くにさくロゴ
1993/08/12 第127回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第127回国会 災害対策特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/08/12 第127回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第127回国会 災害対策特別委員会 第1号

#1
第127回国会 災害対策特別委員会 第1号
本特別委員会は平成五年八月十二日(木曜日)議
院において、災害対策を樹立するため設置するこ
とに決した。
八月十二日
 本特別委員は議長の指名で、次のとおり選任さ
れた。
      稲葉 大和君    衛藤 晟一君
      小里 貞利君    大石 正光君
      大島 理森君    久間 章生君
      小坂 憲次君    塩崎 恭久君
      鈴木 俊一君    鈴木 宗男君
      住  博司君    萩山 教嚴君
      松岡 利勝君    松下 忠洋君
      宮路 和明君    村岡 兼造君
      村上誠一郎君    山本  拓君
      池端 清一君    石橋 大吉君
      沢藤礼次郎君    田口 健二君
      鉢呂 吉雄君    前島 秀行君
      金子徳之介君    工藤堅太郎君
      月原 茂皓君    西川太一郎君
      星野 行男君    大口 善徳君
      千葉 国男君    西  博義君
      弘友 和夫君    園田 博之君
      初村謙一郎君    藤村  修君
      牧野 聖修君    石田 美栄君
      吉田  治君    穀田 恵二君
―――――――――――――――――――――
平成五年八月十二日(木曜日)
    午後零時十八分開議
出席委員
   委員長 池端 清一君
   理事 鈴木 俊一君 理事 萩山 教嚴君
   理事 村上誠一郎君 理事 石橋 大吉君
   理事 西川太一郎君 理事 弘友 和夫君
   理事 初村謙一郎君
      稲葉 大和君    衛藤 晟一君
      大石 正光君    大島 理森君
      久間 章生君    小坂 憲次君
      塩崎 恭久君    住  博司君
      松下 忠洋君    沢藤礼次郎君
      田口 健二君    鉢呂 吉雄君
      前島 秀行君    金子徳之介君
      工藤堅太郎君    星野 行男君
      大口 善徳君    千葉 国男君
      西  博義君    園田 博之君
      藤村  修君    牧野 聖修君
      石田 美栄君    吉田  治君
      穀田 恵二君
 委員外の出席者
        国土庁防災局長 村瀬 興一君
        特別委員会第三 菅野 和美君
        調査室長
    ―――――――――――――
八月十二日
 池端清一君が委員長に当選した。
同日
      鈴本 俊一君    萩山 教嚴君
      宮路 和明君    村上誠一郎君
      石橋 大吉君    西川太一郎君
      弘友 和夫君    初村謙一郎君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 委員長及び理事の互選
 委員派遣承認申請に関する件
 災害対策に関する件(平成五年北海道南西沖地
 震災害及び平成五年八月豪雨災害)
    〔沢藤委員、委員長席に着く〕
     ――――◇―――――
#2
○沢藤委員 これより会議を開きます。
 衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。
  これより委員長の互選を行います。
#3
○鈴木(俊)委員 動議を提出いたします。
 委員長の互選は、投票によらないで、池端清一君を委員長に推薦いたしたいと存じます。
#4
○沢藤委員 ただいまの鈴木俊一君の動議に御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○沢藤委員 御異議なしと認めます。よって、池端清一君が委員長に御当選になりました。
     〔拍手〕
  委員長池端清一君に本店を譲ります。
     〔池端委員長、委員長席に着く〕
#6
○池端委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。
 ただいま委員各位の御推挙によりまして、私が委員長の重責を担うことになりました。まことに光栄に存じます。
 我が国は、その国土の特徴から見まして、自然災害が発生しやすい状況にあります。去る七月の北海道南西沖地震災害は記憶に新しいところでありますが、このたびの九州南部を中心とした豪雨も多大な被害をもたらしております。また、雲仙・普賢岳も依然活発な火山活動を続けており、災害対策に寄せる国民の期待は一層高まっております。
 このような状況のもと、本委員会の果たす役割はまことに重要であります。何分にも微力ではございますが、委員各位の御支援と御協力をいただきまして、公正、円満な委員会運営に努め、本委員会に課せられた使命達成のため最善の努力を尽くす所存でございます。
 何とぞよろしくお願いをいたします。(拍手)
#7
○池端委員長 これより理事の互選を行います。
#8
○鈴木(俊)委員 動議を提出いたします。
 理事は、その数を八名とし、委員長において指名されることを望みます。
#9
○池端委員長 ただいまの鈴木俊一君の動議に御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○池端委員長 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に
      鈴木 俊一君    萩山 教嚴君
      宮路 和明君    村上誠一郎君
      石橋 大吉君    西川太一郎君
      弘友 和夫君    初村謙一郎君
以上八名の方を指名いたします。
 ちょっと速記をとめてください。
    〔速記中止〕
#11
○池端委員長 速記を起こしてください。
     ――――◇―――――
#12
○池端委員長 災害対策に関する件について調査を進めます。
 この際、平成五年北海道南西沖地震災害及び平成五年八月豪雨災害について、政府から説明を聴取いたします。村瀬防災局長。
#13
○村瀬説明員 平成五年北海道南西沖地震災害及び平成五年八月豪雨災害について御報告をさせていただきますが、その前に、両災害によりお亡くなりになられた方々に対しまして衷心より哀悼の意を表させていただくとともに、被災された方々に対し心よりお見舞いを申し上げさせていただきたいと存じます。
 まず、平成五年北海道南西沖地震災害について
御報告申し上げます。
 お手元に配付してあります資料をごらんいただきながらお聞きいただきたいと存じます。
 まず、地震の概要でございますが、気象庁の発表によるところでございますが、平成五年七月十二日二十二時十七分ごろに北海道南西沖で発生をいたしております。北緯四十二・八度、東経百三十九・二度、深さ約三十四キロメートルで発生をいたしております。規模は、推定でございますが、マグニチュード七・八でございます。それから、津波警報につきましては、北海道の太平洋沿岸と日本海沿岸につきましては二十二時二十二分に発表されております。それから東北地方の沿岸につきましては二十二時二十五分、それから新潟県から福井県までの日本海沿岸につきましては十三日の零時十二分に発表されております。
 次に、各地の震度でございますが、震度五が深浦、小樽等でございます。それから震度四が、そこにございますように、青森等でございます。
 次に、被害の状況でございますが、これは八月三日の九時現在の消防庁調べの数字でございます。死者が二百名、行方不明三十八名、重傷三十九名、軽傷百九十七名でございます。住宅被害について申し上げますと、全壊が五百五十八棟、半壊が二百四十七棟でございます。それ以外の非住家あるいは文教施設等、河川等につきましても、そこにございますような甚大な被害が発生をいたしております。
 次に、一枚おめくりいただきますと、発生の次の日の七月十三日でございますが、平成五年北海道南西沖地震非常災害対策本部を設置いたしておるところでございます。その本部を設置後直ちに開催いたしまして、平成五年北海道南西沖地震による災害に対し、応急対策に万全を期することとし、速やかに政府調査団を現地に派遣するとともに、当面、次の事項を重点的に実施することとするということで、五項目の決定をいたしております。
 一番が被害状況の的確な把握、二番が行方不明者の捜索、救出、三番が被災者に対する適切な救済措置、四番が電気、水道等ライフラインの早期復旧、五番が道路、鉄道、港湾等被災施設の早期復旧というような五項目を決定いたしております。直ちにその日のうちに国土庁長官を長といたします政府調査団を現地に派遣いたしまして、調査をいたしました。
 平成五年の七月十五日に第二回の本部会議を開きまして、そこにございますような十項目を決定いたしておるところでございます。この決定に基づきまして鋭意対策を進めておるところでございます。
 現状では、おおむね応急復旧につきましてはめどがつきました。今後、特に被害が甚大でございました奥尻島の育苗地区等を中心にいたしまして、恒久的な復旧対策をどういうふうにするかということが今後取り組むべき課題であるというふうに考えておるところでございます。
 次に、平成五年の八月豪雨災害について御報告申し上げます。
 まず、気象の概況でございますが、七月三十一日から八月二日にかけて東シナ海方面から暖かく湿った空気が流れ込みまして、また、前線の活動が活発になりまして、九州及び山口県を中心に大雨が降ったわけでございます。三日から五日にかけましては活動は弱まりましたが、その後、前線の北上とともに活動が活発になりまして、六日から七日にかけて鹿児島県を中心に大雨が降ったわけでございます。その期間の総雨量は、九州南部で特に多く、宮崎県えびの市で千二百五十八ミリメートル、鹿児島県溝辺町で八百六十三ミリメートル等となっております。
 それからさらに、八月二日に発生いたしました台風七号が、九日の十一時ごろには奄美大島付近を通過いたしまして、九州の西の海上を北上いたしまして、十日六時前には長崎県平戸島付近を通過いたしました。そういったことで、次に申し上げますような被害が生じておるわけでございます。
 まず、七月三十一日から八月二日までの間の被害の状況でございますが、死者が三十名、重傷十二名、軽傷が三十二名、住宅の全壊が百六十七棟等の被害が出ております。それから、八月六日から七日の間の被害でございますが、死者が四十五名、行方不明が四名、住宅の全壊が八十二棟。それから、台風七号による被害でございますが、死者が五名、行方不明の方が二名、住宅の全壊が三十九棟等の被害が出ておるところでございます。
 次に、政府の対応でございますが、まず、八月二日には政府の災害対策関係省庁担当者連絡会議を開催して、情報の交換を行いました。
 それから、八月四日から五日にかけまして、山口県、鹿児島県に担当官の派遣を行っております。
 さらに、八月六日には災害対策関係省庁連絡会議を開催いたしまして、被害の状況の把握、あるいは今後実施すべき対策についての申し合わせを行っております。
 それから、八月九日には第一回の平成五年八月豪雨非常災害対策本部会議を開催いたしまして、速やかに政府調査団を派遣するとともに、行方不明者の捜索、救出、被災者の救済対策、ライフライン、道路、鉄道施設の早期復旧、がけ崩れ等による被災箇所の応急対策の実施、被災河川、治山施設、農地、農業施設等の早期復旧、防疫対策の実施、被災地方公共団体に対する財政措置等を重点的に実施していくことを決定いたしております。
 その後、八月十日から十一日にかけまして、国土庁長官を団長とする政府調査団を現地に派遣いたしまして、被害状況の詳細な把握に努めておるところでございます。
 次に、対応の状況でございますが、まず、災害救助法の適用でございます。宮崎県の高岡町、宮崎市につきましては八月一日に、それから鹿児島県の横川町、隼人町、栗野町につきましては二日に、吉田町については三日、国分市については四日、鹿児島市、伊集院町、郡山町につきましては六日に災害救助法を適用いたしております。
 それから、施設等の関係被害につきましては、現在判明しております額がそこにございます。
 公共土木施設被害状況につきましては、河川、砂防、道路等、合計いたしまして、約二百七十六億でございます。それから、農林関係につきましては、農業関係、林業関係合わせまして、約三百七十億でございます。文部省関係につきましても、学校等についてかなりの被害が出ているところでございます。それから、運輸省関係、港湾関係については、現在被害状況の調査中でございます。厚生省関係の医療施設等につきましては、国立病院等について若干の被害があったということでございます。
 それから、交通関係でございますが、まず鉄道関係につきましては、JRにつきましては、日豊本線、鹿児島本線、日南線、肥薩線、古都線で不通区間があり、高千穂鉄道につきましては、台風七号の被害により現在全線運休しているところでございます。航空関係については、鹿児島空港につきましては施設の被害がないという状況になっております。それから、道路関係でございますが、高速自動車道路二区間、直轄国道二路線二区間と三カ所、それから県管理国道一路線一カ所、県道十一路線十二カ所で全面通行どめとなっております。
 次に、ライフライン関係でございますが、水道関係につきましては、七月三十一日から八月二日にかけての被害につきましては六日に復旧いたしましたが、さもに八月六日の豪雨によりまして鹿児島県におきまして八万五千戸の断水等の被害が発生いたしまして、十日十七時までに九千二百戸が復旧しておりますが、まだ多くの断水が続いている状況でございます。
 それから、電気、ガス関係につきましては、七日までの豪雨によりまして延べ約九万八千戸が停電いたしましたが、立ち入り不可能な地域を除きまして、八日十七時ですべて復旧いたしております。さらに、九日からの台風被害によりまして停
電をいたしましたが、これは十一日の十七時までにすべて復旧いたしております。ガス等につきましては、現在三百四十戸が供給停止となっておるところでございます。
 それから、電気通信関係につきましては、八月一日に一部地域において断いたしましたが、二日にはほぼ解消いたしております。それから、八月六日及び九日に断いたしました中継伝送路等も回復をいたしております。
 それから、中小企業関係でございますが、被害状況につきましては現在調査中でございますが、七月三十一日から八月七日までの豪雨により被害の大きかった十市町につきまして、政府系中小企業金融三機関に対して災害復旧貸し付けの発動を通産省より指示しておるところでございます。
 それから、住宅関係につきましては、住宅金融公庫におきまして、災害復興住宅の建設資金、購入資金または補修資金の融資を行うことを決定いたしております。受け付け開始は八月六日からでございます。
 それから、民間金融機関、生損保会社、証券会社の関係でございますが、それらの機関に対しまして、被害状況等を勘案して迅速、適切な措置をとるようにということを大蔵省から指示いたしております。
 それから、税務上の措置でございますが、申告、納付等の期限の延長につきまして、国税通則法第十一条に基づきまして、特定地域を指定して当該期限の延長を行うという方針を、国税庁長官名による官報告示を予定しておるところでございます。
 以上でございます。
 それから、図面をそれぞれ二枚つけさせていただいておりますが、北海道関係の図面でございますが、これにつきましては、町村名の下に、左側が死者、それから右側に行方不明の数を記載させていただいております。何といいましても奥尻町が、死者が百七十名、行方不明の方が三十五名、最大になっているところでございます。
 それから、九州の豪雨災害につきましては、道路関係の状況の図面をつけさせていただいております。右の上のえびのインターチェンジそれから小林インターチェンジ、これは高速国道が現在とまっておるところでございます。それから、もう少し真ん中辺に赤く塗っております薩摩吉田インターチェンジそれから鹿児島インターチェンジ、この区間も高速道路がとまっておるところでございます。それから、そのすぐ右側に赤く塗っておりますが、これは国道十号線がかなりの区間、約十二キロにわたりまして通行不能ということになっておるところでございます。
 以上でございます。
#14
○池端委員長 これにて政府からの説明聴取は終わりました。
 この際、暫時休憩いたします。
    午後零時三十八分休憩
     ――――◇―――――
    午後三時一分開議
#15
○池端委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 この際、委員派遣承認申請に関する件についてお諮りいたします。
 平成五年八月豪雨等による被害状況調査のため、鹿児島県に本委員会から委員を派遣することとし、議長に対し、委員派遣承認申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#16
○池端委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 なお、派遣委員の人選及び派遣期間等につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#17
○池端委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト