くにさくロゴ
1993/04/08 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 議院運営委員会 第17号
姉妹サイト
 
1993/04/08 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 議院運営委員会 第17号

#1
第126回国会 議院運営委員会 第17号
平成五年四月八日(木曜日)
    午後零時三十二分開議
出席委員
  委員長 与謝野 馨君
   理事 谷垣 禎一君 理事 大島 理森君
   理事 自見庄三郎君 理事 園田 博之君
   理事 鳩山由紀夫君 理事 佐藤 敬治君
   理事 新盛 辰雄君 理事 山下八洲夫君
   理事 森本 晃司君
      浅野 勝人君    今津  寛君
      魚住 汎英君    岡田 克也君
      野田  実君    福永 信彦君
      増子 輝彦君    山口 俊一君
      有川 清次君    小川  信君
      目黒吉之助君    北側 一雄君
      東中 光雄君    伊藤 英成君
 委員外の出席者
        議     長 櫻内 義雄君
        副  議  長 村山 喜一君
        事 務 総 長 緒方信一郎君
    ―――――――――――――
委員の異動
四月八日
 辞任         補欠選任
  遠藤  登君     有川 清次君
同日
 辞任         補欠選任
  有川 清次君     遠藤  登君
    ―――――――――――――
四月七日
 社会党の旧ソ連共産党からの財政支援疑惑にか
 かわる関係者の証人喚問と真相の究明に関する
 請願(第五九三号)は、「武藤嘉文君紹介」を
 「亀井静香君紹介」に訂正された。
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 皇太子殿下納采の儀に当たり賀詞奉呈の件
 議員中山太郎君及び同藤原房雄君永年在職表彰
 の件
 本日の本会議の議事等に関する件
     ――――◇―――――
#2
○与謝野委員長 これより会議を開きます。
 まず、日程第一、皇太子殿下納采の儀に当たり賀詞奉呈の件についてでありますが、皇太子徳仁親王殿下には、来る四月十二日に納采の儀を行わせられます。
 全国民とともに私どもの心からお喜び申し上げるところであります。
 つきましては、本院は、慶祝の意を表するため、特に院議をもって、天皇陛下並びに皇太子殿下に対し、賀詞を差し上げることにいたしたいと存じます。
 この際、事務総長から案文を朗読願います。
    〔事務総長朗読〕
    天皇陛下に差し上げる賀詞
 皇太子徳仁親王殿下には本日めでたく御婚約あ
 そばされましたことは国民ひとしく慶賀にたえ
 ないところであります
 ここに衆議院は国民を代表して謹んで慶祝の誠
 を表します
    …………………………………
    皇太子殿下に差し上げる賀詞
 皇太子殿下には本日めでたく御婚約あそばされ
 ましたことは国民ひとしく喜びにたえないとこ
 ろであります
 ここに衆議院は国民を代表して謹んで慶祝の誠
 を表します
#3
○与謝野委員長 それでは、ただいまの案文のとおりの賀詞を差し上げることとするに賛成の諸君の挙手を求めます。
    〔賛成者挙手]
#4
○与謝野委員長 挙手多数。よって、そのように決定いたしました。
 なお、本会議においては、賀詞は議長に一任して決定することになります。
    ―――――――――――――
#5
○与謝野委員長 次に、永年在職議員の表彰の件についてでありますが、中山太郎君及び藤原房雄君は、今月でそれぞれ国会議員として在職二十五年に達せられましたので、先例により、院議をもって表彰することになります。
 両君の表彰文は、前例に従って作成したお手元に配付の案文のとおりとし、表彰決議は、本日の本会議において行うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#6
○与謝野委員長 御異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
    ―――――――――――――
 議員中山太郎君は国会議員として在職すること
 二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の
 伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院
 議をもってこれを表彰する
    …………………………………
 議員藤原房雄君は国会議員として在職すること
 二十五年に及び常に憲政のために尽くし民意の
 伸張に努められた
 よって衆議院は君が永年の功労を多とし特に院
 議をもってこれを表彰する
    ―――――――――――――
#7
○与謝野委員長 なお、本会議における表彰次第につきましては、まず議長発議をもって両君の表彰決議を行い、次に議長が表彰文を順次朗読されます。次いで、表彰を受けられた中山君及び藤原君に順次御登壇願った後、両君からそれぞれ謝辞が述べられます。
 また、記念といたしまして、表彰を受けられた両君の肖像画を院内に掲げるとともに、別に小型の肖像画を贈呈することになっております。
    ―――――――――――――
#8
○与謝野委員長 次に、本日の本会議の議事の順序について、事務総長の説明を求めます。
#9
○緒方事務総長 まず最初に、議長から、納采の儀に当たり天皇陛下並びに皇太子殿下に賀詞を差し上げることとし、賀詞は議長に一任願う旨をお諮りいたします。共産党が反対でございます。次いで議長が賀詞を朗読されます。
 次に、中山さん及び藤原さんに対する表彰の決議を行います。次いでお二人からそれぞれ謝辞が述べられます。
 次に、日程第二につき、中馬地方行政委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第三につき、原田環境委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第四につき、浜野法務委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第五につき、井上商工委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第六につき、岡田労働委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第七につき、渡辺文教委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第八につき、浦野厚生委員長の報告がございまして、全会一致であります。
 次に、日程第九ないし第十一につき、平沼農林水産委員長の報告がございます。採決は二回になります。一回目は日程第九で、全会一致であります。二回目は日程第十及び第十一で、共産党が反対でございます。
 本日の議事は、以上でございます。
    ―――――――――――――
 議事日程 第十二号
  平成五年四月八日
    午後一時開議
 第 一 皇太子殿下納采の儀に当たり賀詞奉呈
     の件
 第 二 暴力団員による不当な行為の防止等に
     関する法律の一部を改正する法律案
     (内閣提出)
 第 三 環境事業団法の一部を改正する法律案
     (内閣提出)
 第 四 不動産登記法の一部を改正する法律案
     (内閣提出)
 第 五 特許法等の一部を改正する法律案(内
     閣提出)
 第 六 地方自治法第百五十六条第六項の規定
     に基づき、公共職業安定所の出張所の
     設置に関し承認を求めるの件(参議院
     送付)
 第 七 国立学校設置法の一部を改正する法律
     案(内閣提出)
 第 八 福祉用具の研究開発及び普及の促進に
     関する法律案(内閣提出)
 第 九 沿岸漁業改善資金助成法の一部を改正
     する法律案(内閣提出)
 第 十 水産業協同組合法の一部を改正する法
     律案(内閣提出)
 第十一 漁業協同組合合併助成法の一部を改正
     する法律案(内閣提出)
    ―――――――――――――
#10
○与謝野委員長 それでは、本日の本会議は、午後零時五十分予鈴、午後一時から開会いたします。
    ―――――――――――――
#11
○与謝野委員長 次に、次回の本会議の件についてでありますが、次回の本会議は、明九日金曜日午後一時から開会することといたします。
 また、同日午前十一時理事会、正午から委員会を開会いたします。本日は、これにて散会いたします。
   午後零時三十七分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト