くにさくロゴ
1993/03/04 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 予算委員会第六分科会 第1号
姉妹サイト
 
1993/03/04 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 予算委員会第六分科会 第1号

#1
第126回国会 予算委員会第六分科会 第1号
本分科会は平成五年二月二十五日(木曜日)委員
会において、設置することに決した。
三月三日
 本分科員は委員長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      久間 章生君    中川 昭一君
      松永  光君    松前  仰君
      元信  堯君
三月三日
 松永光君が委員長の指名で、主査に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成五年三月四日(木曜日)
    午前九時二分開議
 出席分科員
   主 査 松永  光君
       久間 章生君   中川 昭一君
 出席国務大臣
        通商産業大臣  森  喜朗君
        国 務 大 臣
        (経済企画庁長 船田  元君
        官)
 出席政府委員
        経済企画政務次
        官       二田 孝治君
        経済企画庁長官
        官房長     小村  武君
        経済企画庁長官
        官房会計課長  金子 孝文君
        経済企画庁調整
        局長      長瀬 要石君
        経済企画庁国民
        生活局長    加藤  雅君
        経済企画庁総合
        計画局長    田中 章介君
        経済企画庁調査
        局長      土志田征一君
        通商産業大臣官
        房長      内藤 正久君
        通商産業大臣官
        房総務審議官  江崎  格君
        通商産業大臣官
        房商務流通審議
        官       細川  恒君
        通商産業大臣官
        房審議官    石黒 正大君
        通商産業大臣官
        房会計課長   一柳 良雄君
        通商産業省通商
        政策局長    岡松壯三郎君
        通商産業省貿易
        局長      渡辺  修君
        通商産業省産業
        政策局長    熊野 英昭君
        通商産業省立地
        公害局長    堤  富男君
        通商産業省基礎
        産業局長    牧野  力君
        通商産業省機械
        情報産業局長  坂本 吉弘君
        通商産業省生活
        産業局長    高島  章君
        工業技術院総務
        部長      松藤 哲夫君
        資源エネルギー
        庁長官     黒田 直樹君
        資源エネルギー
        庁長官官房審議
        官       末広 恵雄君
        資源エネルギー
        庁石油部長   林  康夫君
        資源エネルギー
        庁公益事業部長 荒井 寿光君
        中小企業庁長官 関   収君
        中小企業庁次長 土居 征夫君
 分科員外の出席者
        大蔵省主計局主
        計官      坂  篤郎君
        大蔵省主計局主
        計官      志賀  櫻君
        予算委員会調査
        室長      堀口 一郎君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 平成五年度一般会計予算
 平成五年度特別会計予算
 平成五年度政府関係機関予算
 〔総理府(経済企画庁)及び通商産業省所管〕
     ――――◇―――――
#2
○松永主査 これより予算委員会第六分科会を開会いたします。
 この際、自由民主党以外の本務員の御出席が得られませんので、事務局を通じて御出席を要請いたします。しばらくお待ちください。
 御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。
 私が本分科会の主査を務めることになりました。よろしくお願いいたします。
 本分科会は、総理府所管中経済企画庁及び通商産業省の両所管について審査を行うことになっております。
 平成五年度一般会計予算、平成五年度特別会計予算及び平成五年度政府関係機関予算中、総理府所管中経済企画庁及び通商産業省の両所管を議題とし、それぞれ説明を求めます。
 まず、船田経済企画庁長官。
#3
○船田国務大臣 平成五年度の経済企画庁関係の予算及び財政投融資計画につきまして、その概要を御説明申し上げます。
 総理府所管一般会計歳出予算のうち経済企画庁の予算額は、四百八十七億円余であります。
 また、財政投融資計画につきましては、海外経済協力基金に係る分として、六千七百五十億円を予定しております。
 以下、重点事項につきまして、その内容を御説明申し上げます。
 第一に、「地球社会と共存する生活大国」の実現に必要な経費として、三十億九千万円余を計上しております。
 この内訳の主なものは、個人生活を重視する社会を実現するための施策の推進、国民生活センターの機能の充実・強化等消費者の保護、支援のための施策の推進及び内外価格差是正等の物価政策の推進に必要な経費であります。
 第二に、国際的な政策協調の推進に必要な経費として、一億七千万円余を計上しております。
 この内訳の主なものは、市場アクセス改善のための積極的な取り組み及び地球環境問題への対応の強化等に必要な経費であります。
 第三に、知的支援、経済協力の推進と研究交流基盤等の強化に必要な経費として、三百七十一億四千万円を計上しております。
 この内訳の主なものは、まず海外経済協力基金に対する交付金三百六十五億八千万円余であります。
 本基金の平成五年度の事業規模は、九千三百億円を予定しており、このための資金として、一般会計において、前述の交付金のほか出資金三千百十五億円が大蔵省に計上されるとともに、財政投融資計画においても、資金運用部資金等からの借入金六千七百五十億円が予定されております。
 また、途上国援助における自助努力支援の推進、旧計画経済諸国の開放市場経済移行くの知的支援の強化などに必要な経費が含まれています。
 第四に、適切かつ機動的な経済運営の推進に必要な経費として、二十五億九千万円余を計上しております。
 以上、平成五年度における経済企画庁関係の予算及び財政投融資計画について、その概要を御説明申し上げました。
    ―――――――――――――
#4
○松永主査 次に、森通商産業大臣。
#5
○森国務大臣 平成五年度通商産業省関係予算の予算委員会分科会における御審議に先立って、一言ごあいさつ申し上げます。
 今なお世界は、東西冷戦構造の崩壊という歴史的地殻変動の余震の中にあり、新たな国際秩序を見出せないままますます流動化する様相を呈しております。一方、国内に目を転じますと、最近の我が国経済は、個人消費、設備投資の低迷、資産価格の下落によりかつてない厳しい状況にあり、また同時に、エネルギー環境問題、高齢化、時短等の構造的課題に直面しております。
 内外とも困難な状況にありますが、今こそ官民の総力を結集し、国際社会において経済力に見合った責任と役割を主体的に果たしていく一方、国内においては、景気の早期回復に取り組むとともに、むしろ厳しい経済環境をばねとして構造改革を推進し、来るべき二十一世紀に向けた発展基盤の整備を図っていかなければなりません。
 私は、このような認識のもとに、平成五年度の通商産業省関係予算等の作成に当たり、次のような基本方針に沿って、諸施策の実現を図ることとした次第であります。
 第一は、エネルギー環境対策の総合的推進であります。第二は、活力ある中小企業の創出であります。第三は、研究開発基盤の強化であります。第四は、情報化の推進であります。第五は、国際社会への貢献であります。第六は、ゆとりと豊かさを実感できる社会の構築であります。
 この結果、一般会計は、八千八百九億七千七百万円を計上しております。特別会計につきましては、石炭並びに石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計六千七百二十三億八千七百万円、電源開発促進対策特別会計四千百九十三億四千三百万円、特許特別会計七百三十一億九千三百万円等、当省所管の五つの特別会計にそれぞれ所要の予算額を計上しているところであります。また、財政投融資計画につきましては、財投規模ベースで九兆四千四百四十四億円を計上しております。
 通商産業省関係予算及び財政投融資計画の内容につきましては、御手元に資料をお配りしてありますが、委員各位のお許しをいただき、説明を省略させていただきたいと存じます。
 何とぞよろしく御審議のほどをお願い申し上げます。
#6
○松永主査 この際、お諮りいたします。
 ただいま森通商産業大臣から申し出がありました通商産業省関係予算の重点事項の説明につきましては、これを省略して、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○松永主査 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
   平成五年度通商産業省関係予算及び財政投融資計画について
 平成五年度の通商産業省関係予算及び財政投融資計画について御説明申し上げます。
 まず、平成五年度における通商産業省の一般会計予定経費要求額は、八千八百九億七千七百万円であり、前年度当初予算額八千五百八億一千七百万円に対し、三百一億六千万円、三・五%の増加となっております。
 また、石炭並びに石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計については、平成五年度から「石油及び石油代替エネルギー勘定」を「石油及びエネルギー需給構造高度化勘定」に改め、従来からある石油代替エネルギー対策に新たに省エネルギー対策等を加えたエネルギー需給構造高度化対策を行うこととし、このため八百六十九億九千八百万円にのぼる予算を計上しております。本会計については、総額として六千七百二十三億八千七百万円を計上しており、前年度予算額六千三百九十七億六千二百万円に対し、五・一%の増加となっております。
 さらに、電源開発促進対策特別会計の総額は、四千百九十三億四千三百万円であり、前年度予算額四千百二十三億七千二百万円に対し、一・七%の増加となっております。
 財政投融資計画は、財投規模ベースで九兆四千四百四十四億円と前年度当初計画額八兆二千六百四十六億円に対し、十四・三%の増加となっております。なお、この中には産業投資特別会計からの出融資四百三十三億円が含まれております。
 次に、重点事項別に、予算及び財政投融資計画の概要につき御説明申し上げます。
 第一は、エネルギー環境対策の総合的推進であります。
 地球環境問題をはじめとするエネルギー環境問題が顕在化する中、経済成長、エネルギー、環境保全の三位一体の視点からの総合的取り組みが必要とされております。このため、エネルギー需給構造の抜本的改革、環境調和型経済社会構造の構築、科学的知見の充実とエネルギー環境技術開発の推進、エネルギー環境国際協力の推進を四つの柱としたエネルギー環境対策予算を計上しております。
 特に、エネルギーセキュリティーを引き続き確保しつつ、地球環境問題に適切に対応するという観点から、先に述べましたとおり、石炭並びに石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計において、従来からある石油代替エネルギー対策に新たに省エネルギー対策等を加えた「エネルギー需給構造高度化対策」を行うこととし、このため八百六十九億九千八百万円にのぼる予算を計上しております。
 また、経済発展と環境保全の両立のためには、特に環境調和型の経済社会構造の構築が重要であります。このため、環境問題の解決に自主的に取り組む事業者を一体的・総合的に支援することを目的とした利子補給・債務保証業務を実施するための産業基盤整備基金への出資金等について、一般会計及び石炭並びに石油及びエネルギー需給構造高度化対策特別会計において四十億三千八百万円、また、産業投資特別会計において五億円を計上しております。
 第二は、活力ある中小企業の創出であります。
 日本経済が低迷する中で、中小企業をめぐる景況も大変厳しい状況にあります。また、中長期的にも、時短・労働力確保問題、エネルギー環境問題等の厳しい環境変化に直面しております。
 このような状況にかんがみ、中小企業対策を強力に推進するため、平成五年度中小企業対策予算として、前年度比十一億円増の総額二千七十五億九千九百万円を計上しております。さらに、商工会・商工会議所の経営指導員に係る人件費等の一部を一般財源化しており、これを加えれば実質八十六億円の大幅増となっております。
 具体的には、政府系中小企業金融機関の貸付規模の大幅増加等の景気対策を盛り込むとともに、小規模企業対策として五百二十五億三百万円(このほか一般財源化分七十五億円)、中小企業のエネルギー環境問題への対応を推進するために十八億二千五百万円、時短・労働力確保対策として十二億九千四百万円、小売業対策として二百十九億二千万円等を計上しております。
 第三は、研究開発基盤の強化であります。
 我が国の持続的発展基盤の根幹をなす研究開発については、その重要性にかんがみ、基礎的独創的研究の強化、国際貢献の推進という観点から、研究開発施設・設備の充実、研究開発体制の整備等研究開発基盤の抜本的強化を行うことが必要であります。
 このため、具体的には、工業技術院試験研究所施設の充実のために二十一億三千六百万円、先導研究の創設等基礎的独創的研究開発の推進のために二百五十二億六千七百万円等の予算を計上しており、一般会計における平成五年度科学技術振興
費は、前年度当初予算に対し四・八%の増加となる総額五百八十九億円を計上しております。
 第四は、情報化の推進であります。
 我が国産業経済が構造転換期を迎える中で、情報システム・技術は、企業の合理化、産業構造の高度化に不可欠な手段であり、また、高度な情報処理能力を社会に供給する情報産業は、各産業の構造調整を円滑化する中核的インフラ産業となっております。
 このため、新情報処理技術開発(四次元コンピュータ開発)のための予算三十六億円をはじめとする情報関連基礎技術開発、情報処理能力の利用基盤整備、ソフトウェア市場環境の整備等のための予算を計上しております。このほか、産業投資特別会計から、情報処理振興事業協会の高度プログラム安定供給事業等に対し、四十六億円の出資を予定しております。
 第五は、国際社会への貢献であります。
 国際環境が構造的に大変革を遂げる中、我が国は、国際社会における新たな責務を主体的に果たし、リーダーシップを発揮していく必要があります。
 このような観点から、平成五年度予算においては、@国際産業交流の推進、A輸入拡大策の充実、B資金協力を中心とする途上国への総合的支援の強化、C経済協力の総合的推進、Dアジア太平洋地域への支援の強化の五つを柱とした予算を計上しております。
 具体的には、ODA予算四百五十九億三千八百万円をはじめ、貿易保険特別会計への繰入れに二百二十八億二千二百万円、製造技術者交流事業に四億三千九百万円、エネルギー環境国際協力(グリーン・エイド・プラン)に百二十八億九千四百万円等を計上しております。
 第六は、ゆとりと豊かさを実感できる社会の構築であります。
 心の農かさとゆとりある国民生活を実現するために、消費者の視点の重視、生活創造によるゆとりある社会の実現、伝統と個性を活かした社会の実現、ゆとりと活力に満ちた高齢化社会の構築、東京一極集中是正と地域の活性化等を実施することが必要であります。
 このため、具体的には、総合製品安全対策の推進に二億八千九百万円、総合的流通対策の推進に百三十五億五千二百万円、住環境の改善に三十八億五千百万円、映像情報化の推進に一億三千万円、感性産業の基盤形成の推進に二千二百万円、医療福祉機器技術研究開発の推進に十億四千四百万円等の予算を計上しております。
 また、産業の地方分散及び地域におけるゆとりと個性のある生活を実現するため、産業再配置促進費補助金に六十二億三千五百万円、産業投資特別会計において産業業務施設再配置促進施策に十二億円、工業用水道整備の推進に他省庁計上分を合わせ二百三億四千五百万円等の予算を計上しております。
 以上のほか、特許特別会計につきましては、歳出予定額七百三十一億九千三百万円、アルコール専売事業特別会計につきましては、歳出予定額三百三十九億九千百万円、貿易保険特別会計につきましては、歳出予定額九千八百九十七億一千三百万円を計上しております。
 以上、平成五年度通商産業省関係予算及び財政投融資計画につきまして、その概要を御説明いたしました。
    ―――――――――――――
#8
○松永主査 以上で説明は終わりました。
    ―――――――――――――
#9
○松永主査 これより質疑に入ります。
 ただいまのところ、質疑予定者の御出席がありません。御出席を要請いたしますので、しばらくお待ちください。
 いまだ質疑予定者の御出席が得られませんので、再度、各会派に対し、質疑予定者の御出席を要請いたします。しばらくお待ちください。
 この際、申し上げます。
 質疑予定者につきましては、事務局を通じ、再三各会派に出席を要請いたしましたが、いまだ御出席をいただけませんので、これにて本分科会の審査は終了いたしました。
 これにて散会いたします。
    午後零時六分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト