くにさくロゴ
1993/01/29 第128回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第128回国会 本会議 第16号
姉妹サイト
 
1993/01/29 第128回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第128回国会 本会議 第16号

#1
第128回国会 本会議 第16号
平成六年一月二十九日(土曜日)
    ―――――――――――――
 議事日程 第十四号
  平成六年一月二十九日
    午前十時開議
    〔請願日程は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
○本日の会議に付した案件
 公職選挙法の一部を改正する法律案両院協議会
  成案
 衆議院議員選挙区画定審議会設置法案両院協議
  会成案
 政治資金規正法の一部を改正する法律案両院協
  議会成案
 政党助成法案両院協議会成案
 請願日程 元日赤救護看護婦に対する慰労給付
  金に関する請願外六百三請願
 国立国会図書館の職員採用における点字・拡大
  文字等による試験の実施等に関する請願外三
  請願
 労働委員会、予算委員会、決算委員会及び懲罰
  委員会を除く内閣委員会外十五常任委員会並
  びに政治改革に関する調査特別委員会を除く
  災害対策特別委員会外七特別委員会において
  、各委員会から申出のあった案件について閉
  会中審査するの件(議長発議)
 外国産牛肉輸入調整法案(江藤隆美君外四名提
  出)は、農林水産委員会において閉会中審査
  するの件(議長発議)
    午後四時四十三分開議
#2
○議長(土井たか子君) これより会議を開きます。
     ――――◇―――――
#3
○井奥貞雄君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 公職選挙法の一部を改正する法律案両院協議会成案、衆議院議員選挙区画定審議会設置法案両院協議会成案、政治資金規正法の一部を改正する法律案両院協議会成案、政党助成法案両院協議会成案、右四成案を一括議題とし、両院協議会協議委員議長の報告を求め、その審議を進められることを望みます。
#4
○議長(土井たか子君) 井奥貞雄さんの動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 公職選挙法の一部を改正する法律案両院協議
  会成案
 衆議院議員選挙区画定審議会設置法案両院協
  議会成案
 政治資金規正法の一部を改正する法律案両院
  協議会成案
 政党助成法案両院協議会成案
#6
○議長(土井たか子君) 公職選挙法の一部を改正する法律案両院協議会成案、衆議院議員選挙区画定審議会設置法案両院協議会成案、政治資金規正法の一部を改正する法律案両院協議会成案、政党助成法案両院協議会成案、右四成案を一括して議題といたします。
 両院協議会協議委員議長の報告を求めます。市川雄一君さん。
    ―――――――――――――
    〔報告書は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
    〔市川雄一君登壇〕
#7
○市川雄一君 公職選挙法の一部を改正する法律案外三件両院協議会の経過及び結果を御報告申し上げます。
 公職選挙法の一部を改正する法律案、衆議院議員選挙区画定審議会設置法案、政治資金規正法の一部を改正する法律案及び政党助成法案につきまして、昨年十一月十八日、本院において、衆議院議員選挙区画定審議会設置法案は可決、残余の三法律案は修正議決いたしましたが、今月二十一日参議院においていずれも否決されましたので、去る二十六日本院は両院協議会を求めたところであります。
 両院協議会協議委員は、同日の本会議において議長より指名された後、直ちに協議委員議長及び副議長の互選を行いました。その結果、議長には私が、副議長には大出俊君が当選いたしました。
 同日、初会の両院協議会を両院協議室において開きましたが、協議に入るに至りませんでした。なお、開会に先立ってくじを行い、初会の両院協議会の議長には参議院の協議委員議長が当たることとなりました。
 去る二十七日の第二回両院協議会においては、まず最初に、本院側から右四法律案の議決の趣旨及び本院が両院協議会を求めた理由について説明し、次に、参議院側から否決した趣旨についての説明がありました。
 続いて、本院側から、小選挙区選出議員の定数を二百八十人、比例代表選出議員の定数を二百二十人とすること、比例代表選挙はブロック単位とし、各政党の得票数は全国集計をするものとすること、企業・団体献金は五年間に限り地方公共団体の議会の議員に係る公職の候補者が届け出た一つの資金管理団体について年間二十四万円を限度として認めることを内容とする提案を行いましたが、協議の後、参議院側からこの提案を受け入れることができない旨の意見の表明がありました。
 次いで、参議院側から、衆議院議員の総定数を四百七十一人とし、小選挙区選出議員の定数を三百人、比例代表選出議員の定数を百七十一人とすること、比例代表選挙の区域は都道府県とすること、企業・団体献金は政治家一人につき二つの政治団体についてそれぞれ年間二十四万円を限度として認めることとし、五年後に見直すものとすること、各政党に対する政党交付金の額は当該政党の前年度実績の三分の一を限度とすることを内容とする提案がありましたが、協議の後、本院側からこの提案を受け入れることができない旨の意見の表明をいたしました。
 本日の第三回両院協議会においては、本院側から新たな提案を行いました。この提案は、昨二十八日に土井衆議院議長からの提案をきっかけとして行われた細川内閣総理大臣と自由民主党の河野総裁との間の協議で調った合意を前提として行ったものであります。なお、この合意には、日本共産党及び二院クラブは参加されていないことを付言いたしておきます。
 合意された事項は、政党間の合意でありますので、直ちに両院協議会の協議の対象となるものではありませんが、協議案の前提となるものでありますので、そのうち主な事項を申し上げます。
 すなわち、小選挙区選出議員の定数を三百人、比例代表選出議員の定数を二百人とすること、比例代表選出議員の選挙は全国を十一のブロックに分けてそれぞれのブロックにおいて行うものとすること、企業・団体献金は五年間に限り公職の候補者が届け出た一つの資金管理団体について年間
五十万円を限度として認めるものとすること、戸別訪問は現行どおり禁止とすること、政党要件を三%から二%に改めること、各政党に対する政党交付金の額の上限は合理的な仕組みが可能な場合において当該政党の前年収支実績の四〇%とすること、慶弔電報等の扱いは現行どおりとすることなどであります。
 しかしながら、現実の問題として、本日は今国会の会期最終日であります。これらの合意事項を内容とする協議案を用意することは時間的に不可能でありますので、これらの合意事項は、第百二十九回国会において、連立与党と自由民主党とが共同して、平成六年度当初予算審議に先立って実現させるとの合意を前提として、今国会では、衆議院議員選挙区画定審議会設置法案の施行期日を「公布の日」から「別に法律で定める日」に改めた上で、各衆議院議決案を成立させることを両院協議会の成案といたしたいと提案したのであります。
 この提案につきましては、協議の後、採決の結果、三分の二以上の賛成多数でこれを本両院協議会の成案とすることに決した次第であります。
 以上、御報告申し上げます。(拍手)
    ―――――――――――――
#8
○議長(土井たか子君) 四成案につき討論の通告があります。これを許します。寺前巖さん。
    〔寺前巖君登壇〕
#9
○寺前巖君 私は、日本共産党を代表して、政治改革関連法案に関する両院協議会の成案なるものは議題になり得ない、憲法上絶対に許されない、断固反対するものであります。(拍手)
 なぜなら、まず第一に指摘しなければならないのは、協議会での成案なるものが、衆議院選挙区画定審議会設置法案のみ施行期日を削除しただけであり、残りの三つの法案は、参議院で否決された法案と全く同じ内容であります。一事不再議の原則からして、これを両院協議会の成案とすること自体が到底許されないものではありませんか。参議院で否決したのは、施行期日の問題ではなく、法案の内容そのものであります。また、政府案に反対した自民党は、この同じ内容の成案に今度は賛成するというのでしょうか。こんなことは考えられない、あってはならないことではありませんか。(拍手)
 しかも、施行期日を削除したということは、提案者みずからが、この法案が成立しても、そのままでは実施する意思のないことを表明したことになるではありませんか。それは、次期国会で施行期日を含めた修正の成立を前提としたものであり、修正しなければ実効性のない法案を国会の議決に付すこと自体、国会を愚弄する以外の何物でもありません。(拍手)
 そればかりか、トップ会談などと称して、総理が特定政党の代表者と密室での談合を行い、民意をゆがめる小選挙区部分をさらに拡大する、比例代表部分を十一ブロックに細分する、企業・団体献金についても、政治家個人についても存続させるなど、悪法の一層の改悪を次期通常国会で修正させることを指図する。議会政治の常道では考えられない、議会制民主主義の乱暴な破壊の暴挙と言わざるを得ません。私は、厳しく糾弾をするものであります。(拍手)
 しかも、公正であるべき本院議長が、参議院で否決の法案を改悪して生き返らすこの談合への露払いを果たしたことは重大であります。議長あっせん案なるものを特定党派にのみ提示し、日本共産党に対しては報告さえ一切しない。前代未聞、言語道断のことであります。
 既に論戦で明らかになったように、小選挙区並立制が、三割、四割台の得票率で第一党が圧倒的多数の議席を占め、国民に痛みを押しつける強権政治の断行が目的であることを、この間のファッショ的やり方が何よりも証明しております。
 言うまでもなく選挙制度は、憲法に「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。」とあるように、民意を鏡のようにより正確に国会の議席に反映させるというのが、唯一最大の基準であります。民意をゆがめ、大量の死に票を生み出す小選挙区並立制は、明らかにこの憲法の民主的原則に反すると言わざるを得ません。
 また、政治家個人への企業・団体献金の禁止についても、密室合意で温存しています。みずからが、政治改革の生命線だ、魂だとまで言っていたものを投げ捨てても恥じない連立与党各党の無節操ぶりを天下に示したものと言わざるを得ません。(拍手)
 しかも、国民の基本的人権である思想、良心の自由を侵害して、支持しない政党への献金を強制するという政党助成制度まで創設する。まさに、政治改革の名に全く値しない悪法である政治改革関連法案を期限を区切ってさらに改悪する、この提案を断じて容認するわけにはいきません。日本共産党は、小選挙区制を絶対容認せず、金権腐敗政治の根絶という圧倒的多数の国民の願いにこたえて、これからも闘っていくことを表明し、討論を終わります。(拍手)
#10
○議長(土井たか子君) これにて討論は終局いたしました。
    ―――――――――――――
#11
○議長(土井たか子君) 四成案を一括して採決いたします。
 四成案に賛成の皆さんの起立を求めます。
   〔賛成者起立〕
#12
○議長(土井たか子君) 起立多数。よって、四成案とも可決いたしました。
     ――――◇―――――
#13
○井奥貞雄君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。
 請願日程六百四件とともに、本日委員会の審査を終了した国立国会図書館の職員採用における点字・拡大文字等による試験の実施等に関する請願外三請願を追加して一括議題とし、その審議を進められることを望みます。
    ―――――――――――――
    〔追加請願の件名は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#14
○議長(土井たか子君) 井奥貞雄さんの動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#15
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、日程は追加されました。
    ―――――――――――――
 請願日程 元日赤救護看護婦に対する慰労給
  付金に関する請願外六百三請願
 国立国会図書館の職員採用における点字・拡
  大文字等による試験の実施等に関する請願
  外三請願
#16
○議長(土井たか子君) 元日赤救護看護婦に対する慰労給付金に関する請願外六百七請願を一括して議題といたします。
    ―――――――――――――
    〔報告書は会議録追録に掲載〕
    ―――――――――――――
#17
○議長(土井たか子君) これより採決に入ります。
 まず、原子力発電等に関する請願十一請願、地方分権の推進に関する基本的な法律の制定に関する請願、地方分権の積極的な推進に関する請願及び地方分権推進に関する請願の十四請願は委員長の報告を省略して採択するに賛成の皆さんの起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#18
○議長(土井たか子君) 起立多数。よって、そのとおり決まりました。
 次に、ただいま採択いたしました請願を除く他の五百九十四請願は委員長の報告を省略して採択するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#19
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
     ――――◇―――――
 委員会の閉会中審査に関する件
#20
○議長(土井たか子君) お諮りいたします。
 労働委員会、予算委員会、決算委員会及び懲罰委員会を除く内閣委員会外十五常任委員会並びに政治改革に関する調査特別委員会を除く災害対策特別委員会外七特別委員会から、閉会中審査をいたしたいとの申し出があります。
    ―――――――――――――
    〔閉会中審査案件は本号(一)末尾に掲載〕
    ―――――――――――――
#21
○議長(土井たか子君) 各委員会から申し出のあった案件中、まず、安全保障委員会から申し出の鈴木宗男さん外五名提出、自衛隊法の一部を改正する法律案及び内閣提出、自衛隊法の一部を改正する法律案は、同委員会において閉会中審査をするに賛成の皆さんの起立を求めます。
    〔賛成者起立〕
#22
○議長(土井たか子君) 起立多数。よって、そのとおり決まりました。
 次に、ただいま閉会中審査をすることに決まりました案件を除く他の案件について、各委員会において申し出のとおり閉会中審査をするに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#23
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
    ―――――――――――――
#24
○議長(土井たか子君) お諮りいたします。
 江藤隆美さん外四名提出、外国産牛肉輸入調整法案は、農林水産委員会において閉会中審査をすることといたしたいと存じます。これに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#25
○議長(土井たか子君) 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決まりました。
     ――――◇―――――
#26
○議長(土井たか子君) 御報告することがあります。
 元本院議長灘尾弘吉さんは、去る二十二日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 つきましては、議院運営委員会の議を経て灘尾弘吉さんに対する弔詞を贈呈することといたしました。これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され さきに再度本院議長の要職につき またしばしば国務大臣の重任にあたられ終始議会政治の発展に貢献された従二位勲一等灘尾弘吉君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#27
○議長(土井たか子君) 永年在職議員として表彰された元議員赤城宗徳さんは、昨年十一月十一日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 赤城宗徳さんに対する弔詞は、議長において昨年十二月十日既に贈呈いたしております。これを朗読いたします。
    〔総員起立〕
 衆議院は 多年憲政のために尽力し 特に院議
 をもってその功労を表彰され さきに懲罰委員
 長の要職につきまたしぱしば国務大臣の重任
 にあたられた正三位勲一等赤城宗徳君の長逝を
 哀悼し つつしんで弔詞をささげます
    ―――――――――――――
#28
○議長(土井たか子君) 元自由民主党総裁前議員田中角榮さんは、昨年十二月十六日逝去されました。まことに哀悼痛惜の至りにたえません。
 田中角榮さんに対する弔詞は、議長において昨年十二月二十五日既に贈呈いたしております。これを朗読いたします
    〔総員起立〕
 元自由民主党総裁前衆議院議員田中角榮君は多年憲政のために尽力し 特に院議をもってその功労を表彰され しばしば国務大臣の任につき 再度内閣総理大臣の重責をにない国政を統理されました
 君は国民生活の向上と国土の発展に力をいたし 日中国交正常化の実現に心魂を傾けられました その功績はまことに偉大であります
 衆議院は 君の長逝を哀悼し つつしんで弔詞をささげます
     ――――◇―――――
#29
○議長(土井たか子君) この際、暫時休憩いたします。
    午後五時八分休憩
     ――――◇―――――
    〔休憩後は会議を開くに至らなかった〕
     ――――◇―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト