くにさくロゴ
1993/03/31 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 議院運営委員会 第14号
姉妹サイト
 
1993/03/31 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 議院運営委員会 第14号

#1
第126回国会 議院運営委員会 第14号
平成五年三月三十一日(水曜日)
    午後五時五十分開議
出席委員
  委員長 与謝野 馨君
   理事 谷垣 禎一君 理事 大島 理森君
   理事 自見庄三郎君 理事 園田 博之君
   理事 鳩山由紀夫君 理事 佐藤 敬治君
   理事 新盛 辰雄君 理事 山下八洲夫君
   理事 森本 晃司君
      浅野 勝人君    今津  寛君
      魚住 汎英君    岡田 克也君
      野田  実君    福永 信彦君
      増子 輝彦君    山口 俊一君
      遠藤  登君    小川  信君
      目黒吉之助君    北側 一雄君
      東中 光雄君    伊藤 英成君
 委員外の出席者
       議     長  櫻内 義雄君
       副  議  長  村山 喜一君
       事 務 総 長  緒方信一郎君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 議案通知書及び返付議案受領の件
 平成五年度一般会計予算外二件両院協議会協議
 委員の選挙の件
 平成五年度一般会計予算外二件両院協議会協議
 委員議長の本会議における報告に関する件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○与謝野委員長 これより会議を開きます。
 まず、平成五年度一般会計予算外二件両院協議会協議委員の選挙の件についででありますが、本日、原参議院議長から櫻内議長あて、平成五年度一般会計予算、平成五年度特別会計予算、平成五年度政府関係機関予算は、いずれも否決した旨の通知を受領するとともに、本院に返付をされてまいりました。
 この場合、国会法第八十五条第一項の規定によりますと、本院は両院協議会を求めなければならないことになっております。
 つきましては、本日の本会議において両院協議会協議委員の選挙を行うこととし、この選挙は、先例により、その手続を省略して、議長において指名するに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#3
○与謝野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 なお、この場合の議長の指名は、本院議決案に賛成した会派に属する議員の中から指名するのが先例でありますので、御了承願います。
 なお、協議委員につきましては、自由民主党から、お手元の印刷物にあります諸君を推薦してまいっております。
    ―――――――――――――
 平成五年度一般会計予算外二件両院協議会協議
 委員候補者
              佐藤 信二君
              石川 要三君
              粕谷  茂君
              小杉  隆君
              中川 昭一君
              鴻池 祥肇君
              野呂田芳成君
              亀井 静香君
              衛藤征士郎君
              谷垣 禎一君
    ―――――――――――――
#4
○与謝野委員長 次に、本日の本会議の議事について、事務総長の説明を求めます。
#5
○緒方事務総長 まず、議長より、参議院から、平成五年度一般会計予算、平成五年度特別会計予算、平成五年度政府関係機関予算は、いずれも否決した旨の通知を受領するとともに、返付を受けた旨の報告がございまして、次いで、国会法第八十五条第一項により、本院は平成五年度一般会計予算外二案について両院協議会を求めなければならない旨の発言がございます。
 引き続きまして、両院協議会協議委員の選挙を行います。この選挙は、動議により、手続を省略して、議長において指名されることになります。
 議長は、十名の協議委員を指名された後、協議委員は直ちに議長応接室に参集して、協議委員議長、副議長各一名を互選するよう要請いたします。
 以上で暫時休憩になります。
#6
○与謝野委員長 それでは、本日の本会議は、午後六時予鈴、午後六時十分から開会いたします。
 この際、暫時休憩いたします。
    午後五時五十二分休憩
     ――――◇―――――
    午後八時十分開議
#7
○与謝野委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。
 まず、平成五年度一般会計予算外二件両院協議会協議委員議長からの報告についてでありますが、先ほど協議委員議長より櫻内議長あて、平成五年度一般会計予算外二案について両院協議会の成案を得なかった旨の報告書が提出されました。
 したがいましで、再開後の本会議において協議委員議長の報告を求めることに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#8
○与謝野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
#9
○与謝野委員長 次に、再開後の本会議の議事について、事務総長の説明を求めます。
#10
○緒方事務総長 まず、佐藤両院協議会協議委員議長の報告がございます。
 次いで、議長から、平成五年度一般会計予算外二案につきましては、両院の意見が一致しないので、憲法第六十条第二項により、本院の議決が国会の議決となった旨の発言がございます。
 本日の議事は、以上でございます。
#11
○与謝野委員長 それでは、本会議は、午後八時二十分予鈴、午後八時三十分から再開いたします。
    ―――――――――――――
#12
○与謝野委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、来る四月二日金曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。
 本日は、これにて散会いたします。
    午後八時十二分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト