くにさくロゴ
1993/08/25 第127回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第127回国会 科学技術委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/08/25 第127回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第127回国会 科学技術委員会 第1号

#1
第127回国会 科学技術委員会 第1号
本委員は平成五年八月十二日(木曜日)議長の指
名で、次のとおり選任された。
      臼井日出男君    尾身 幸次君
      越智 伊平君    近藤 元次君
      佐藤 剛男君    田中 直紀君
      塚原 俊平君    中村喜四郎君
      林  義郎君    平沼 赳夫君
      山口 俊一君    今村  修君
      川島  實君    山元  勉君
      小沢 一郎君    岡田 克也君
      村井  仁君    上田 晃弘君
      大野由利子君    斉藤 鉄夫君
      鮫島 宗明君    田中  甲君
      錦織  淳君    笹木 竜三君
      高市 早苗君
八月十二日
 臼井日出男君が議院において、委員長に選任さ
 れた。
平成五年八月二十五日(水曜日)
    午後三時三十分開議
 出席委員
   委員長 臼井日出男君
   理事 尾身 幸次君 理事 田中 直紀君
   理事 山口 俊一君 理事 川島  實君
   理事 岡田 克也君 理事 上田 晃弘君
   理事 田中  甲君
      越智 伊平君    佐藤 剛男君
      林  義郎君    今村  修君
      辻  一彦君    村井  仁君
      大野由利子君    斉藤 鉄夫君
      鮫島 宗明君    錦織  淳君
      笹木 竜三君    高市 早苗君
 出席国務大臣
       国 務 大 臣
       (科学技術庁長 江田 五月君
       官)
 委員外の出席者
       科学技術政務次 乾  晴美君
       官
       科学技術庁長官 井田 勝久君
       官房長
       科学技術庁長官 興  直孝君
       官房会計課長
       科学技術庁科学 島  弘忠君
       技術政策局長
       科学技術庁科学 新  欣樹君
       技術振興局長
       科学技術庁研究 石井 敏弘君
       開発局長
       科学技術庁原子 石田 寛人君
       力局長
       科学技術庁原子 笹谷  勇君
       力安全局長
       科学技術委員会 吉村 晴光君
       調査室長
    ―――――――――――――
委員の異動
八月十二日
 辞任       補欠選任
  山元  勉君     辻  一彦君
    ―――――――――――――
八月二十五日
      尾身一幸次君    田中 直紀君
      中村喜四郎君    山口 俊一君
      川島  實君    岡田 克也君
      上田 晃弘君    田中  甲君
 が理事に当選した。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
理事の互選
 閉会中審査に関する件
#2
○臼井委員長 これより会議を開きます。
 この際、一言ごあいさつ申し上げます。
 このたび、科学技術委員長に就任いたしました臼井でございます。
 近年における内外の著しい社会経済の変化のもとで、豊かな国民生活の実現、国際社会への対応など、我が国の科学技術の果たす役割は極めて大きいものとなっております。
 このような中で、本委員会に課せられた使命は、まことに重大であると言わなければなりません。
 何分、微力でございますが、練達堪能な委員各位の御協力、御指導を賜りまして、本委員会の円滑な運営を図り、その重責を果たしてまいりたいと思います。
 何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
     ――――◇―――――
#3
○臼井委員長 これより理事の互選を行います。
 理事の員数は、議院運営委員会の決定の基準に従い、その数を八名とし、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#4
○臼井委員長 御異議ないものと認めます。よって、そのように決しました。保それでは
      尾身 幸次君    田中 直紀君
      中村喜四郎君    山口 俊一君
      川島  實君    岡田 克也君
      上田 晃弘君    田中  甲君
をそれぞれ理事に指名いたします。
#5
○臼井委員長 この際、江田国務大臣及び乾科学技術政務次官から、それぞれ発言を求められておりますので、これを許します。江田国務大臣。
#6
○江田国務大臣 このたび、科学技術庁長官に就任いたしました江田五月でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 細川内閣総理大臣と同様、私も、このたびの内閣を、新しい歴史の出発点を画し、新たな時代の変革に着手する内閣だと思っています。この内閣に閣僚として参加したことの責任の重さを痛感しております。
 人類は今、地球環境、人口、エネルギー等さまざまな課題に直面しています。私たちは、何としてもこれらを解決し、だれもが皆安心して生き生きと多様な価値観を追求できる世界を実現しなければなりません。そのためには、人類の英知を結集すること、すなわち、科学技術を振興することが何よりも重要です。
 さらに進んで我が国は、今後、文化の香り豊かな質の高い実のある生活環境を築き、また、美しい自然と環境を将来に引き継いでいかなければなりません。科学技術の振興は、このような二十一世紀に向けた私たちの理想を実現するための、たゆまない創造活動であると思います。
 こうした時代の要請にこたえていくためには、まず研究開発投資を拡大し、創造性豊かな基礎研究を強化することが必要です。そして、これまで以上に国際協力を進め、人類全体の知的資産形成に貢献していくことが大切です。
 分野としては、原子力等の先端分野だけでなく、例えば、がんの治療、地震や火山噴火の予知、長寿社会に対応するための科学技術等、生活
者としての人間に役立つ分野に力を注ぐべきだと思います。原子力は、エネルギーの安定的確保に不可欠ですから、平和利用に徹し、安全の確保を大前提として、着実に開発利用を進めてまいります。
 科学技術行政に課せられた重大な使命に思いをいたしつつ、微力ではございますが、責任者として、全力を尽くす決意です。委員長を初め各委員の皆様の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げまして、私のごあいさつといたします。(拍手)
#7
○臼井委員長 乾科学技術政務次官。
#8
○乾説明員 このたび科学技術の政務次官ということで就任させていただきました。皆様方に大変お世話になることになると思いますが、よろしくお願い申し上げたいと思います。
 ただいま大臣からごあいさつがございましたように、我が国にとりましても、この科学技術というのは本当に極めて重大な課題を抱えているというように思っております。特に先端技術科学ということは十分頑張ってやっていかなければならないことではございますけれども、とにかく生活者としての人間にどれだけ役に立つかという科学技術の視点からも、科学技術の積極的な推進ということが求められているだろうと思います。
 委員長初め、委員の皆様方の、どうぞよろしく御指導賜りまして、私は、江田大臣のもとで政務次官といたしまして科学技術の推進に努めてまいりたいというように思います。どうぞ皆様方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
 どうもありがとうございました。(拍手)
     ――――◇―――――
#9
○臼井委員長 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。
 科学技術振興の基本施策に関する件
 原子力の開発利用とその安全確保に関する件
 宇宙開発に関する件
 海洋開発に関する件
 生命科学に関する件
 新エネルギーの研究開発に関する件以上の各件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#10
○臼井委員長 御異議ないものと認めます。よって、そのように決しました。
 次に、閉会中の委員派遣に関する件についてお諮りいたします。
 閉会中審査案件が付託になり、委員派遣を行う必要が生じました場合には、議長に対し、委員派遣の承認申請を行うこととし、派遣委員の人選、派遣地等、その手続につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#11
○臼井委員長 御異議ないものと認めます。よって、そのように決しました。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後三時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト