くにさくロゴ
1993/03/04 第126回国会 衆議院 衆議院会議録情報 第126回国会 予算委員会第五分科会 第1号
姉妹サイト
 
1993/03/04 第126回国会 衆議院

衆議院会議録情報 第126回国会 予算委員会第五分科会 第1号

#1
第126回国会 予算委員会第五分科会 第1号
本分科会は平成五年二月二十五日(木曜日)委員会
において、設置することに決した。
三月三日
 本分科員は委員長の指名で、次のとおり選任さ
 れた。
      小杉  隆君    宮里 松正君
      柳沢 伯夫君    綿貫 民輔君
      楢崎弥之助君    目黒吉之助君
      木島日出夫君
三月三日
 柳沢伯夫君が委員長の指名で、主査に選任され
 た。
―――――――――――――――――――――
平成五年三月四日(木曜日)
    午前九時五分開議
 出席分科員
   主 査 柳沢 伯夫君
       大島 理森君    久野統一郎君
       小杉  隆君    古賀 一成君
       宮里 松正君
 出席国務大臣
        農林水産大臣  田名部匡省君
        国 務 大 臣 林  大幹君
        (環境庁長官)
 出席政府委員
        環境庁長官官房 森  仁美君
        
        環境庁長官官房 小沢 通成君
        会計課長
        環境庁大気保全 入山 文郎君
        局長
        環境庁水質保全 赤木  壯君
        局長
        農林水産大臣官 上野 博史君
        房長
        農林水産大臣官 堤  英隆君
        房予算課長
        水産庁長官   川合 淳二君
 分科員外の出席者
        大蔵省主計局主 坂  篤郎君
        計官
        大蔵省主計局主 寺澤 辰麿君
        計官
        農林水産委員会 黒木 敏郎君
        調査室長
        環境委員会調査 西川 義昌君
        室長
        予算委員会調査 堀口 一郎君
        室長
    ―――――――――――――
分科員の異動
三月四日
 辞任         補欠選任
  綿貫 民輔君     大島 理森君
同日
 辞任         補欠選任
  大島 理森君     古賀 一成君
同日
 辞任         補欠選任
  古賀 一成君     久野統一郎君
同日
 辞任         補欠選任
  久野統一郎君     綿貫 民輔君
    ―――――――――――――
本日の会議に付した案件
 平成五年度一般会計予算
 平成五年度特別会計予算
 平成五年度政府関係機関予算
 〔総理府(環境庁)及び農林水産省所管〕
     ―――――◇―――――
#2
○柳沢主査 これより予算委員会第五分科会を開会いたします。
 この際、自由民主党以外の本務員の御出席が得られませんので、事務局を通じて御出席を要請いたしますしばらくお待ちください。
 御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めます。
 本分科会は、総理府所管中環境庁並びに農林水産省所管について審査を行うことになっております。
 平成五年度一般会計予算、平成五年度特別会計予算及び平成五年度政府機関機関予算中農林水産省所管並びに総理府所管中環境庁について、それぞれ政府から説明を聴取いたします。
 まず、田名部農林水産大臣。
#3
○田名部国務大臣 平成五年度農林水産予算の概要を御説明申し上げます。
 まず、予算の基礎となっております農林水産施策の基本方針について御説明申し上げます。
 農林水産業は、国民生活に欠くことのできない食糧等の安定供給という大切な使命に加えて、地域社会の活力維持、国土・自然環境の保全等を通じ我が国経済社会の発展と国民生活の安定に大きく貢献しております。
 また、国土空間の大宗を占める農山漁村は、農林水産業の生産の場であるとともに、農林漁業者、地域住民の生活の場であります。そして、緑や水が豊かで自然に恵まれ、伝統と地域文化に裏づけられた人間性豊かな生活を享受し得る国民共有の財産であります。
 しかしながら、農林水産業と農山漁村を取り巻く状況は大きく変化し、後継者の減少、高齢化の進行、地域社会の活力低下等の事態が生じてきております。このような状況のもと、魅力ある農林水産業の実現、中山間地域を含む地域社会の活性化を図っていくことが求められております。
 このため、農林水産省としましては、二十一世紀という新しい時代に向けて政策の展開方向を示した「新しい食料・農業・農村政策の方向」を取りまとめたところであります。今後は、この方向に沿って、制度、施策の見直しを行い、段階的かつ着実に新たな政策を実現していくとの観点から、平成五年度予算においても、所要の予算を計上したところであり、まず、その枠組みから御説明します。
 平成五年度一般会計予算における農林水産予算の総額は、関係省庁分を含めて、三兆三千六百八十億円となっております。その内訳は、公共事業費が一兆八千二百二十六億円、非公共事業費のうちの一般事業費が一兆二千三百四十一億円、食糧管理費が三千百十三億円であります。
 なお、このほかにNTT事業償還時補助分として百七十四億円が計上されており、これを含めた農林水産予算の総額は三兆三千八百五十五億円となります。
 以下、農林水産予算の重点事項につきましては、委員各位のお許しを得まして、御説明を省略させていただきたいと存じます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。
 以上であります。
#4
○柳沢主査 次に、林国務大臣。
#5
○林(大)国務大臣 平成五年度環境庁関係予算案について、その概要を御説明申し上げます。
 まず予算の基礎となっております環境政策の基本的な考え方について御説明申し上げます。
 今日、地球温暖化、オゾン層の破壊、熱帯林の減少等の地球環境問題は、まさしく生命の生存基盤にかかわる緊急かつ重大な課題となっております。昨年六月に開催された地球サミットでは、持続可能な開発の理念のもとに、環境と開発に関するリオ宣言、アジェンダ21等、二十一世紀に向け
て、地球環境保全のための各種の合意が得られました。そして、高度な経済活動を営み、地球環境に大きなかかわりを持つと同時に、環境対策等の分野で多くの経験とすぐれた技術を有する我が国は、その国際的地位にふさわしい役割を率先して果たしていく姿勢を明らかにしたところであります。
 一方、大都市地域における窒素酸化物等による大気汚染、生活排水等による水質汚濁などの都市・生活型公害、廃棄物の増大、科学技術の進歩に伴う新たな環境汚染の可能性の増大、身近な自然の減少、自然との触れ合いを求める国民のニーズの高まりへの対応などの課題も山積しております。
 地球環境問題から身近な問題に至るまで、これらの環境問題は、我々の社会経済活動の拡大に起因する問題であり、また、大量生産、大量消費、大量廃棄といった現在の個々の企業活動や国民一人一人の生活のあり方そのものに根差したものとなっております。
 したがって、これらの問題を根本的に解決するためには、これまでの社会経済活動を幅広く見直し、持続可能で環境への負荷の少ない社会経済を構築していくことが不可欠であり、豊かさとゆとりを実感できる生活大国の実現のためにも、新たな環境政策を総合的に推進していく必要があります。
 このような認識に立って、次に掲げる施策について重点的に取り組むこととしております。
 第一は、地球化時代の新たな環境政策の総合的推進であります。第二は、地球環境保全のための国際貢献の推進であります。第三は、豊かな自然の保護と適正な利用の推進であります。第四は、大気、水、土壌環境等の総合的保全の強化であります。第五は、環境保健施策の推進であります。第六は、環境研究の拡充強化であります。
 平成五年度総理府所管一般会計歳出予算要求額のうち、以上のような基本的考え方のもとに計上した環境庁予算要求額は、六百三十六億七千二百六十九万円であり、これを前年度の当初予算額五百八十億八千四百八十九万円と比較すると、五十五億八千七百八十万円、九・六%の増額となっております。
 予算要求額の主要な項目につきましては、お手元にお配りしてある資料のとおりでありますが、委員各位のお許しを得まして、説明を省略させていただきたいと存じます。よろしく御審議くださいますようお願い申し上げます。
#6
○柳沢主査 この際、お諮りいたします。
 ただいま田名部農林水産大臣から申し出がありました農林水産省関係予算の重点事項の説明及び林国務大臣から申し出がありました環境庁関係予算の主要項目の説明につきましては、これを省略して、本日の会議録に掲載いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
#7
○柳沢主査 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
    ―――――――――――――
  〔田名部国務大臣の説明を省略した部分〕
 以下、予算の重点事項について御説明します。
 第一は、経営体の育成と農地の効率的利用であります。
 経営感覚に優れた効率的・安定的な経営体が生産の大宗を担う農業構造を実現するため、地域における農業経営及び農業構造改善目標を明確化するとともに、法人化の推進、経営指導の強化等により農業経営体の体質強化を図ります。また、各機関・団体のそれぞれの役割に応じた農地の利用集積活動を促進します。
 さらに、意欲と経営能力に優れた青年農業者等の育成確保対策を充実強化するとともに、農山漁村における女性の活動促進のための対策を実施します。
 また、農業生産基盤の整備については、第四次土地改良長期計画を策定し、その計画的・効率的な実施を図ります。
 第二は、中山間地域等の活性化と国土保全機能の維持であります。
 中山間地域において、営農の継続と農用地の効率的利用を図るための融資制度を創設するとともに、集落機能の再編強化、農林地の管理・活用を図ります。また、土地改良施設の公益的機能等を適正に発揮させるための集落による共同活動の支援や農山漁村における滞在型余暇活動の促進を図ります。
 さらに、都市と比較して立ち遅れている農山漁村の生活環境の整備を図るため、集落排水施設や農道等の整備を推進します。また、豊かで美しい農山漁村の創出を図ります。
 第三は、技術の開発・普及による農業生産の効率化であります。
 緊急性の高い高性能農業機械の開発及び開発された農業機械の実用化等を促進するとともに、野菜生産の機械化、酪農の新搾乳システムの普及・定着化等を図るための対策を実施します。
 また、イネ・ゲノム解析研究を始めとする基礎的・先導的研究等研究開発を実施するとともに、民間等の研究開発に対する支援を推進します。
 第四は、消費者ニーズを重視した農林水産行政の展開であります。
 消費者の食品に対するニーズの多様化を踏まえ、消費者の適切な選択等に資するため、特別表示食品について表示の適正化等を図るとともに、食品の規格・包装の適正化、安全性の確保等施策の充実強化を図ります。
 第五は、活力ある農業生産の展開であります。
 生産者・生産者団体の一層の主体的取組みを基礎に、水稲作、転作を適切に組み合わせた望ましい経営の育成や生産性の高い水田営農の確立に重点を置いて水田営農活性化対策を実施します。また、米の多様な需要に応じた生産誘導、集荷・流通の促進を図るため、米の制度別・用途別需給均衡化のための特別対策を実施します。さらに、畜産、畑作農業、野菜生産の振興のための各種施策を展開します。
 第六は、地球的規模の環境問題等への対応と国際協力の推進であります。
 技術の開発や家畜ふん尿等のリサイクル利用等を総合的に進め環境保全型農業の確立を図るとともに、食品産業分野においても、食品廃棄物の減量化、食品容器のリサイクル等の総合的な環境対策を実施します。また、地球環境サミットにおける国際的合意を踏まえ、地球環境問題に対する取組みを強化するとともに、開発途土地域等に対する農林水産業開発協力を推進します。
 第七は、食品関連産業の振興であります。
 消費者ニーズの多様化、流通コストの上昇等に対処するため、卸売市場の整備をはじめとする食品流通の構造改善や経営基盤の強化、技術の開発等食品産業対策を推進します。
 第八は、多様な森林整備の推進と国産材時代への条件整備であります。
 多様で質の高い森林を整備するため、森林整備事業計画及び第八次治山事業五箇年計画に基づき、造林・林道事業及び治山事業を計画的に実施するとともに、林業の担い手の育成強化を図るため、林業事業体の体質強化、機械化の促進、林業労働力の確保等を総合的に展開します。また、木材の生産・加工・流通の各部門間の縦の連携を強化することにより木材産業の構造改善を進めるための資金の創設等林業金融制度の充実強化を図ります。さらに、国有林野事業については改善計画に即して経営改善を着実に推進します。
 第九は、二百海里体制の定着等に即応した水産業の振興であります。
 資源保護や環境保全の観点から公海漁業に対する規制が強まっている情勢の下、国際化時代に対応した漁業を推進するため、まぐろ等の資源調査、管理・増大対策を総合的に展開します。また、漁業生産基盤・漁村生活環境の整備、沿岸漁業の構造改善等により漁村地域の活性化を図るとともに、資源管理型漁業及び「つくり育てる漁業」の推進等により、我が国周辺水域の漁業の振興を図ります。さらに、水産新技術の開発、試験
研究の強化、漁協・水産業の経営対策の充実強化、水産物の需給安定、流通消費、加工対策等の各般の施策を展開します。
 次に、特別会計予算について御説明いたします。
 食糧管理特別会計においては、管理経費の節減等に努めつつ、一般会計から調整勘定へ所要額の繰入れを行うとともに、その他の各特別会計についてもそれぞれ所要の予算を計上しております。
 最後に、財政投融資計画については、農林漁業金融公庫による資金運用部資金等の借入れ等総額八千六百五十億円を予定しております。
 これをもちまして、平成五年度農林水産予算の概要の説明を終わります。
  〔林(大)国務大臣の説明を省略した部分〕
 予算要求額の主要な項目について、御説明申し上げます。
 第一に、環境保全の企画調整等については、昨年六月に開催された地球サミットの成果を踏まえ、地球環境保全を視野に入れた環境保全型社会の形成に向けて、新たな環境政策を計画的に推進するため、同サミットで採択された「アジェンダ二十この我が国における具体的行動計画の策定等を行うとともに、開発途上国の環境問題への取り組みに対する支援をはじめ、アジア・太平洋地域における地球環境研究ネットワークの構築、地球サミットフォローアップのための国際会議の開催、本年六月の釧路市におけるラムサール条約締約国会議の開催等の国際的取り組みを積極的に推進するほか、気候変動枠組み条約を踏まえた総合的な地球温暖化防止対策の推進、先端技術の進展と化学物質の使用拡大に対応した環境保全施策の充実、国民各界各層に対する環境教育の強化、環境影響評価及び公害防止計画の策定の推進に必要な経費など、合わせて、十二億七千八百九十六万円を計上しているところであります。
 第二に、公害による健康被害者の救済等については、水俣病問題の早期解決を図るため平成四年度より実施している総合対策を充実するほか、従来に引き続き、公害健康被害補償制度の適正かつ円滑な実施を図るとともに、公害健康被害補償予防協会に設けられている基金を活用した健康被害予防事業や総合的な環境保健施策を推進することとし、これらの経費として、二百三十六億五千百六十五万円を計上しております。
 第三に、大気汚染等の防止については、大都市地域の窒素酸化物対策として、「自動車から排出される窒素酸化物の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法」に基づく施策の推進をはじめ、自動車排出ガス規制の強化、低公害車の普及促進等を図るほか、オゾン層保護対策として、フロンガス等の監視及び調査研究の推進等、酸性雨対策として、監視測定体制の整備等を進めるとともに、未規制大気汚染物質対策等の推進を図ることとしております。
 また騒音、振動及び悪臭対策についても、引き続き推進を図ることとし、これらの経費として、十億八千九百六十九万円を計上しております。
 第四に、水質汚濁の防止については、生活排水対策を推進するため、市町村の生活排水対策推進計画の策定及び水質浄化等施設の整備の助成を推進するほか、海域における富栄養化対策、水質総量規制、湖沼水質の保全並びに地下水質の保全等の対策を推進するための経費として、十二億八千五百八十九万円を計上しております。
 このほか、地盤沈下防止及び廃棄物対策費として、一億六千六十四万円、土壌汚染防止及び農薬対策費として、二億七百七十九万円をそれぞれ計上しております。
 第五に、環境事業団については、従来からの事業に加え、新たに、国及び民間の拠出に基づく「地球環境基金」を設置し、地球環境保全に資する民間団体の活動を支援するための事業を行うこととし、同事業団の事業に対する助成等に必要な経費として、六十一億三千八百七十一万円を計上しております。
 第六に、公害監視等設備の整備については、地方公共団体の監視測定体制等の整備を助成するために必要な経費として、八億二千八百八十四万円を計上しております。
 第七に、環境保全に関する調査研究の推進のための経費については、総額五十五億九千三百一万円を計上しております、
 この内訳としては、まず、国立試験研究機関等の公害防止等試験研究費として、十九億千八百四万円を環境庁において一括計上するとともに、環境保全総合調査研究促進調整費として、一億九百万円を計上し、関係省庁が所管する各種の環境保全に関する調査研究の総合的調整を行うほか、地球環境研究総合推進費として、二十一億円を計上し、関係省庁の所管する国立試験研究機関等が行う各種の地球環境保全に関する調査研究の総合的推進を図ることとしております。
 また、公害防止等調査研究費として、十四億六千五百九十七万円を計上し、地球観測衛星アデオスに搭載する成層圏オゾン等の観測機器の開発や環境汚染による健康影響の解明、第三次酸性雨対策調査、その他大気汚染、水質汚濁、自然保護等に必要な調査研究を進めることとしております。
 第八に、自然環境の保全対策及び施設整備について申し上げます。
 まず、自然環境の保全対策及び自然公園等の維持管理等については、自然環境保全基礎調査をはじめとする調査研究を拡充するとともに、国立公園等の保護管理の充実を図ることとしております。
 また、野生生物の保護対策については、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく施策をはじめ、生物の多様性の保全を総合的に推進するとともに、国設鳥獣保護区の管理強化等を図ることとしております。
 これらに必要な経費として、合わせて、十八億八千百六十六万円を計上しているところであります。
 次に、自然公園等の施設の整備については、国民が快適で安全に自然とふれあうことができる場として、国立・国定公園における自然体験滞在拠点をはじめ、自然教育のための自然環境保全活動拠点、長距離自然歩道、国民保養温泉地等の整備を推進するほか、国民公園施設、野生生物保護管理施設等の整備に必要な経費として、六十六億三千三十六万円を計上しております。
 第九に、国立環境研究所については、地球環境問題をはじめ環境全般にわたる研究を積極的に推進するため、地球環境研究センター等の事業の拡充及び研究所施設の整備を図るために必要な経費として、六十五億千六百十五万円を計上しております。
 また、国立水俣病研究センターの運営等に必要な経費として、四億六千六百四十四万円を計上しております。
 以上、平成五年度環境庁関係予算案の概要につきまして御説明申し上げました。
 何とぞ、本予算案の成立につきましては、格別の御協力を賜りますようお願い申し上げる次第であります。
    ―――――――――――――
#8
○柳沢主査 以上をもちまして農林水産省所管並びに総理府所管中環境庁につきまして説明は終わりました。
    ―――――――――――――
#9
○柳沢主査 これより質疑に入ります。
 ただいまのところ、質疑予定者の御出席がありません。御出席を要請いたしますので、しばらくお待ちください。
    〔主査退席、小杉主査代理着席〕
    〔小杉主査代理退席、宮里主査代理着席〕
    〔宮里主査代理退席、主査着席〕
    〔主査退席、宮里主査代理着席〕
    〔宮里主査代理退席、主査着席〕
#10
○柳沢主査 いまだ質疑予定者の御出席が得られませんので、再度、各会派に対し、質疑予定者の御出席を要請いたしますしばらくお待ちください。
 この際、申し上げます。
 質疑予定者につきましては、事務局を通じ、各会派に出席を要請いたしましたが、いまだ御出席をいただけませんので、これにて本分科会の審査は終了いたしました。
 これにて散会いたします。
    午後零時五分散会
ソース: 国立国会図書館
姉妹サイト