くにさくロゴ
1993/01/22 第126回国会 参議院 参議院会議録情報 第126回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
姉妹サイト
 
1993/01/22 第126回国会 参議院

参議院会議録情報 第126回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号

#1
第126回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第1号
平成五年一月二十二日(金曜日)
   午前十時十六分開会
    ―――――――――――――
平成五年一月二十二日議長において本委員を左の
とおり指名した。
                伊江 朝雄君
                板垣  正君
                大木  浩君
                大浜 方栄君
                佐藤 泰三君
                高木 正明君
                坪井 一宇君
                柳川 覺治君
                喜岡  淳君
                北村 哲男君
                菅野 久光君
                鈴木 和美君
                肥田美代子君
                三石 久江君
                風間  昶君
                高桑 栄松君
                井上  計君
                市川 正一君
                池田  治君
                喜屋武眞榮君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         大浜 方栄君
    理 事
                板垣  正君
                坪井 一宇君
                三石 久江君
                風間  昶君
    委 員
                伊江 朝雄君
                大木  浩君
                佐藤 泰三君
                柳川 覺治君
                北村 哲男君
                菅野 久光君
                鈴木 和美君
                肥田美代子君
                高桑 栄松君
                井上  計君
                市川 正一君
                池田  治君
                喜屋武眞榮君
   国務大臣
       国 務 大 臣
       (総務庁長官)  鹿野 道彦君
       国 務 大 臣
       (沖縄開発庁長
       官)       北  修二君
   政府委員
       総務政務次官   尾辻 秀久君
       沖縄開発政務次
       官        仲村 正治君
       沖縄開発庁振興
       局長       渡辺  明君
   事務局側
       第一特別調査室
       長        下田 和夫君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○特別委員長互選
○理事選任の件
    ―――――――――――――
   〔喜屋武眞榮君委員長席に着く〕
#2
○喜屋武眞榮君 ただいまから沖縄及び北方問題に関する特別委員会を開会いたします。
 本院規則第八十条により、年長のゆえをもちまして私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。
 これより委員長の選任を行います。
 つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
#3
○三石久江君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。
#4
○喜屋武眞榮君 ただいまの三石君の動議に御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#5
○喜屋武眞榮君 御異議ないと認めます。
 それでは、委員長に大浜方栄君を指名いたします。(拍手)
    ―――――――――――――
   〔大浜方栄君委員長席に着く〕
#6
○委員長(大浜方栄君) 一言ごあいさつを申し上げます。
 前国会に引き続きまして委員長に選任されましたので、どうぞよろしく御協力のほどをお願い申し上げます。
    ―――――――――――――
#7
○委員長(大浜方栄君) それでは、これより理事の選任を行います。
 本委員会の理事の数は四名でございます。
 理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○委員長(大浜方栄君) 御異議ないと認めます。
 それでは、理事に板垣正君、坪井一宇君、三石久江君及び風間昶君を指名いたします。
    ―――――――――――――
#9
○委員長(大浜方栄君) この際、鹿野総務庁長官及び北沖縄開発庁長官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。鹿野総務庁長官。
#10
○国務大臣(鹿野道彦君) 総務庁長官を拝命し、北方対策本部長として国民的重要課題である北方領土問題の解決促進に取り組むことになりました鹿野道彦でございます。
 私も、就任以来、北方領土問題を担当する者といたしまして、一日も早く北方領土を直接この目で見たいと考えまして、先週の十三日、十四日に北方領土を視察してまいり、改めてその近さを実感するとともに、領土問題の一日も早い解決に向けての決意を新たにした次第であります。
 北方領土の早期返還を実現するためには、それを求める国民世論の結集と高揚を図る諸施策を推進していく必要があります。このほか、元居住者に対する援護、北方領土隣接地域の振興等の諸施策につきましても鋭意推進していく必要があります。
 北方対策本部長といたしまして、与えられた職責の重さを痛感し、誠心誠意職務の遂行に当たる所存でございますので、委員長を初め委員の皆様方の御理解と御協力をお願い申し上げる次第でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#11
○委員長(大浜方栄君) 北沖縄開発庁長官。
#12
○国務大臣(北修二君) 先般、沖縄開発庁長官を拝命いたしました北修二でございます。
 昭和四十七年五月の沖縄の本土復帰以来、今日まで二十年余りが経過しましたが、この間、二次にわたる振興開発計画に基づき沖縄の振興開発のための諸施策が講じられ、多額の国費の投入と県民のたゆまざる努力により、沖縄の経済社会は総体として着実に発展してまいりました。しかしながら、生活、産業基盤の面でなお整備を要するものが多く見られるとともに、産業振興や雇用の問題など解決を要する多くの課題を抱えております。
 私といたしましては、第三次沖縄振興開発計画に基づき沖縄県民と一体となって沖縄の振興開発に全力を挙げて取り組んでまいる所存でございます。
 委員長を初め委員の皆様方にはよろしく御指導、御鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げて、就任のごあいさつといたします。(拍手)
#13
○委員長(大浜方栄君) 次に、尾辻総務政務次官及び仲村沖縄開発政務次官からそれぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。尾辻総務政務次官。
#14
○政府委員(尾辻秀久君) このたび総務政務次官を拝命いたしました尾辻秀久でございます。
 北方領土問題を解決することは国民的重要課題であると存じます。鹿野長官のもと、誠心誠意努力してまいる所存であります。
 委員長を初め委員の皆様方の御指導、御鞭撻を心からお願い申し上げて、ごあいさつといたします。(拍手)
#15
○委員長(大浜方栄君) 仲村沖縄開発政務次官。
#16
○政府委員(仲村正治君) 先般、沖縄開発政務次官を拝命いたしました仲村正治であります。
 北沖縄開発庁長官の御指示のもとで沖縄の振興開発のため全力を傾注する所存でございます。
 委員長を初め委員の諸先生方の御指導、御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。(拍手)
#17
○委員長(大浜方栄君) 本日はこれにて散会いたします。
   午前十時二十三分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト