くにさくロゴ
1993/04/07 第126回国会 参議院 参議院会議録情報 第126回国会 議院運営委員会 第10号
姉妹サイト
 
1993/04/07 第126回国会 参議院

参議院会議録情報 第126回国会 議院運営委員会 第10号

#1
第126回国会 議院運営委員会 第10号
平成五年四月七日(水曜日)
   午前九時四十分開会
    ―――――――――――――
   委員の異動
 四月五日
    辞任         補欠選任
     市川 正一君     橋本  敦君
    ―――――――――――――
  出席者は左のとおり。
    委員長         前田 勲男君
    理 事
                石井 一二君
                中曽根弘文君
                西田 吉宏君
                小川 仁一君
                志苫  裕君
                中川 嘉美君
                足立 良平君
                橋本  敦君
                高井 和伸君
    委 員
                泉  信也君
                岡  利定君
                河本 英典君
                釘宮  磐君
                佐藤 泰三君
                宮澤  弘君
                山崎 正昭君
                一井 淳治君
                栗原 君子君
                竹村 泰子君
                三上 隆雄君
                峰崎 直樹君
        ―――――
       議     長  原 文兵衛君
       副  議  長  赤桐  操君
        ―――――
   事務局側
       事 務 総 長  戸張 正雄君
       事 務 次 長  黒澤 隆雄君
       議 事 部 長  堀川 久士君
       委 員 部 長  鈴木 重夫君
       記 録 部 長  貝田 泰雄君
       警 務 部 長  有馬 道夫君
       庶 務 部 長  吉岡 恒男君
       管 理 部 長  島原  勉君
    ―――――――――――――
  本日の会議に付した案件
○理事補欠選任の件
○皇太子殿下納采の儀につき賀詞奉呈の件
○本日の本会議の議事に関する件
    ―――――――――――――
#2
○委員長(前田勲男君) ただいまから議院運営委員会を開会いたします。
 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。
 委員の異動に伴い理事が一名欠員となっておりますので、この際、その補欠選任を行いたいと存じます。
 割り当て会派推薦のとおり、橋本敦君を理事に選任することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○委員長(前田勲男君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
    ―――――――――――――
#4
○委員長(前田勲男君) 次に、皇太子殿下納采の儀につき賀詞奉呈の件についてお諮りいたします。
 本件につきましては、来る十二日の皇太子殿下納采の儀に当たり、天皇陛下並びに皇太子殿下に対し、院議をもって賀詞を奉呈することとし、その案文はお手元の資料のとおりとすることに賛成の諸君の挙手を願います。
   〔賛成者挙手〕
#5
○委員長(前田勲男君) 多数と認めます。よって、さよう決定いたしました。
    ―――――――――――――
#6
○委員長(前田勲男君) 次に、本日の本会議の議事に関する件を議題といたします。
 事務総長の説明を求めます。
#7
○事務総長(戸張正雄君) 御説明申し上げます。
 本日の議事は、最初に、日程第一 皇太子殿下納采の儀につき慶賀の意を表する件でございます。まず、結果の儀に際し、天皇陛下並びに皇太子殿下に院議により賀詞を奉呈することとし、その賀詞を議長に一任することを起立採決をもってお諮りいたします。これが可決されますと、議長は賀詞を朗読されます。
 次に、日程第二及び第三を一括して議題とした後、外務委員長が報告されます。採決は両件を一括して行います。
 以上をもちまして本日の議事を終了いたします。その所要時間は約五分の見込みでございます。
#8
○委員長(前田勲男君) ただいまの事務総長説明のとおり、本日の本会議の議事を進めることに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#9
○委員長(前田勲男君) 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
 暫時休憩いたします。
   午前九時四十三分休憩
   〔休憩後開会に至らなかった〕
     ―――――・―――――
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト