引き続き日中関係を極めて重視していることを説明したところであります。
 また、地球的規模の問題についても日中双方で協力していくことを確認するとともに、国際情勢についても率直な意見交換を行いました。
 イスラエル外相、エジプト外相との会談を通じ、我が国が中東和平のために関係国との協力のもとに引き続き積極的な貢献を行っていくことを述べたところであります。
 中東和平問題については、最近のイスラエル・パレスチナ間の合意を着実に実施し、包括的和平へとつなげていくため、国際社会が協力して同合意を支援していくことが必要という点で一致しました。
 我が国は、同合意を支援するため、二年間に二億ドルをめどに支援を行う方針であること、そして、その支援は、食糧、医薬品の緊急援助、インフラ整備のための低利の資金協力を含むものとなろうということを総理の国連演説で明らかにされたところであります。これは、国連事務総長、米国、関係当事国などから高い評価を受けたところでありました。
 サミット参加七カ国外相の会合におきましては、私は議長を務め、ロシア情勢、中東和平、旧ユーゴスラビア等の地域紛争を中心として、国際社会の抱える主要問題につき幅広く議論をいたしたところであります。
 いずれの問題についても、サミット諸国の協調した対応がますます重要となっていることを改めて確認し、今後とも各国間で密接な連絡が必要であることを確認したところであります。
 アフリカ、中南米、南西アジア諸国グループの外相とそれぞれ一堂に会する機会を持ちました。一連の話し合いを通じまして、歴史や文化・伝統、これを守りながら、民主化、そして経済発展等に向けて努力していくとの各国の決意をひしひしと感じたものであります。
 また、これら諸国からは、みずからも地域内の他国を援助していこうという新しい姿勢というものが見られたことは大変心強く思いました。
 同時に、各国からは、我が国の種々の支援に対しまして感謝の意が表明されるとともに、我が国がこれら諸国の発展のために今後とも積極的に貢献を行ってほしいとの期待が強く述べられたところであります。
 これら諸国の発展のために、今後とも我が国は積極的な協力を行っていく必要があろうと存じます。
 冷戦が終結した現在、世界は、軍縮・不拡散、紛争の予防と平和的解決、経済開発、地球的規模問題等さまざまな問題に直面をいたしております。
 特に、世界平和の重要性はこれまで多く語られていますが、本当の世界平和を実現するために、各国とも並み並みならぬ決意を持っていることを
やはり強く感じたところであります。
 今回の国連総会への出席を通じ、これらの問題に対処するため国連の役割が一層高まっていることを改めて痛感をいたしました。
 我が国として今後さらに国連への協力を行っていく必要があろうと考えます。
 国際社会における我が国の役割は極めて大きく、各国が我が国に寄せる期待も大変大きなものになっていることを感じたところであります。
 我が国として今後とも世界全体を視野におさめた外交を積極的に展開する必要があろうというふうに信じます。
 今後とも積極的な外交推進のため、各位の御理解と御協力をお願いいたしまして、報告といたします。(拍手)
#8
○山口委員長 次に、大蔵大臣藤井裕久君。
#9
○藤井国務大臣 今般、ワシントンで開催されました七カ国蔵相・中央銀行総裁会議、IMF暫定委員会等の一運の国際会議に出席するとともに、ベンツェン米財務長官を初めとする各国の大蔵大臣等との会談の機会を得ました。
 これらの諸会議で討議された主な項目について御報告申し上げます。
 まず第一に、先進国経済は概して景気回復がおくれている状況の中で、各国において、経済の現状を踏まえ、金融面、財政面での措置がとられており、先進国の政策対応面において実質的な進展があったとの認識が確認されました。今後ともこのような努力を持続する必要があり、米国においては医療保険制度改革、カナダにおいては財政赤字削減五カ年計画、我が国においては広範な規制緩和と税制改革、そして、欧州においては金利の低下と財政改革に取り組んでいることを、それぞれが説明し、これに期待するとの認識がありました。
 我が国の経済政策については、私から、景気回復に向けた動きに足踏みが見られるという我が国経済の現状に対処するため、新政権成立後短期間のうちに緊急経済対策をとったこと、今回の対策は、円高差益の還元や規制緩和等に加え、社会資本整備も含めた幅広い諸施策を取りまとめたものであること、さらに、今後経済社会構造の変革について、経済改革研究会において検討を行うこととしていること、及び税制の抜本的改革について、税制調査会における総合的な検討を推進することとしていること等について説明し、各国の理解が深まったものと考えております。
 また、為替相場については、私から、急激な円高は我が国の景気回復に影響を与えていることを説明し、G7会合では、為替レートは経済のファンダメンタルズを反映すべきであり、過度の変動は望ましくなく、為替市場において引き続き緊密な協力を行っていくとのコミットメントが再確認されました。
 次に、途上国経済は全般的には比較的順調なものの、低所得国の多くでは窮状が続いていることに懸念が表明されました。
 第三に、ロシアについては、ロシア代表から、一連の国際会議において、最近の情勢や改革を進める政府の姿勢についての報告がなされました。なお、この関連で、G7としてはフョードロフ蔵相との会合を踏まえ、ロシアの経済改革努力を引き続き支援することを確認するとともに、ロシアが既にコミットしている諸施策を実施していくよう強く促すという声明を発表しました。
 第四に、中東支援の問題も話題となり、イスラエルとパレスチナの歴史的な合意を受けて、この地域の平和の達成のためには、この地域における経済状況を改善し、働く場をつくることが重要であるという広い認識がありました。
 今回の一連の会合では、先進国の景気回復がおくれている状況のもとで、各国が、それぞれ、いろいろな制約を抱えながら困難な問題に一生懸命対処していることについて、率直かつ忌憚のない意見交換が行われました。このような意見交換を通じて、各国の財政・金融政策のスタンス等についてお互いの理解が深まったことは非常に有意義であったと考えております。(拍手)
#10
○山口委員長 これにて各大臣の発言は終わりました。
 次回は、来る四日委員会を開会することとし、本日は、これにて散会いたします。
    午前十時二十六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト